アフリカの太鼓 ジャンべ ミニワークショップ

草津市でジャンべ体験! ダンスと投げ銭LIVEも同日開催!!

learn

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>
アフリカの太鼓 ジャンべの基本的な叩き方を学びます。基本的な叩き方とは、音の種類と叩き方、伴奏パターン、エショフェモン(盛上り)、アレンジ。進行次第で、ソロパターン、歌もやりたいです。

<こんなことが出来るようになります>
アフリカの太鼓 ジャンべの音の種類とその叩き方を知れます。
それらをもとに、ジャンべの楽しみ方を知れます。
講師自身が現地調査で知り得たジャンべの奥義を教えてもらえるかも!?

<こんな風に教えます>
参加者のレベルに合わせて、その場で教える内容を変えます。基本的には自由にそれぞれが楽しくジャンべを叩けることを目指しています。楽しく出来ればと思っています。シリアスな内容にして欲しければ、ストイックな内容にも出来ます。むしろこちらとしてはそうしたいくらいです。

<持ち物>
ジャンべをご持参下さい。

<定員>
基本 10名
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

滋賀県内

価格(税込)

¥1,000

受けたい
0人が受けたい登録しています
teacher

この講座の先生

アフリカの太鼓•ジャンベを叩こう

1985年生まれ。大阪大学卒業。
在学中に「TALIBE(タリベ)」というジャンベサークルを創設。2016年、サークルは活動10周年を迎える。

本場ギニアを訪れ、世界的ジャンベ奏者ファムドゥ•コナテ氏、ナンサディ•ケイタ氏に師事。
日本人として初めて、マンデン文字「ンコ」を独自に研究、現地のンコ情報誌にその記事が掲載。外国人として世界で初めてンコ定例会議に出席。研究成果の一部を発表し、拍手喝采を浴びる。
他方、現地のパーカッショングループの一員として現地国営放送に出演。結婚式、収穫祭、黒魔術儀式などで演奏活動を続ける。
マリンケ族の農耕音楽を独自に調査し、外国人として初めて現地で最も有名な農耕吟遊詩人にインタビュー並びに演奏法を師事。マリンケ族の農耕音楽の奥の深さを日本に伝えた第一人者。
太鼓だけでなく、現地語ならびに音楽的背景全てを包括的に学ぶことの大切さを提唱していたが、最近は専ら太鼓を楽しく叩くことに主眼を移している。

国内では「変人」、現地では「先生」と呼ばれる。

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    16:00 〜 17:00 ジャンべ ミニワークショップ
    17:15 〜 18:15 ダンス ミニワークショップ
    19:00 〜 20:00 投げ銭LIVE
  • こんな方を対象としています

    ジャンべを始めたい方。ジャンべの正しい叩き方を知りたい方。ジャンべの楽しみ方を知りたい方。ストレス発散したい方。悩みを忘れたい方。
  • 受講料の説明

    楽器レンタル料 500yen は含まれておりません。
    レンタルご希望の方は、事前にご連絡の上別途レンタル料が必要です。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ジャンべのミニワークショップ後は、ダンスミニワークショプ、投げ銭LIVEもございます。是非そちらもご参加下さい。
more

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています