話すにも効く書く雑談~SNSコメントの心地よく疲れない基本のキ~

SNSで<書く雑談>。話す雑談にも効く共感コメント力を身につけてみませんか?

こんなことを学びます

□ランチ・飲み会で知り合った人の記事に、
 失礼ないようコメントするには?
□せっかく書いた自分の記事に嫌なコメント。
ムリせず大人な対応するには?
□実はランチ・飲み会、仕事でリアルの雑談も、
 困ってる。人見知り・口下手・内向的で
「人と違う自分」や人付き合い、どう乗り切る?

喜ばれコメント・嫌われコメントの違い、
自分は心得ているだろうか?

自分がもらう/送ってるLINE、Twitter、
Facebook、Instagramのコメントは
これでOKなのかな?

 
共感コメント力・<書く雑談>力を身につければ、
誰とでもムリせず疲れないSNSでの交流を楽しめます。
 
 
つながった人たちと心が通い、交流が深まる共感力。
話すにも効く<書く雑談>のコツ。
カウンセラーが教えます。
 
 
自分が好きなもの、気に入っていること、
心が動いた体験を発信すると、
SNSでつながっている友人知人たちから、
「コメント」が寄せられますよね。

さあ、いざ、自分が相手に返信していく時。
 
気持ちのよいコメントのやりとり、
できていますか?
 
 
うっかり相手の気分に水を差してしまった。
自分の話ばかり書き込んでしまい、
相手から反応がパタリと止んでしまった。

後から冷静に考えたら、
あ、上から目線だったのかも、しまった。。。
そんなこと、ありませんか?
 
 
せっかく手にして紡いできたご縁・つながり。
どうせなら「自分のことのようにうれしいです!」
「やっと一息つけたんだね」。
お互いに喜びも悲しみも分かち合えるような、
心ある交流。
 
積み重ねていった先には、長い付き合いや、
友情や信頼関係も深まります。
 
長い目で見ても、ぜひ心地よい書くやりとり。
できたら最高です。
 
 
コメントする、返信する。この<書く雑談>の力には、
実は、2つのコツがあります。
 
1つ目は、自分が「こうありたい」と思い描く
<対人関係>あってのコミュニケーション力、
という捉え方。
 
2つ目は、相手の存在と気持ちを受けとめる
上で必要な、的確な理解力と配慮ある対応力。
 
 
<書く雑談>から始めると、
実は<話す雑談>の力も、
スムーズかつ効果的に伸びますよ!
 
カウンセラーが日ごろトレーニングしている、
傾聴や応答トレーニングを生かしてお伝えする、
<書く雑談>のコツ。
 
実際の成功例、失敗例、実例交えて
しっかりお伝えしていきます。どうぞお楽しみに!
 
 
●参加者の声です
〇「人に返信をする際は、ポイントがちゃんと
有って、それを守ることで良好な関係ができると 
ちゃんと考えるようになりました。
 
あたりまえだと思って、日常でつかっている
メールや、SNS、リアルのやり取りの中にも
ポイントがあって、少しでもこの中で苦手と
感じる部分があれば 親切に教えてくれます。」
(Dさん、営業職)
 
〇「『3つを配る』(プレゼント)が
 心に残りました。」
「参加者が少人数だったのでリラックスして
参加できました。
コミュニケーションには相手を受け止めること
(それも相手の立場に立って)が
大事なのだなって思いました。
リアル雑談が苦手なので、まずはSNSで
気持ちの良い雑談ができるよう、
今日学んだことを使って実践していきたいです。」
(Mさん、看護師)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

東京(その他)

価格(税込)

¥2,500

受けたい
11人が受けたい登録しています

この講座の先生

内向的な若手社員が気疲れ和らげ伸び伸び働ける

内向的な性格で繊細敏感なサービス・事務系の若手社員さん。
仕事や人間関係の「苦手」から、
職場で「ビクビクおどおど」しがちではないですか?

自分とひとの<持ち味・特性>を生かして
不安を自信に変え、「伸びのび」働けるよう、
仕事・働き方・セルフケアのテーマで
セミナー・カウンセリングを企画・実施しております。

国立・私立大学にて約10年、英文秘書、総務事務、
英語・留学の問い合わせ・相談対応を経験。

実は物心ついてからずっと、
雑談や集団行動が苦手な自分の性格に困ってきました。
高校ではクラスメートにこう言われたほどです。
「さおちゃん、どうして1人でいようとするの?」

人の気持ちを敏感に察知。特に集団では「気疲れ」しやすく
雑談が苦手で「バテやすい」。
サービス・事務系の仕事で働き、試行錯誤を続けてきました。

1)自分の性格から人と「分かり合えない」ストレスや、
2)友だちの進路相談を受けとめられなかった後悔をバネに、
<ストレスをしなやかに力に変えるコツ>をお伝えしています。

取得資格:TCCマスターキャリアカウン... + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ●プログラム

    1.初めの問いかけ
    ~Facebookで自分の記事にコメントが届いた。
    返信してうまくいった時/いかなかった時は、どんな時?~
     
    2.疲れないSNSで<書く雑談>
    ~共感コメント力 3つの基本~
     
    3.OK例とNG例を見てみよう
    ~嫌われコメントと喜ばれコメントの違いを
    チェックしよう~

    4.OK/NGコメント例を改善するには?
    ~SNS疲れを和らげて心地よい自分の状態に~
     
    5.終わりの問いかけ
  • こんな方を対象としています

    ●こんなあなたにおススメです

    〇せっかく仲良くなった友人・知人がいるが、
    相手に対するSNSコメントで、
    失礼がないか不安・心配だ
     
    〇自分のよくやる成功・失敗パターンに
    気づいて、もっとムリなくラクに
    気持ちよいやりとりをしたい
     
    〇自分も相手も、心地よい交流を
    続けていくためのコツを知りたい
     
    〇SNSだけでなく、対面で話す雑談
    についても効果的に改善していきたい
  • 受講料の説明

    受講料には、会場費、テキスト代を含みます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ・当日は、筆記用具をお持ちください。

    ・フィードバックや添削を希望する方は、
     1)スクリーンショット画像か、2)文章テキストをご持参ください。
     個人が特定できないよう、必ずモザイク加工したものでお願いいたします。

レビュー

  • 1
  • 楽しかった!( 0 )
  • 勉強になった!( 1 )
  • 行く価値あり!( 1 )
  • W2

    女性

    この講座は「自分を見つめ直し、気づきが得られる講座」でした

    SNSなどで、心地よいやりとりをするために”3つのポイント”を教えてくださいます。
    文章を書くことに人一倍の苦手意識を持っている私の話を親身に聞いてくれ、アドバイスしていただき、自分の欠点にも気付けました。
    特に事例を取り上げながら実際にコメントを書いてみるというのは、大変勉強になり、他の事例もあるならば、もっとやってみたいと思ったほどです。
    私にとって、とても価値ある講座でした。ありがとうございました!

  • relation

    関連講座

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?