コンテンツ・ブートキャンプ【2日間講座】〜伝わるプレゼンの公式〜

頑張って準備するほど、伝わらない理由とその解決策

こんなことを学びます

【プレゼンや伝えることに関してこんな経験はありませんか?】
・入念な準備のもとに論理的な発表をしても、結果的に伝わらなかった。
・伝わらないかもしれないと不安になり、エビデンスばかり準備している。
・本題を伝えているうちに、何を話しているのか忘れてしまい、プレゼン迷子になってしまった。
・どうやって効率的にプレゼンの題材を形にしたら良いか分からない。
・ある人にはよかったと言ってもらえるのに、他の人からダメ出しをされた。
・プレゼンの内容を論理的に準備したが、本番では、???の嵐になってしまった。

これらはあなたの能力や努力が足りないのではありません。

一生懸命伝えようと思えば思うほど悪循環に陥る『伝え方の罠』にあなたがはまっているからなのです。

この罠は、残酷です。
あなたが深く考えれば考えるほど、伝えたい相手から遠ざかってしまう…

あなたの一生懸命さが裏目にでるのです。

ではどうしたらいいのか…

天に運を任せれば良いのか…

いえいえ、そんなことはありません。

考え方を変えればいいんです。

自分の考え方ではなく、聴衆の考え方になればいい。

簡単な話…ではないですよね?

人の心に入る…
相手の立場になる…
お客様の立場に…

それが一番難しいんです。

だって、誰も人の心に入ったことがありませんからね。

でも、もし、ですよ、

人の心に簡単に入るやり方があったとしたら…

十人十色の考え方に、ぴったりとハマる
『伝え方の公式』が簡単に自分のものになるとしたら…

実は、それが存在するんです。

50年近くアメリカで研究されてきた、学習に関する理論です。

それを学ぶことで、人がどういうプロセスで
『情報を取り入れ、自分のものにするのか』がわかります。

そして千差万別と言われる人間でも、
学ぶことに関しては、たった4つのタイプで説明がつく。

そのタイプを知り、彼ら特有の学び方を知ることで、
『伝え方』が劇的に違いを生むのです。

これを学んだ先ゆく仲間は、こんな体験をしています。

✔平均的な売り上げを10倍に引き上げる

✔トップセールスマンに、プレゼンで打ち勝った

✔自分が話したら、後に誰も話せなくなった。

✔セールスのクロージングに使ったら、リピート率が3倍になった

✔個人事業だから、と相手にしてもらえなかった企業から年間契約で研修を獲得できた

✔研修先を丸ごと乗り換えしてもらうプレゼンができた

✔学会のプレゼンで拍手喝采を受けた

こんな経験…してみたいと思いませんか?

アメリカで50年間研究したきた学習理論を世界で初めて、『プレゼン』のプロセスに
完全に応用したプログラムが、このプログラムです。

かつて参加した先ゆく仲間が、
その中身の濃い2日間をこう呼びました。

プレゼンのブートキャンプ…と。

だから私たちはそれをいただいて、
こう命名しました。

プレゼンの本題を磨き上げる二日間【コンテンツブートキャンプ】

【今のあなたの伝え方のままでは、届かない人たちがいます】

あなたは、プレゼンテーションの準備をしている時に「どう伝えるか」ということを考えていませんか?

コンテンツを準備する努力が報われるためには、
あなたが何を話すかではなくて、相手がどのように受け取っているのかということを知ることが重要です。

自らが理解しやすい伝え方が、相手にとって理解しやすい方法とは限りません。
それは、私たちはひとりひとり異なる学習スタイルを持っているからです。

プレゼンターであるあなたの学習スタイルだけで伝えていても、
理解できる人とできない人が出て、伝わり方にバラつきが出てしまうのです。

あなたが今のまま伝え続けていても、あなたと違うタイプの人に伝わらなければ、
それは、とてももったいないことです。

もしも、全ての聴き手のタイプを網羅できる
ロジカルかつ感情に訴えかけ『自分ごと』を生み出す
プレゼンができるようになれたら、いかがでしょうか。

それを可能にしていくのが、この講座なのです。

【効果的な学習サイクルをプレゼンテーションに応用】

4MATシステムの開発者バニス・マッカーシー女史の認定コースに日本で唯一参加した神トレーナーが、4MATシステムをプレゼンテーションに応用するプログラムを開発しました。

効果的な学習サイクルとして米国で開発された「4MAT」は、人間の普遍的な学習の仕方にマッチした順番で伝えていきます。

プレゼンテーションに4MATシステムを使うことで、
全ての学習タイプに合わせて、聴き手の全てのタイプを網羅し、
積極的にあなたのプレゼンテーションに参加する方法が手に入ります。

画一的ではなく、ユニークな受講生ひとりひとりに、受け取ってもらえるようになります。

【4MATプレゼンテーション】

4MATシステムの4つの学習タイプとは?

・Why 私にどんな関係があるのか?(動機付け)
・What それは何か?(内容)
・How それは、どうするのか?(使い方)
・What if 私の人生でどう役に立つのか?(応用)

学習において、自然な一連の流れ

・体験することで、自分ごととして捉える
・全体感をイメージ(表象)する
・個別の情報を分類し、体系だて、理論とする
・理論の正当性を実践し、テストする
・洗練させ、応用し、再び体験する…

【このワークショップを受けた結果、あなたは・・・】
✔️聴き手が「自分ごと」になって、行動に起こすプレゼンができるようになる
✔️効果的な『伝わるプレゼンの公式』を知って、プレゼンの内容を磨いていける
✔️聴き手の全ての学習タイプを網羅した伝え方ができるようになる
✔️部下やチームメンバーに、自分の考えをうまく伝えて導けるようになる

【あなた自身の経験や奥深くにある「思い」に気づいて、それを届けていける】

あなたが本当に伝えたいことを、必要としている方たちへ受け取りやすい形で届けるために、
あなた自身の経験や、あなたの奥深くにある「思い」に気づいて、コンテンツを磨いていきます。

あなた自身の体験が聴き手に役に立つということを強く実感できると、
もっとそのコンテンツを伝えていきたい!という思いが強まっていくことでしょう。

どのプレゼンの本にも載っていない、精神論でない、実践的なやり方を、
単にスピーチライティングの内容だけでなく、実習にて修得していきます。

あなたのコンテンツを通して、あなたの「思い」が聴き手にしっかり届き、
個性や強みを活かしたプレゼンテーションができるようになります。

【2日間で学ぶ7つのこと】
3分〜”∞”に応用可能な人間本来の学習構造(4MATシステム)を知る
聴衆の集中を維持する立ち振る舞いを手に入れる
コンテンツを「知りたい!」と思わせる言葉がけ
『自分ごと』を作り出す言葉の作り方
あなたならではの『コンセプト』を発見する
聞き手に伝わる『手順』の正しい伝え方
『まとめて、上にあげる』聴衆の内なる可能性を開くクロージング
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

川崎・武蔵小杉

価格(税込)

¥96,120

受けたい
3人が受けたい登録しています

この講座の先生

『しぐさ』と『ことば』の持つ影響力を研究家

『しぐさ』と『ことば』の持つ影響力を10年にわたって研究を続ける、プレゼンテーションの専門家。

トレーニングと心理学を使った対人援助を続ける中で、多くの人が『話す』ことに自信がないこと、そして『話せない』と信じている人に特有の考え方や、特徴的な言葉遣いや体の使い方に気づく。
話せないと思っている人が、話せるようになることで、自分に自信を持ち、人生が大きく動くことを目の当たりにする。
2013年より『話すこと』が上手くなるための、今までにない、新しい表現方法の体系化に取り掛かり、社会心理学や脳科学を理論的背景にした、実践的な心理学と心理技術とトレーニングで実際に試して『効果があったものだけ』を結晶化して『ステージデライト・アプローチ』を開発。
トレーニングを通し、参加者は上手くなるだけでなく、自らの『可能性』に気づき、温めていたアイデアを実現するために動き出す方たちが続出。

現在は『話すことが楽しくなること』で自分を認め、他者を尊重する世界を実現することをヴィジョンに掲げ、ステージデライトによる企業内研修やコーチングなどに広げ、さらに世界規模への拡大を目指し、日々... + 続きを読む

  • こんな方を対象としています

    それは、聴き手がアクションを起こす『伝わるプレゼンの公式』を手に入れ、
    あなたの「想い」が聴き手に伝わるプレゼンができるようになりたい方。

この先生の他の講座

16

開催リクエスト受付中

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?