はじめての日本舞踊・茶道 〜月と玉〜

美しいお庭を眺め、和の伝統文化とふれる休日

learn

こんなことを学びます

「月と玉」は

「敷居が高い」「堅苦しそう」などというイメージの日本舞踊と茶道を「知ってもらう」「楽しんでもらう」ことを目的に

花柳流師範、花柳毱紫月(はなやぎまりしづき)と
表千家地方講師 小坂宗玉(こさかそうぎょく)で活動しています。

少しでも多くの方に、日本の伝統文化の魅力をお伝えできたら幸せです

◆◆こんなことが体験できます◆◆

<日本舞踊をたのしむ>
間近で観る機会がなかなかない日本舞踊。
嬉しい春の曲を花柳流師範がいくつか披露いたします。

ご鑑賞の後は、より一層踊りを楽しめるミニレクチャーをいたします
※約30分

<はじめての茶道にもおすすめ>
◆9:30からの回◆
茶の湯のきまりや、お菓子、お茶のいただき方を学んだのち、美味しいお抹茶(濃茶/薄茶)と季節のお菓子を召し上がって頂きます。知っておくと嬉しい作法を小坂宗玉が楽しくお教えします。

そのあとには実際にご自身でお抹茶を点てて味わっていただきます。
点て方や作法など優しくお教えいたします

※約75分/薄茶・濃茶・自服 (濃茶点前なし)

◆13:00からの回◆
茶の湯のきまりや、お菓子、お茶のいただき方を学んだのち、美味しいお抹茶(濃茶/薄茶)と季節のお菓子を召し上がって頂きます。知っておくと嬉しい作法を小坂宗玉が楽しくお教えします。薄茶と濃茶両方のお点前をご覧いただけます。

※約90分/薄茶・濃茶

もりだくさんの内容ですが、心をこめて準備をしております。
たくさんの方にお越しいただけたら嬉しいです。

今回は通訳もはいり、外国の方にも対応させていただきますが、
国籍も年齢も、経験も関係ありません。

「興味はあるけど、、」
「どこに習いに行ったらいいのかわからない」
「まずはみてみたい、体験したい」
という初心者、未経験者の方々、大歓迎です★

3月23日(土)
桜花亭(国立オリンピック記念青少年総合センター内)

◆特別講師◆
表千家地方講師/小坂宗玉(こさかそうぎょく)
1994年 表千家の茶道を習い始める
1996年 表千家 麹町・聖照庵 門下へ
2012年 表千家地方講師資格取得
2017年より 「おいしい時間」として、てづくり和菓子講座、お抹茶のいただき方講座、茶歌舞伎などを開催。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格(税込)

¥4,000

受けたい
50人が受けたい登録しています
teacher

この講座の先生

花柳 毱紫月(まりしづき)のプロフィール写真
花柳 毱紫月(まりしづき)
  • 21人
  • 14回
教室ページをみる 先生に質問する
日本舞踊 花柳流 師範


20歳で日本舞踊と出逢い、
働きながらお稽古を積み師範になりました。

大人になってから、ゼロから始めた経験を活かし
敷居が高いと思われがちな日本舞踊、
日本文化、芸術の魅力を伝えられたら嬉しいです。

2002年花柳流門下へ。
2007年花柳流名取試験合格
2014年花柳流専門部(師範)試験合格

東京在住(南青山稽古場)/学芸員資格保有/

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    3月23日(土)
    時間は

    ① 9:15〜受付開始 ※4000円
    【日舞観賞】9:30〜 【茶道体験】10:00〜10:45

    ② 12:45〜受付開始 ※4000円
    【日舞観賞】13:00〜 【茶道体験】13:30〜14:30

    のいずれかからご都合に合せてお選びいただけます。

    場所:桜花亭(国立オリンピック記念青少年総合センター内)
    ※代々木公園駅・参宮橋が最寄駅です
  • こんな方を対象としています

    日本舞踊、茶道、日本文化に興味があるけれど敷居が高いと思っている方、どこにいったら習えるのか、体験できるのかよくわからない方、一度は観てみたい、体験してみたい方
  • 受講料の説明

    日本舞踊鑑賞/ミニ講座

    季節の和菓子/お抹茶/茶道体験
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    当日は正座の時間が長いため、極端に短いスカートや、タイトなジーンズなどは避けた方がご自身が過ごしやすいト思います。また、茶道のために可能であれば白のソックスをご持参ください。
review

レビュー

  • 1
  • 楽しかった!( 1 )
  • 勉強になった!( 1 )
  • 行く価値あり!( 1 )
  • W3

    女性 30代

    この講座は「日本文化に触れるいい機会になる講座」でした

    お茶を頂いたことはありましたが、日舞を見る機会は中々ないのでよい経験になりました。個人的には茶道の作法よりもお茶を頂いた時、先に頂く時のお辞儀(?)の仕方が勉強になりました。日常生活でも使えて相手に好印象を与えることができると思います。

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています