お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

金融英語

対面 オンライン

英語を通じて金融市場とその関連のある国際情勢や世界経済などを学ぶ講座です。

こんなことを学びます

< こんなこと学びます >
英語を通じて金融市場とその関連のある国際情勢などについて学ぶ講座です。
毎回取り上げる英文レポートや英文ニュース記事などを題材に、ビジネスレベルの日本語への翻訳の仕方を教えます。
また、題材レポートなどの内容(コンテンツ)に関連して国際情勢や世界の政治、マクロ経済、金融市場、為替市場、コモディティ市場などなどについて解説、補足説明などを行います。


尚、次回9月に開催予定(オンライン、ビデオ会議方式)の講義では、次の2つのレポートのどちらかを取り上げて講義します。
各回の開催日程でその内容をご確認ください。

1.)米Business Round Tableが昨年発表した企業の目的についてのレポート
米国型資本主義の中では長く「企業は株主のためにある」という考えが支配的でしたが、今回の新型コロナウイルスの影響で「雇用も含めて企業は社会のためにある」という考えが多くなってきた今、このBRTのレポート(声明文)は示唆に富んでいる(insightful, implicative)と思います。

2.)欧米大手金融機関のレポート
現在のコロナによる影響と今後の経済情勢と金融市場(金利、為替、株式など)の見通しなど

今回はこの英文にチャレンジしてみてください。

【次回(9/20-21)開催情報】
次回各セッションで取り上げるレポートは次の通りです。
9/20日曜日
11:00-12:00 上記(1)BRTの前半
12:10-13:10 上記(1)BRTの後半

9/21月曜日・祝日
15:30-16:30 上記(2)前半
16:40-17:40 上記(2)後半


また参考までに今までの講座で取り上げたテーマや講義概要をご紹介しますと、

2017/10
世界の政治経済状況と金融市場の動向(株式、債券、為替、コモディティ)
特に、米国の金融政策の行方、インフレ動向、債券市場動向、の3点を深掘りしました。

2017/11
世界の不動産価格動向
米サンフランシスコの価格上昇はご存知だと思いますが、加トロントやバンクーバー、そして欧州のストックホルムやアムステルダムでの価格上昇は想像できますか?
世界の不動産価格動向に関するレポートを読み、その内容を分析、理解することで今世界で起きていることの一端が垣間見えます。

2017/12
新年(2018年)の年間見通し【第1回】
・2017年のレビュー
・2018年の世界情勢の概観
・2018年の世界の経済見通し
・株式市場、債券市場の見通し

2018/01
新年(2018年)の年間見通し【第2回】
・世界各国の政治状況と経済への影響
・今年の各国の金融政策の行方と金融市場への影響
・注目すべき地域として、米国(金利など)、メキシコ(NAFTA再交渉と大統領選挙)、英国(EU離脱交渉など)、イタリア(総選挙)、スペイン(カタルーニャ問題)、朝鮮半島(軍事衝突リスク)、中国(債務問題など)などの他にもブラジル、ベネズエラ、サウジアラビア、ロシア、南アフリカといった国々についても解説しました。

2018/02
新年(2018年)の年間見通し【第3回】
・主要中央銀行(FRB、ECBなど)の金融政策と金利上昇の経済、金融市場などへの影響
・地政学リスクと世界への影響
・コモディティ価格(原油など)の動向

2018/3月-6月
・北朝鮮問題、中東情勢と政治、外交リスク
・原油価格動向
・真の地政学リスク
・インフレ、金融政策の行方と債券市場見通し(特に、EM、HY、IG)
・イタリア連立政権の影響とEUの行方

2018年下半期(7-12月)
・日本と欧米の物価、インフレ(構造的な問題、為替レート、国際商品市況など)
・新興国の状況と見通し(政治、経済、通貨など)
・今年Q4の世界情勢の見通し
・米国での中間選挙レビュー:今回のキーワードは、American valuesでしたね。
・この中間選挙結果を踏まえて米国および国際情勢はどう変化していくのか
・年間(2019年)見通しレポート


2019年上半期(1-6月)
・今年の金融市場の見通しと各国政治動向と地政学リスクについて(欧州、アジア、原油、為替など)
・金融政策と世界の流動性、新興国の状況、各国で台頭するポピュリスト政治
・今年想定されるBlack swan
・主要中央銀行(特に米FRB)による非伝統的金融緩和策(QE)とその正常化への対応、つまりバランスシートの縮小(QT)に関する経済や金融市場への効果や影響について
・ベネズエラの政治混乱に見る原油市場への影響と移民難民問題
・FRBの金融政策方向転換と金利、クレジット、株式市場への影響
・先進国のインフレ率が上昇しない背景

2019/08
- 米国経済とFRBの金融政策の行方
- FRB利上げの影響(新興国など)
- Brexitと欧州の今後

2019/09
- コモディティ(原油、金、小麦など)市場の見通しなどについて
- (広義の)地政学リスクとその影響について
- Brexitの本質とEUの根本的な問題点について

2019/10
- 米中貿易交渉と金融市場(株式、債券、為替など)への影響
- 世界主要都市の不動産価格から見る世界情勢
- 欧州における移民難民問題の本質について

2019/11
- 世界主要都市の不動産価格から見えてくる世界情勢(前月10月と同じレポートですが異なるページを取り上げました)
- 米ペンス副大統領演説と今後の米中関係の見通し
また、ニュース英語(TV、新聞など)を取り上げて、比喩の使われ方や文章の一部省略などの文章スタイルを説明しました。

2020/4
- 新型コロナ感染拡大と世界の経済、金融市場に与える影響について

2020/8
- 企業統治に関すBRT声明文を取り上げ、米経営者が企業存在目的を見直したことに考察を加えました



< こんな風に教えます >
2時間ノンストップですが、質問は講義の最中にいつでも遠慮なく行ってください。内容が盛りだくさんで私が説明する時間が多いのですが、基本は interactive class スタイルですので、上記の通りいつでもご質問をお受けします。

尚、この講座は基本的に毎月開催します。
その時々のテーマ、レポートなどを選んで行いますので、金融業界(特に資産運用やマーケット関連部門)で働いている方で英語力の向上を目指している方、そして国際情勢などの知識を深めたい方にお薦めします。
また、将来外資系金融機関(特に資産運用やマーケット関連部門)で働きたいと考えている方にもお薦めです。

< 定員 >
【通常開催(貸会議室使用)】の場合
2-5名程度

【オンライン開催】の場合、60分短縮版
毎回1-2名程度


≪ お知らせ ≫
Twitterでほぼ毎日一例づつ実践的な英文フレーズや単語の使い方などを紹介しています。
(実践的なビジネス英語)
ご興味があれば
TakahiroSekiza1
で検索してみてください。 
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

銀座・大手町

価格(税込)

¥6,000

受けたい
65人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥6,000
場所 銀座・大手町

オンライン受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥3,000

この講座の先生

Sekizawa Takahiroのプロフィール写真

Sekizawa Takahiro

  • 142人
  • 106回
教室ページをみる 先生に質問する

社会人も大学生も実践的な英語力を磨きましょう

国内の大学を卒業後に日系金融機関へ就職。
約11年間の在籍中に海外勤務も海外留学も経験しませんでしたが、就職後も個人で英語力の向上に努めていたために外資系金融機関へ転職。
転職後3年弱で部長(部門のヘッド)となり、その後も外資系金融機関数社で Executive Director などを歴任。
日本で生まれ育った私でも、海外生活や海外留学の経験のなかった私でも、大学時代に英語の成績が中くらいだった私でも、もっと英語が上手になりたいという気持ちさえあれば、外資系企業で活躍することもできたということを皆さんに伝えたいと思い、今回ストアカで英語講座を開きます。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    2時間:
    休憩なしで、毎回取り上げる英文レポートの読み方、翻訳の仕方などを教えます。 
    それとともにそのレポート(記事)の内容解説および追加補足説明を行います。

    • こんな方を対象としています

      英語を通じて金融市場や世界経済、国際情勢などを学びたい方。
      ただし、この講座の内容を理解するためには、金融市場やマクロ経済動向などの知識がある程度必要です。
      また、英字新聞や英文レポートなどを読んで理解できる程度の英語力も必要ですので、これらの点はご留意ください。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      【通常開催(貸会議室使用)】の場合
      会場(貸会議室)は開始時刻の約5分前から入室できます。
      開始予定時刻になりましたら講義は開始しますので、遅れずにお越しください。
      尚、毎回題材レポートを事前にお知らせしますので、予習なしでは講義内容が十分に理解できない点もご留意ください。

      【オンライン開催】の場合
      ビデオ会議のツールは、MSのSkypeまたはアップルのFaceTimeを使用します。
      当日は講義開始時刻の10分前に接続しますが、初めての方の場合は受講お申込み後に(受講前に)念のため一度接続テストを行いたいと思いますのでご協力をお願いいたします。
      尚、毎回題材レポート(英文)を事前にお知らせしますので、必ず予習をして受講してください。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー19

    • 楽しかった!( 8 )
    • 勉強になった!( 17 )
    • 行く価値あり!( 12 )
  • W2

    女性 40代

    この講座は「最新の時事問題とからめた英語が学べます」でした

    社会的に重要なニュースや情報を教材として扱うので、そこで読む英語に臨場感があります。授業の後半では教材の中に出てくる単語や表現を取り上げて意味や使い方をさらに掘り下げたり、国際情勢に関する先生のお話がありますがそれも面白い内容です。

  • W2

    女性 40代

    この講座は「金融と国際情勢を学ぶことができる講座」でした

    今回は地政学についても教えていただきました。楽しかったです。また受講します。ありがとうございました。

  • W2

    女性 20代

    この講座は「洗練された英語を学ぶことができる講座」でした

    金融知識、そして先生の外資系でのご勤務経験からどのように単語を使うのか教えていただけます。自分の語彙力や翻訳のできなさに愕然としますが、どんな立ち位置にいるのか、わかることも勉強でした。

  • W2

    女性 40代

    この講座は「金融と国際情勢を学ぶことができる講座」でした

    英語のレポートを読んでなんとなくわかっているつもりだけど、いざ日本語で説明しようとするとできない、、というモヤモヤが解消しました。金融英語だけでなく、国際情勢についても説明してくださりました。経済に影響を及ぼす時事をおさえた上で金融を学ぶと理解が深まります。気になる英語のフレーズの解説も勉強になりました。ありがとうございました。

  • W2

    女性 20代

    この講座は「英語とともに時事のことも学ぶことのできる講座」でした

    取り上げて頂いた記事のバックグラウンドや、今の時事問題についてのお話まで幅広くお伺いすることができ、英語以外の知識も広げることができます。

  • この先生の他の講座

    19

    開催リクエスト受付中

    銀座・大手町 / オンライン
    1

    開催リクエスト受付中

    栄・伏見
    1

    開催リクエスト受付中

    大阪市内
    21

    開催リクエスト受付中

    銀座・大手町 / オンライン
    20

    開催リクエスト受付中

    渋谷・恵比寿 / オンライン
    9

    開催リクエスト受付中

    銀座・大手町 / オンライン
    8

    開催リクエスト受付中

    渋谷・恵比寿 / オンライン
    0

    開催リクエスト受付中

    渋谷・恵比寿
    2

    開催リクエスト受付中

    渋谷・恵比寿 / オンライン

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?