金融英語

英語を通じて金融市場とその関連のある国際情勢や世界経済などを学ぶ講座です。

こんなことを学びます

< こんなこと学びます >
英語を通じて金融市場とその関連のある国際情勢などについて学ぶ講座です。
毎回取り上げる英文レポートや英文ニュース記事などを題材に、ビジネスレベルの日本語への翻訳の仕方を教えます。
また、題材レポートなどの内容(コンテンツ)に関連して国際情勢や世界の政治、マクロ経済、金融市場、為替市場、コモディティ市場などなどについて解説、補足説明などを行います。

尚、今までの講座で取り上げたテーマや講義概要は次のようなものでした。

2017/10
世界の政治経済状況と金融市場の動向(株式、債券、為替、コモディティ)
特に、米国の金融政策の行方、インフレ動向、債券市場動向、の3点を深掘りしました。

2017/11
世界の不動産価格動向
米サンフランシスコの価格上昇はご存知だと思いますが、加トロントやバンクーバー、そして欧州のストックホルムやアムステルダムでの価格上昇は想像できますか?
世界の不動産価格動向に関するレポートを読み、その内容を分析、理解することで今世界で起きていることの一端が垣間見えます。

2017/12
新年(2018年)の年間見通し【第1回】
・2017年のレビュー
・2018年の世界情勢の概観
・2018年の世界の経済見通し
・株式市場、債券市場の見通し

2018/01
新年(2018年)の年間見通し【第2回】
・世界各国の政治状況と経済への影響
・今年の各国の金融政策の行方と金融市場への影響
・注目すべき地域として、米国(金利など)、メキシコ(NAFTA再交渉と大統領選挙)、英国(EU離脱交渉など)、イタリア(総選挙)、スペイン(カタルーニャ問題)、朝鮮半島(軍事衝突リスク)、中国(債務問題など)などの他にもブラジル、ベネズエラ、サウジアラビア、ロシア、南アフリカといった国々についても解説しました。

2018/02
新年(2018年)の年間見通し【第3回】
・主要中央銀行(FRB、ECBなど)の金融政策と金利上昇の経済、金融市場などへの影響
・地政学リスクと世界への影響
・コモディティ価格(原油など)の動向

2018/03
・米FRBの金融政策の行方と金融市場への影響
・今年注目すべき世界の政治、経済イベントとその影響
・今年2月以降の金融市場の混乱(株安、円高など)の原因

2018/04
・北朝鮮問題、中東情勢と政治、外交リスク
・原油価格動向
・真の地政学リスク

2018/05
- 北朝鮮問題と原油価格のフォローアップ
- 今年Q2(4-6月期)の金融市場の見通し
- インフレ、金融政策の行方と債券市場見通し(特に、EM、HY、IG)
- コモディティ価格動向

2018/6
- FRBの6月利上げとその影響、ECBと日銀の金融政策など
- イタリア連立政権の影響とEUの行方
- アジアの政治、経済状況

2018/7
- 金融政策に影響される債券市場(社債など)
- 米金利上昇と米ドル高の逆風を受ける新興国(通貨、債券など)
- コモディティ価格、為替動向など 

2018/9
- 日本と欧米の物価、インフレ(構造的な問題、為替レート、国際商品市況など)
- 新興国の状況と見通し(政治、経済、通貨など)

2018/10
- 今年Q4の世界情勢の見通し
- FRB、ECBの金融政策と世界経済の動向

2018/11
- 米国での中間選挙レビュー:今回のキーワードは、American valuesでしたね。
- この中間選挙結果を踏まえて米国および国際情勢はどう変化していくのか

2018/12 年間(2019年)見通しレポート
- 2019年の金融市場にとってのリスクについて
- 国際政治、金融政策の見通しや原油価格動向について

2019/01
今年の金融市場の見通しを次の点に着目して解説しました。
- 世界経済の見通し
- 各国中央銀行(特にFRB、ECB)の金融政策の展望
- 各国政治動向と地政学リスクについて(欧州、アジア、原油、為替など)

2019/02
- 金融政策と世界の流動性、新興国の状況、各国で台頭するポピュリスト政治
- 今年想定されるBlack swan

2019/03
- 主要中央銀行(特に米FRB)による非伝統的金融緩和策(QE)とその正常化への対応、つまりバランスシートの縮小(QT)に関する経済や金融市場への効果や影響について
- ベネズエラの政治混乱に見る原油市場への影響と移民難民問題

2019/04
- FRBの金融政策方向転換と金利、クレジット、株式市場への影響
- 日米欧など先進国のインフレ率は何故上昇しないのか?

2019/08
- 米国経済とFRBの金融政策の行方
- FRB利上げの影響(新興国など)
- Brexitと欧州の今後

2019/09
- コモディティ(原油、金、小麦など)市場の見通しなどについて
- (広義の)地政学リスクとその影響について
- Brexitの本質とEUの根本的な問題点について

尚、次回開催予定(10月中旬:10/12渋谷、10/13銀座、10/14銀座など)の講義で取り上げるレポートのテーマ(内容)は次の通りです。
- 米中貿易交渉と金融市場(株式、債券、為替など)への影響
- 世界主要都市の不動産価格から見る世界情勢

また、前月トピックスで取り上げたEU問題とも関連して次のテーマについても解説します。
- 欧州における移民難民問題の本質について

< こんな風に教えます >
2時間ノンストップですが、質問は講義の最中にいつでも遠慮なく行ってください。
教える内容が多いので私が説明する時間が多いのですが、基本は interactive class スタイルですので、上記の通りいつでもご質問をお受けします。

尚、この講座は基本的に毎月開催します。
その時々のテーマ、レポートなどを選んで行いますので、金融業界(特に資産運用やマーケット関連部門)で働いている方で英語力の向上を目指している方、そして国際情勢などの知識を深めたい方にお薦めします。
また、将来外資系金融機関(特に資産運用やマーケット関連部門)で働きたいと考えている方にもお薦めです。

< 定員 >
2-5名程度
(ただし開催スペースに応じて若干増減する場合があります)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

銀座・大手町

価格(税込)

¥5,000

受けたい
53人が受けたい登録しています

この講座の先生

Sekizawa Takahiroのプロフィール写真

Sekizawa Takahiro

  • 113人
  • 81回
教室ページをみる 先生に質問する

社会人も大学生も実践的な英語力を磨きましょう

国内の大学を卒業後に日系金融機関へ就職。
約11年間の在籍中に海外勤務も海外留学も経験しませんでしたが、就職後も個人で英語力の向上に努めていたために外資系金融機関へ転職。
転職後3年弱で部長(部門のヘッド)となり、その後も外資系金融機関数社で Executive Director などを歴任。
日本で生まれ育った私でも、海外生活や海外留学の経験のなかった私でも、大学時代に英語の成績が中くらいだった私でも、もっと英語が上手になりたいという気持ちさえあれば、外資系企業で活躍することもできたということを皆さんに伝えたいと思い、今回ストアカで英語講座を開きます。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    2時間:
    休憩なしで、毎回取り上げる英文レポートの読み方、翻訳の仕方などを教えます。 
    それとともにそのレポート(記事)の内容解説および追加補足説明を行います。

  • こんな方を対象としています

    英語を通じて金融市場や世界経済、国際情勢などを学びたい方。
    ただし、この講座の内容を理解するためには、金融市場やマクロ経済動向などの知識がある程度必要です。
    また、英字新聞や英文レポートなどを読んで理解できる程度の英語力も必要ですので、これらの点はご留意ください。
  • 受講料の説明

    受講料には、会場代、ドリンク代、当方で用意するテキスト・ペーパーが含まれています。

  • 受講する際は以下をお読み下さい

    会場(貸会議室)は開始時刻の約5分前から入室できます。
    開始予定時刻になりましたら講義は開始しますので、遅れずにお越しください。

    尚、毎回題材レポートを事前にお知らせしますので、予習なしでは講義内容が十分に理解できない点もご留意ください。

レビュー

  • 12
  • 楽しかった!( 7 )
  • 勉強になった!( 11 )
  • 行く価値あり!( 8 )
  • W3

    女性

    この講座は「英語で金融知識を身につけられる貴重な講座」でした

    仕事上、国際情勢について常に情報収集しておかなければならない立場にあり、また大学の専攻が経済学で金融にも関心があったため、本講座の理念や方針に強く興味を惹かれて受講を決めました。事前にメッセージを通じて金融機関の分析レポート等の題材資料が提供されるため、自分なりに和訳して講座に臨みましたが、捉え違えていた箇所があったり、「もっとこういう日本語を使えば綺麗な和訳になるのか」等の発見がいくつもあり、大変勉強になりました。英語力の向上も勿論ですが、和訳の基礎となる金融分野についての知識についても、きちんと自分で情報収集の努力を怠らず最新の情勢を把握しておかなければならないな、とのモチベーションも高まりました。金融ビジネスの世界を垣間見ることは自分にとって大変良い刺激だと感じ、定期的に受講していきたいと考えています。

  • W1

    女性 50代

    この講座は「本からは学べないことを学べるクラス」でした

    課題を訳すだけでなく、そこで使われているフレーズの別表現を習ったり、英語を学ぶ観点から有益だっただけでなく、金融の仕組みについても学べて楽しかったです。

    2時間があっという間に感じられるほど濃い講座ではありましたが、かなりてんこ盛りなので、速いスピードで進みます。わたしは気兼ねなく色々訊けましたが、そんななか質問をするのが苦手な方は、課題を読んでわからないことがあったりして、どうしても訊きたい質問がある場合、事前にお伝えしておくなど工夫されたほうがいいかもしれません。

  • W1

    女性 20代

    この講座は「英語はもちろん金融市場、マクロ経済動向についても学べる講座」でした

    参加者のレベルに合わせた説明や、わからないところがあればその場ですぐに質問できる雰囲気がとても良かったです。
    2つのレポートが課題に出されましたが、うち1つには日本人からすれば訳しにくいやや癖のあるものを敢えて選んでくださったので、より実践的な英語力が身につくように思いました。
    先生のお話が面白く、2時間があっという間に過ぎました。

  • W2

    女性 30代

    この講座は「ファイナンスを英語で学ぶ講座」でした

    ファイナンスと英語、両方学べますが、ある程度の英語力を前提にファイナンスを勉強することができます。仕事において、普段からお客様との会話で知っておくといいなと思い、継続的に受講させて頂いています。事前準備の翻訳も最初は手を着けにくかったですが、徐々に慣れると負担もそれほどなく、レッスン中もよりインタラクティブに会話をしながら進めることができます。

  • W2

    女性 30代

    この講座は「質の高い英語に触れる講座」でした

    3回参加していますが、事前予習で自分でも翻訳も行うと、内容・英語ともに何が分かっていないかも含め、より理解ができました。
    毎回程よいボリュームのレポートが教材となりますが、しっかりとした書き手による英語に触れることが、自分の英語の質を高めることにも繋がると思います。

  • この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?