日本の礼【和食の頂き方マナー講座】

日本人なら知っておきたい!和食を頂くときのマナー。

learn

こんなことを学びます

昨今の外国人旅行者が来日して一番楽しみにしていることは「和食を食べること」。洗練された日本の食事への評価は世界的に高まっていますが、日常的に和 食を頂いている日本人としては、美しい所作で食事を楽しみたいもの。

でも食事の最中に「お椀のふたをどこに置けばいいのかしら」「焼き魚の骨はどうすれば?」「田楽は串のまま食べてもいいのかな」「土瓶蒸しの汁と具はどちらを先に?」「食べ終わったあとのお箸や器はどうすべき?」など、ちょっと戸惑った経験はないですか?

そこで、普段何気なく行っている動作をこの機会に見直してみましょう。座学で基本を学んだあと、希望者は実際に先生と昼食をともにしてマナーの定着化を図ります。礼法の専門家、滝川先生が食事のほか、座布団の扱い方や懐紙の使い方についても一歩差のつくマナーを教えてくださいます。美しい所作は、一生の宝もの。ほぼ2年ぶりに開催される本講座、この機会をお見逃しなく!
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中

10月6日(日)

10:00 - 12:00

大阪 / 心斎橋・なんば

予約締切日時

10月01日(火) 10:00 まで

参加人数

5/15人

開催場所

大阪市営地下鉄 長堀橋駅 徒歩5分
大阪市立中央会館 2F 和室 大阪府大阪市中央区島之内2-12-31

価格(税込)

¥3,000

  • 受付中

    10月6日(日)

    10:00 - 12:00

    大阪 /心斎橋・なんば

    選択中 選択
  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
35人が受けたい登録しています
teacher

この講座の先生

滝川 雅子のプロフィール写真
この道25年。行儀作法と和装のエキスパート!
滝川 雅子

大手スクールにて10年間、プロのマナー講師養成に携わる。礼法・マナーのほか、着付けの指導にも尽力。和装とそれに伴う行儀作法の専門家として、20年超えの経歴を持ち、丁寧な指導と温かい人柄により後進からの信頼も厚い。

この講座の主催団体
和えの会「日本人ことはじめ講座」

日本人であることを証明してくださいといわれたとき、パスポートを提示するだけではなく、
もっと自分の内側から表現できる何かがほしいものです。

日本のことは、日本人だからよくわかっているとの思い込みを一度疑ってみること、
私たち日本人にとって当たり前過ぎて普段意識していないものごとの背景を知ることは、
その一助になるはずです。

日本人としての引き出しを増やしてみたい方は、
「日本人ことはじめ講座」に奮ってご参加くださいませ。

***********こんな方々にお勧めします*************

・日本人のたしなみとして自国の文化について最低限の知識、教養は必要かしら?
・国際交流に関心があるので、外国人に聞かれたとき困らない程度に日本文化を理解しておきたい。
・伝統文化に興味あるけどハードルが高い・・・気軽に学べる所はない?
・日本の歴史や政治には詳しいけど、和のお稽古ごとにはノータッチ。
 この際何をしているかくらい、ちょっとかじっておこうかな。
・和のお稽古ごとは好き... もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる
detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

     座学 10:00~12:00 

    ・会席料理の献立の順

    ・箸の取り方

    ・吸い物の蓋の取り方と置く位置、頂き方と頂いた後

    ・生もの、焼き物、煮物、強肴(しいざかな)など料理別の食べ方 など

    ~(希望者のみ)昼食会場に移動~

    昼食 12:45~14:15
  • こんな方を対象としています

    ・和食のマナーを学んだことのない方
    ・ちょっと知識はあるけど、さらに深めたい方、おさらいしたい方
    ・老若男女問わず、お気軽にお越しください♪
  • 受講料の説明

    *昼食をご一緒される方は、予約の際にその旨お知らせください。別途昼食代2000円(税別。木曽路心斎橋店の掘りごたつ形式の個室を予定)を現地でお支払いください。
    *受講料に含まれるもの:講師謝礼、会場費、資料代、事務手数料
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    持ちもの:袋入りの割り箸(またはマイ箸と箸置き)、懐紙(あれば)、筆記用具(適宜)
relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています