ビジネスメールコミュニケーション講座

ビジネスメールの専門講師が解説します

こんなことを学びます

  ■7個のメリットが凝縮

ビジネスメールコミュニケーション講座(ベーシック編)を受講することで、次のような効果が期待できます。トラブルを防ぐだけでなく、円滑なコミュニケーションをとり、さらなる信頼関係を築くことができるようになります。

1.我流メールは危険!ビジネスメールの基礎が身に付く
2.メール、電話、対面など手段の正しい使い分けができるように
3.知らず知らずのうちに犯してしまいがちなミスを未然に防ぐ
4.メールで正しく伝えることができるようになり行き違いやトラブルを防ぐ
5.お客さまと円滑なコミュニケーションがとれるようになる
6.迷うことが減り、すぐに返事が書けるようになる
7.メールを処理する時間、書く時間を短縮

■第1部 ここだけは押さえておきたい!メールの基本ルール・マナー

仕事で使うメールの基本的なマナー、守るべきルールを解説します。
世間一般で好まれるメールの基本的な型を知り、メールの基礎を身につけます。
型を知ることで、穴埋め式でメールをが書けるようになります。

・メールを学ぶべき3つの理由
・メールのよくある失敗
・メールで相手を不快にさせる要素
・コミュニケーション手段としてのメールの特徴
・メールと電話、対面など他の手段の使い分け方
・件名の付け方
・送信者名(差出人)の付け方
・宛先(TO、CC、BCC)の違いと使い方
・ビジネスメールの基本の型
・宛名の書き方
・挨拶の書き方
・名乗りの書き方
・要旨の書き方
・詳細の書き方
・結びの挨拶の書き方
・署名の書き方
・分かりやすい文章の書き方
・読みやすい本文を書くための5つのポイント
・添付ファイルのマナー
・重要度、開封確認通知要求の扱い
・返信のマナー、書き方
・全文引用、部分引用の特徴と使い方
・転送のマナー、書き方

■第2部 用件をきちんと伝えられるように 心遣いとライティングテクニック

良いメールには心遣いが必要不可欠です。
好印象を与え、良好な人間関係を構築し、誤解や行き違いをなくし
仕事を円滑に進めるメール文章を解説します。

・事例に学ぶ心遣いのあるメールとは?
・相手からの返信率を上げる書き方
・相手との距離を縮める書き方
・顔文字、!?等の使い方
・追伸の使い方
・メールで誤解を招く文章の特徴
・メールで印象の良い文章の特徴
・メールの返信期限
・シチュエーション別メールの書き方
・お詫びメールの書き方
・お断りメールの書き方
・催促メールの書き方
・すぐに使えるフレーズ集
・ビジネスメール禁句集

■第3部 効率化とスピードアップの技術

メールを効率よく使い、生産性を向上する方法を解説します。
メールを書く時間が劇的に改善するスピードアップの技法が学べます。

・メールを処理する時間はいつがいいのか?
・やりとりにかかる時間を短くする方法
・返信スピードをアップするテクニック
・組織の送受信通数を減らす方法
・入力速度をアップする方法
・テンプレート(ひな形)の作り方
・メールのフォルダ管理方法



ご参加頂いた皆様にはもれなく次の資料をプレゼント!
・講座レジュメ1冊(約40ページ)
・ビジネスメール実態調査最新版
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

秋葉原・御茶ノ水

価格(税込)

¥8,640

受けたい
5人が受けたい登録しています

この講座の先生

渡瀬 恵津子のプロフィール写真
一般社団法人日本ビジネスメール協会認定講師

渡瀬 恵津子

大学卒業後、航空会社に入社。 退社後、ビジネスマナー、コミュニケーションマナーの講師としてさまざまな業種の企業や組織、大学、学校において研修・講演を務めている。
従来からの電話や対面の応対はもちろん、メールにおいてもより良いコミュニケー ション力を身につけたいという要望や必要性を感じ一般社団法人日本ビジネス メール協会認定講師の資格を取得。
好きな言葉は「自他敬愛」。一人ひとりの個性や長所をいかし社会の中でいきいきと生きていく力を伸ばすこと、信頼されるビジネスパーソンの育成を目指している。

資格
◎PHP研究所認定ビジネスコーチ
◎HST認定ファシリテーター
◎日本キャリア開発協会認定キャリアデベロップメントアドバイザー

この講座の主催団体

メールでビジネススキル&コミュニケーション力UP!

使わない日はないくらい、ビジネスで当たり前に使われているツール。それが『ビジネスメール』です。

しかし、ビジネスメールの教育は、まだまだ遅れていると言わざるを得ません。研修を実施している企業は全体の10%程度です。

出典:ビジネスメール実態調査2015(一般社団法人日本ビジネスメール協会調べ)

メールが普及するにつれて、仕事の中でメールにかける時間が増えています。10年ほど前と現在を比較すると、その増加に驚くことでしょう。

対面、電話、ファクス、ビジネス文書、ソーシャルメディアと、コミュニケーション手段はいろいろありますが、仕事でのコミュニケーションに占めるメールの割合は大きくなっています。

そのような状況下で、多くの人が誰からも教わらず、見よう見まねで、不安を感じながらメールを利用しています。電話やビジネスマナーの研修はあっても、メールの研修は受けたことが無い。それでも、毎日使うのがメールです。同じ仕事のコミュニケーションツールですが、その差は歴然としています。

学生時代からメールを使っていたと... もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる
  • こんな方を対象としています

    次のような方は、ビジネスメールコミュニケーション講座(ベーシック編)を受講してください。
    あなたのメールが劇的に変わることは間違いありません。

    ・メールについて学んだことがない方
    ・これから仕事でメールを使う方
    ・メールを書くことに少しでも不安がある方
    ・自分のメールが正しいか心配な方
    ・メールで失敗をしたことがある方
    ・一般的なメールのルール、基礎を把握したい方
    ・メールに1日1時間以上費やしていて、時間を削減したい方
    ・メールの基礎をしっかり身に着けたい方
※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

この主催団体の他の講座

関連講座

お探しの講座が見つかりませんでしたか?