良いプロダクトとは何か?—ニーズを見極める力を鍛えるワークショップ

『良いプロダクトとは何か?良いサービスとは何か?』

learn

こんなことを学びます

◆こんなことを学びます
very50は2014年10月現在まで、約420のプロジェクトをアジア新興国で行ってきました。そこで今回は、very50に蓄積された豊富な現場経験を基に、BOPのニーズの探り方をテーマに設定した『良いサービス・プロダクトの探求——考えるワークショップー』を開催します。

グループで商品設計・サービス設計を根本的に考え抜き、ニーズの探りかたを中心に学ぶワークショップです。
「誰の何の問題を解決するのか?」
本当に人々に必要とされているものを見極める力を養います。

◆「BOPプロダクト」
BOP(:Base of the Pyramid。世界でも極めて所得の低い層を示す)のニーズを探るときの要は、単に彼らの生活に着目するのではなく、厳しい条件のなかでいかにユーザーの苦がなく自然にその商品がなじむかという問いをもつこと。

この着眼点をもって観察・分析することは、わたしたちの市場分析にも通じ、より厳しい条件から考えることは非常にいいトレーニングになります。

◆参加費
社会人: 4,000円 学生: 3,000円[アルムナイ:1,000円割引]

◆定員
基本 20名
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

銀座・大手町

価格

¥4,000

受けたい
13人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

菅谷 亮介のプロフィール写真
very50代表理事。
菅谷 亮介

菅谷亮介 Sugaya Ryosuke

高校生時に大手音楽会社主催のオーディションに合格しプロのkeyboardistとしてエンターテイメント業界に携わる。
大学に進学後は、学業と音楽の仕事の傍らカンボジアを中心に世界中の医療分野における国際協力に奔走。
その後、大学卒業と同時に音楽を仕事として続けることをやめ自動車関連、コンサル業界等の会社勤務を経て07年末に退職。
  
その後、約6か月間、メキシコ、米国の社会事業を取り扱う起業家のもとで実務を伴うbusiness plannerとして修行。
  
08年6月より日本と世界の問題を教育の力で解決をする仕組みを作るためにvery50を起ち上げ世界中(主にアジア)で様々なプロジェクトを手掛ける。
  
趣味:音楽制作/映画鑑賞/旅/サッカー/ランニング
モットー:過去の実績や経歴よりも今と未来のジブンが全て
  
●2010年 英国外務省のBritish Council Asia Climate change leader選出
●インドネシア Vinus University Guest lecturer

この講座の主催団体
NPO法人very50
  • 0人
  • 0回
アジアの社会問題を解決するビジネススクール

日本とアジア新興国を拠点にして“教育”や“人材”を軸に様々な事業を行っています。
常に私たちの活動の根底にあるのは、very50は“学び場”(=学校)であるということです。

very50の代表的なプログラムであるMoGの事前トレーニング(授業)の一部を一般公開し、様々な方にご参加頂いております。 皆さんのチャレンジ(挑戦)にきっと役立つ実践的な内容や その時に知っておくべき内容を提供していきます。

私たちが書籍やインターネット、テレビ、友人との会話などで得た様々な知識・情報を実際に使ってみて、知識を実践力に変えることがvery50の学びの最大の特徴です。

得た知識を十分に他者と議論を交わして、実際に”やってみる”ことで実践力をみにつけます。
またvery50の活動の場は国境がありません。 日本のみならず、世界中どこでも活動の舞台となります。

国内外の現実に起きている克服すべき社会的ミッションに立ち向かうことで、 世界中の「リアル」を経験し、言葉だけではない”行動できる人材”を養成します。 もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    90分
  • こんな方を対象としています

    ・ソーシャルビジネス、ソーシャルデザインに興味のある方
    ・アジア新興国のビジネス、近況に興味のある方
    ・BoP向けのプロダクト開発に興味のある方
  • 受講料の説明

    (例1)参加費には、レッスン代、材料費、場所代が含まれます。
    (例2)参加費は受講のみの価格です。制作して成果物を持ち帰られたい方は、
    材料費を現地にて別途お支払い頂く必要がございます。
    (例3)カフェで開催場合は、別途現地で飲み物代をご負担頂く必要が
    ございます。

more

この主催団体の他の講座

関連講座

この講座を見た人は、こんな講座も見ています