ビジネスモデルデザイン講座(インダストリアルIoT編)

産業、商業、社会、公共インフラへのIoTソリューションをデザインする

learn

こんなことを学びます

世界中から政治、経済界の重鎮らが集まることで知られている世界経済フォーラム年次総会(通称:ダボス会議)。2015年には、インダストリーIoTの進化がビジネスや経済を与える影響について議論されました。この中で最も注目されたコンセプトが「成果に基づく経済(実現された成果に基づいて対価を支払う)」というパラダイムシフトです。

本講座では、産業、商業、公共、社会インフラに対するIoTシステムの適用に焦点を当てながら、想定するオペレーション領域におけるプロセスを描き、課題(望ましい成果とその成果を阻む障害や制約)に対する仮説を設定し、その課題を解決するために、ヒト、モノ、データを適切に結び付けていくためのIoTサービスデザインのラフデザインを行っていきます。

<こんな風に進めます>
本講座は、正しい課題の発見と正しい解決策の発見という二部構成を採用し、製造、建設、流通、医療、輸送、公共といった領域におけるIoTソリューションのラフデザインをグループワークを通じてディスカッションしていきます。

<キーとなるコンセプト>
・デザイン思考とダブルダイヤモンド(Discover、Define、Develop、Deliver)
・IoTの4つの柱(ヒト、モノ、データ、プロセス)
・データから知性へ変換する4つのステップ(情報、知識、理解、知性)
・ジョブ理論と成果指向のイノベーション

<このワークショップで得られるもの>
・想定するオペレーション領域における測定可能な成果を抽出する方法
・課題を解決するために、ヒト、モノ、データを結び付ける方法
・投資対効果(ROI)推定に対するベースを定義する方法

<関連書籍>
「ビジネス現場の担当者が読むべき、IoTプロジェクトを成功に導くための本」
http://amzn.to/2AhzicP

<持ち物>
ノートPCおよびスマートフォンをお持ちの方はご持参下さい(必須ではありません)。

<定員数>
基本12名(要望と開催スペースに応じて変わります)

<その他>
領収書が必要な方は、以下より発行いただくことができます。
http://goo.gl/2LiQep
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

銀座・大手町

価格(税込)

¥10,000

受けたい
14人が受けたい登録しています
teacher

この講座の先生

白井 和康のプロフィール写真
革新的なビジネスモデルを再発明する
白井 和康

ビジネスイノベーションハブ株式会社 代表

大手システム・インテグレーターやコンサルティング・ファームを経て、2014年にビジネスイノベーションハブを設立、代表取締役に就任。スタートアップから大手企業まで、ビジネスモデルのデザインに関するコンサルティングやプロジェクトのファシリテーションを手掛ける。

日立グループの人財育成事業を行う(株)日立インフォメーションアカデミーの定期プログラム「顧客価値の発見とビジネスモデルデザイン」を担当。

(株)翔泳社が運営する企業の事業開発者のためのWebメディア「Biz/Zine」にて、長期連載コラム「ビジネスアーキテクト養成講座」、「事業企画の現場で使う、ツールTips」を担当。

Facebookページ「ビジネスアーキテクチャー研究ラボ」は、約2万人のファンをもつ。

2016年9月「IoTビジネス入門&実践講座」共著にてソシム社から発刊。2016年12月「ビジネスモデルデザインの道具箱」を翔泳社から発刊。2017年10月「ビジネス現場の担当者が読むべき、IoTプロジェクトを成功に導くための本」共著にて秀和システム社より発刊。

この講座の主催団体
事業開発の失敗を最大限に減らすために必要なこと

ビジネスモデルが失敗する4つの主要な原因をご存知ですか?それは..

➊価値提案とターゲット顧客のミスマッチ
❷収益とコストのミスマッチ
❸外部事業環境の考慮不足
❹ビジネスモデルの実行力不足

本講座では、スタートアップから大企業まで海外の多くの組織が採用している「失敗のリスクを最大限に減らす」ための各種のツール、方法論、アプローチを統合した「成果指向型のビジネスモデルイノベーション」を、実践的ワークショップ形式を通じて習得していきます。

<執筆書籍>
・IoTビジネス入門&実践講座(ソシム)
・ビジネスモデルデザインの道具箱(翔泳社)
・ビジネス現場の担当者が読むべき、IoTプロジェクトを成功に導くための本(秀和システム)


<法人向け定期開催ワークショップ>
・日立インフォメーションアカデミー
 もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる
detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    正しい課題を発見する(120分)
    ・オペレーション領域を選択する
    ・プロセスを描写する
    ・望ましい成果とその実現を阻む障壁や制約に対する仮説を設定する

    正しい解決策を発見する(120分)
    ・関連するヒト、モノ、データを洗い出す
    ・課題を解決するために、ヒト、モノ、データを結び付ける
    ・データを知性に変換する
  • こんな方を対象としています

    ・自社の産業、商業、社会、公共インフラへのIoT適用を検討している企画担当者
    ・クライアントの産業、商業、社会、公共インフラへのIoT適用を検討しているコンサルタント
    ・ビジネスモデルデザイン講座(IoTアイデア創出編)にご参加された方
  • 受講する際は以下をお読み下さい

review

レビュー

  • 1
  • 楽しかった!( 1 )
  • 勉強になった!( 0 )
  • 行く価値あり!( 0 )
  • M3

    男性

    この講座は「思考の発散と絞り込みによるビジネスデザインの短期集中トレーニング場」でした

    インダストリアルIoT編という題目でしたが、講座で使用したツールはIoT関連ビジネスに限定されず利用できるものであり、たま演習を通じて広くビジネスデザインについて学べることができると思います。
    唯一のマイナス点として、ツールや講座内容を理解したうえで演習を行うには少し時間が短いと感じました。

  • more

    この主催団体の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています