初心者でも2時間でダンス写真がバッチリ!動体撮影~親指AF

イキイキしてる表情は動きの中にこそあります。最初はゆっくりの動きから徐々に慣らしていくので、初心者でもしっかりダンスまで撮れるようになります

learn

こんなことを学びます

https://youtu.be/Mfwr7dFt4-s
===
講座当日はダンサーさんもおります!!
===
※イベントカメラマン養成講座合同開催

【これまでの参加者の声】

◎長年、かみさんの社交ダンスを撮ってきましたが
 この講座を受けたあと、初めて写真をホメられました。

◎ここまで本格的で、確実に身に付く講座は他にありません



デジタル一眼レフカメラは、撮影の仕方が分かれば
エントリー機であっても、キットレンズであっても、動きものを
しっかり撮ることが出来ます。


多くの方が
「動きもの撮るの苦手なんです」
と、口にされます。

この講座は、動きものを撮るためのカメラの設定や
上達を早めるために意識したいことなどをお伝えして
今まで抱いていた「動きもの=苦手」を払拭し、確実にステップアップさせます!

ダンサーさんにどんどん踊ってもらって、繰り返し実践撮影もしていただきますので
講座の中で、自分の腕前が上がっていくのを、きっと実感していただけます!!




講習会では

まずは、歩く姿から撮り始めます。

↓↓↓
お次は走ります。ゆっくりから、どんどんスピードアップ。

↓↓↓
そして、最後は、ダンサーさん登場で踊る姿まで撮影チャレンジ!



徐々に動きものに慣れていくことで

・子供が走り回っているところ
・運動会
・お遊戯会
・ダンス

などなど、イキイキと輝く表情を撮り逃す心配が無くなり
また、動体撮影に、どんどん自信が持てるようになるのが実感できます!!


また、動きものを撮影する上で、覚えるととても便利な
【親指AF】
こちらも、じっくりと使っていきます。


動きもの撮影では、最強・便利な方法まで、しっかりお伝えします~
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中

12/2 (日)

10:00AM - 12:00PM

東京 / 東京(その他)

予約の締切り日

11/27(火) 10:00AM まで

参加人数

2/5人

開催場所

銀座線・浅草線 浅草・田原町駅 徒歩7分
第一集会室 東京都台東区浅草1-38-6 浅草公会堂

価格(税込)

¥9,500

  • 受付中

    12/2 (日)

    10:00AM - 12:00PM

    東京 /東京(その他)

    選択中 選択
  • 日程が合わないですか?
    気軽に先生に開催リクエストしてください。
    開催リクエストする
受けたい
213人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

踊るカメラマンAKIRA (しみずあきら)のプロフィール写真
踊るカメラマンAKIRA (しみずあきら)
  • 1728人
  • 205回
ごく普通の会社員からプロになった極意がたくさん!

私は
・独学1年、40歳でプロの世界に入り
・社会人をやりながら、プロカメラマン活動を続け
・カメラマンとして独立して活動しています

※年間80組の結婚式カップル、1000名を超えるダンサー撮影、学校イベント、音楽発表会、企業セミナー、雑誌、タウン誌、広告、料理、商品、建築撮影。



カメラ業界のコネ無し
写真は並レベル
ごく普通の平凡な会社員

そんな自分でも
プロの世界に飛び込めました。


そのノウハウを元に

■効率良くカメラ上達したい人

■プロになりたい人

向けに講座を開催


【講座の特徴】

・初心者~ベテラン・プロまでレベルに関係なく学べます

・プロになってわかった「現場経験の大切さ」から、撮影現場を再現して練習出来る講座もご用意致しました

・実際に、受講生の多くがプロの世界で活躍しています



【講座のモットー】

・講座を通じて、カメラがもっと楽しくなって、長く続けられるようになることを目指しています
+ 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    【定員があります】人数を制限しておりますので、お早めにご予約ください


    お1人で参加される女性も多いです

    ベテランカメラマンさんで、動きものを撮りなれている方は
    ぜひここに来て、一緒に上達しましょう!






    <内容>

    1)マニュアル撮影モードで、動きモノを撮る方法を教えます

    2)動きモノの撮影方法について、基礎的な部分を教えます。

    3)撮影時に陥りがちなミスなどを事前にチェックする方法など教えます

    4)まずは、ここまでの技術で、ダンスを撮ってみます。
    1人で踊る踊りは、もう怖くないはずです

    5)親指AFがなぜ必要なのか?の解説

    6)親指AFでの練習(事前に練習されていると、なお良いです)

    7)親指AFで1人ダンス撮ります


    動きものに関しては、ダンスが撮れるようになることで
    幅広く「人物の動き」撮影に対応出来るようになります。

    ですので、ダンス撮影をまずはゴールにします。


    ※当日内容が多少変わる可能性があります
  • こんな方を対象としています

    ・動きもの撮影に興味がある方
    ・静止物撮影からステップアップしたい方
    ・学校行事の写真撮影が上手くなりたい人
    ・お子様のお遊戯会やダンスの発表を綺麗に撮りたい方
    ・お友達にダンス写真を頼まれて、どうやって撮って良いか悩んでる方

    【ここは、お願い】

    ※参加の際の留意点の項目に書いてある内容をご覧頂き
    事前に予習しておいてください。

    予習をしっかりされれば、初心者でも大丈夫です!!
  • 受講料の説明

    参加費には、施設使用代、ダンサー出張代など、全て含まれております。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    <参加条件>
     ■カメラ
     ・動きもの撮影に適した一眼「レフ機」
      エントリーレベルの機種でも、レフ機なら大丈夫です!
     ①マニュアル撮影モードが可能な機種
     ②親指AFが使える機種
     ③ISOが3200まで設定できる機種

     ※ミラーレス機は、2017年までの機種で検証してますが
      なかなかレフ機レベルに動きものに対応するのが難しいです


     ■レンズ
     ・キットレンズでもOKです。
     ・焦点距離は標準域のズームレンズでOKです
     ・F値の小さいレンズや、AFの速いレンズがおすすめ
      単焦点は、あまりおススメしません、、、


    また、事前にこちらで出す課題に、取り組んでください
    当日は、以下のところを教えている時間がありません。
    かならず、確認してください。

     ■マニュアル撮影モードで進めます

       ・マニュアルモードが全て分からなくても大丈夫!!
       ・SSと、Fと、ISOの数字を変えられるようにしておいてください
        しっかり覚えておきたいという方は、以下で覚えられます
         ↓↓↓
        http://odoru.info/?page_id=685
       


     ■親指AFの設定も事前確認お願いします
      詳しい使い方は、当日の講習会でお知らせ致します

        ・親指AFの設定を、各自お願いします
         やり方はこのページでわかります
         ↓↓↓
        http://photo-studio9.com/oyayubi-af/
       


    ・進行の都合で若干延長となる場合がございます。
    ・キャンセルは分かった時点で早めにご連絡ください。また、予約締切日以降のキャンセルはできません。

review

レビュー

  • 63

  • 楽しかった!( 38 )

  • 勉強になった!( 48 )

  • 行く価値あり!( 47 )

  • 男性 50代

    この講座は「動体撮影の実践の時間がたっぷりあって満足のいく講座」でした

     清水先生の講座以前にも受講したのですが、前半の座学がわかりやすく、満足しています。写真初心者のわたしには動体撮影やっぱり難しかった。頭では理解しているのに、カメラを構えた身体がシャッターチャンスに間に合わない。でも、撮影時間がたっぷりあるので、動体撮影の何が難しいか、が理解できました。

  • 女性

    この講座は「実践を学べる講座」でした

    実際にプロのダンサーさんの撮影をできるのは貴重な経験でした!座学と実践の割合がとてもちょうどよく、先生の他の講座もぜひ受けたいとおもいました!

  • 男性 50代

    この講座は「喜んでもらえる写真のツボが効率よく学べる」でした

    ダンス教室に通う知人の発表会での写真を撮って欲しいと頼まれ、今まで2回ほど撮影しました。

    実は三十年以上前の学生時代、1シーズンだけそういう業者のアルバイトをしたことがあり、過去のノウハウを思い出しつつこなしてきました。

    それなりに喜ばれたのですが、現代の機材だと色々テクニックが変わっているだろうと思っており、今回FBの広告で本講座を知り、現役のプロの先生からきちんと指導を受けたいと考えた次第です(余談:最大の違いはストロボが必要なくなった事ですね…)。

    普段あまり動き物を取らないので、そもそもの動きもの撮影についての話や、各種設定とその優先順位など、実践的な話が多く勉強になりました。

    また、セレクトや仕上げなどについてプロ(お客への写真の納品を目的とする)の視点でお話いただけたので、私のように依頼を受けて撮る場合には、効率よく喜ばれる写真を「仕上げる」方法を伝授された感じです。年末にまた撮影の依頼があるので、それまで自分なりに練習して臨みたく思います。

  • 男性 40代

    この講座は「動体撮影の知識の理解と技能を体験できる講座」でした

    この講座を受けることにより、動体撮影に必要なカメラ設定とその理由、構図の決め方、現像のポイント、実際のダンサーを被写体に実技ができます。
    理論と実践が同時に行われるため理解が深まるとともに、自分の課題が判ります。
    課題が判ればそれを練習するだけですのでとても参考になる講座でした。
    カメラ設定ではM設定(SS値、F値)、ISO値の設定、親指AFが必須となります。これらの設定がわからない場合は、まずは他の初級講座を受けることをお勧めします。

  • 男性

    この講座は「動体撮影の基本が学べる」でした

    動きものの写真の撮り方の基本を教えていただけます。座学と実践が交互に行われます。ダンスのような激しい動きの写真は慣れが必要なので貴重な講座だと思います。

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています