【博報堂マーケティングスクール】「こども20年変化」調査結果

博報堂生活総研「こども20年変化」調査結果から読み解く、 「タダ・ネイティブ」のマーケティング 事前課題の<仮説セッション>もあります!

こんなことを学びます

 今から20年前、私ども博報堂生活総合研究所は子ども(小4~中2)を対象とした大規模調査を実施しました。
そのレポートとなる『子どもの生活1997』では、高度情報社会を生きる子どもたちを、世の常識や自分の役割、他者との関係などに俊敏に適応しながらスイスイ生きる「少子化時代のアメンボ・キッズ」と命名しました。
“子どもはいつの時代も変わらない”とも言われる中、はたして彼らは、この20年間でどう変わったのでしょうか。

このたび私たちは、10年ぶり3度目の調査を行うとともに、1997年・2007年からの時系列分析を行いました。
その結果、物心ついた時からデジタル機器に囲まれた「デジタル・ネイティブ」は、スマートフォンやタブレットPCを活用し、タダ(無料)が前提の新しいコミュニケーションや消費を楽しむ「タダ・ネイティブ」であるということが見えてきました。
人口がもたらすインパクトゆえ、社会は高齢者に目がいきがちですが、次代の日本を担うのは、“子ども” 。
彼らを理解せずして、日本の未来は考えることはできません。
子どもの意識と行動の20年変化と共に、次代の日本を担う彼らが生みだしつつある新しい消費行動をご紹介します。

当日は、研究内容の講演に加えて、主な調査データからの皆様の仮説を事前に募集させて頂き、それを元にしたディスカッションを予定しております。
未来の市場を考える機会として、ぜひご活用ください。

★生活総研の研究員を体験してみませんか?!★ 
<仮説セッション>用仮説 事前募集中!

上席研究員の酒井です。
小4~中2の子どもたち。この20年でいろいろな意識変化が起こりました。
たとえば、「テレビの話は本当のことが多い」 47.9% → 71.3%。

さて、みなさんに質問です。
Q1) この数値の上昇の背景には、子どもたちの「どんな気持ち/環境の変化」が隠れているのでしょう?
Q2) これから、どんな行動が増えていくのでしょう?
Q3) これから、どんなモノ、サービス、コンテンツが求められていくのでしょう?

生活総研の研究員たちは、調査結果から、このように、いろいろな「仮説」を生み出していきます。
みなさんも、「仮説」を作ってみませんか?
いただいた中から5名の方の仮説を、研究員ディスカッションで取り上げさせていただきます。(参加記念品つき)

お題は下記より、気になるデータを選んで、上のQ1~Q3の「仮説作り」にチャレンジしてみましょう!
データ1 →http://seikatsusoken.jp/report/10372/
データ2 →http://seikatsusoken.jp/report/10429/

締切は、10月25日(水)
応募ご希望の方は、お申込時に事務局宛にメッセージをお願いします。
提出用フォームをお送りいたします。

奮ってのご応募、お待ちしています!
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

六本木・赤坂

価格(税込)

¥3,240

受けたい
18人が受けたい登録しています

この講座の先生

酒井 崇匡のプロフィール写真
博報堂 生活総合研究所 上席研究員

酒井 崇匡

2005年博報堂入社。マーケティングプラナーとして、教育、通信、外食、自動車、エンターテインメントなど諸分野でのブランディング、商品開発、コミュニケーションプラニングに従事。
2012年より博報堂生活総合研究所に所属し、日本およびアジア圏における生活者のライフスタイル、価値観変化の研究に従事。
専門分野はバイタルデータや遺伝情報など生体情報の可視化が生活者に与える変化の研究。
著書に『自分のデータは自分で使う マイビッグデータの衝撃』(星海社新書)。

この講座の主催団体

博報堂マーケティングスクール

生活者発想で、変革するマーケターへ。

マーケティング発想で事業や経営そのものを見直していく動きが広がっています。
中でもデジタル・トランスフォーメーションの加速は、企業とお客様の関係を変えただけでなく、
新しい競合プレイヤーの登場や市場の軸の変化をもたらし、これまでのマーケティング手法では通用しない、ということが新たな課題となっています。
そうした課題を解決するための一つの鍵。それは「生活者発想」です。

商品・サービスを利用する人を「消費者」としてではなく、その人のココロに耳を傾け、生活行動と意識全体から、見つけられていなかったニーズを引き出す「生活者発想」。

「生活者発想」で得られる気づきは、時に、マーケティングや事業ばかりか、経営の変化をもたらすことは、意外に知られていません。
しかも、この「気づく力」は特別な能力ではなく、思考のクセさえ変えていけば、どんな人も身につけられるものなのです。

博報堂マーケティングスクールは、「生活者の変化の兆しに気づく力」を磨き、その気づきから、「事業のトップライン... もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる
  • 当日の流れとタイムスケジュール

    Part1. 子どもを取り巻く環境変化
    現在の子どもを読み解く前提となる、この20年間に起こった子どもを取り巻くマクロな社会環境の変化について解説致します。

    Part2. 子ども20年の大変化
    当研究所が実施した「子ども調査」の20年間の時系列変化から、子どもに起こっている価値観の変化を読み解きます。

    Part3. タダ・ネイティブ、あらわる
    家庭訪問調査で発見した生活実態を元に、タダ(無料)が前提となった環境の中で、子どもたちが交流し、コンテンツを楽しみ、何にお金を使う意義を見出しているのか、深掘りします。

    Part4. タダ・ネイティブと私たち
    新しい価値観を持つ子どもたちに対して、私たち企業はどのように向き合っていけばよいのか、重要となる視点についてご提言します。

    Part5. 研究員ディスカッション
    今回の研究を担当した研究員が、ご参加者の皆さんから寄せられた調査データからの仮説も取り上げながら、講演で触れられなかったファインディングスも織り交ぜつつ、ディスカッションを行います。
  • こんな方を対象としています

    10代向けの商品・サービスに携わられている方。若年層の新規顧客取り込みに関心のある方。
  • 受講料の説明

    受講料は税込です。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    定員は80名です。ストリートアカデミー経由の定員が10名です。

    来場時は、お名刺を1枚お待ちください。
    (お名刺がない場合は、ご本人が確認できる資料を拝見させていただけますよう、お願いいたします。)

この主催団体の他の講座

relation

関連講座