2回コース ゼロからスタート。三か月でクロオビ実力の中国語講座。

おっさんが語学できたらかっこええ!オヤジが夜な夜な集う日本で一番あやしい中国語講座です。怖いもの見たさで受講する女子も多数。

こんなことを学びます

1. 日本人は、実は潜在的に中国語を知っている?
中国語講座チンプンカンプンは、こんな前提で講座がスタートします。エ?ウソ。そう思ったあなた。しゃんはい・たいわん・ちんじゃおろーす・うーろんちゃ。どうです?しらないタンゴがありましたか?このように日本人の生活には意外なほど大量の中国語が「溶け込んで」いるのです。そもそも、日本人はどのくらいの漢字を知っているのでしょう?当用漢字・常用漢字で2200語といわれています。一方、中国語に限らず基礎語学は750程度の単語があれば会話が可能といわれています。つまり日本人は最低必要力の三倍近いボキャブラリーをすでに「持っている」ということができます。
チンプンカンプンが面倒な文法や発音練習にほとんど時間を使わないのはこんな理由からです。
わたくし楢崎は、実は何を隠そう、TVの中国語講座をきいて中国語を覚えました。自慢ではないけれど、専門課程はおろか第2外語ですら漢語(中国語)を学んだ覚えがありません。そんな私でもなんとか講師として皆さんの前に立つことができる。日本人にとって中国語とはそれほどなじみやすい言葉なのです。

2.中国語は「道具」?
第二外語で中国語を選択した方は経験したかもしれません。「講義のほぼほぼ半分の時間がピンイン呼ばれる中国式アルファベットの読み方に費やされてしまった。」チンプンカンプンではすでに出てきたようにひらがなカタカナで中国語の発音を表記しています。そのわけは?
ひらがな・カタカナとは当時先端技術を扱う中国語を日本語に取り込むために開発された道具であった(とチンプンカンプンでは解釈している)からです。
ひらがなカタカナは実に柔軟かつ正確に外国語の音を日本語に取り込んでしまうのは我々が日々体験しているところです。

往時の日本人はどのような思いで漢語(いまの中国語)に接していたのでしょう?おそらくですが渡来人や遣唐使・帰国留学生(空海などの僧)が語る漢語を淡々とひらがな・カタカナで書き留めて日本語に組み込んでいったことでしょう。日本人は語学と文化の媒体としての漢文読解を分離して→語学を道具として受け止めることができた。ということができます。我々が求めるものは語学の習得ではなく、「その先」にあるとチンプンカンプンは考えています。


3.発音はどうするの?→日本語の慣習を使って説明
中国語には独特の声調(四声)があって、ちょっとでも間違うと通じないと巷間言われているようです。まー(妈 麻 马 骂)とか「いやになるほど」練習させられた第2外語選択者も多いようです。
しかし、このイントネーションは中国語独特のものなのでしょうか?結論から言えば、日本語でも使い分けをしている(ただし、日本人は文法化しなかった)話です。ハシ(橋)とハシ(箸)・雲と蜘蛛。

4.課題は「語学以外の箇所」にある。
ここまで話を進めてきて皆さんはどう感じられましたか?
「じゃ、チンプンカンプンは何を教えるつもりなの?」
語学的には一見、全部解決してしまったように感じた方もいらっしゃるかと。
そうですね。チンプンカンプンがあなたにチャレンジしたい課題は語学としての中国語でなくて、あなたの話題力だと思っています。
話題力のない語学。まるでガソリンの入ってないクルマくらい無意味な存在。
これこそが日本人があっれだけ膨大な量の英語教育を受けながらついに英語が話せなかった最大の原因だからです。
チンプンカンプンではそんな日本人をそれこそ何十人何百人とみてまいりました。チンプンカンプンとは実は話題力養成講座と表現したほうが正確かもしれません。

5、インバウンドからダイバーシテイ社会へ
わが国には2千万人の観光客がやってくるようになりました。その半数以上が中華圏(中国・台湾・香港そのほか)と言われています。観光で来日したお客のほぼ8割が再来日をきぼうしているようです。
やがて日本への就職・投資・定住も視野に入ってくることでしょう。
タイランドでは年間1千万人以上の中国人が観光に訪れています。
その結果、膨大な外貨がタイにもたらされています。
タイではタクシードライバーやホテルの従業員に至るまで、「そんなにうまくない中国語」を覚えたそうです。
タイ人にできたことが我々日本人にできないはずがありません。
以下、「チンプンカンプン方式」による中国語学習のサンプルをお届けいたします。

https://www.youtube.com/watch?v=jdKq_kaXbec&feature=youtu.be
 NHK関西放映分2016年7月

https://www.youtube.com/watch?v=FKICIscYXio 日本人は「中国語が潜在的にわかる」証明。
https://www.youtube.com/watch?v=e0KuwkOYpiw
語学の前に問われる「話題力」

続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

大阪市内

価格(税込)

¥6,000(¥3,000 × 2 回)

受けたい
20人が受けたい登録しています

この講座の先生

ゼロからスタート。三か月でクロオビ実力の中国語.

1.日本人は潜在的に中国語を知っている。
チンプンカンプンはこんなスタンスでレッスンをスタートします。だから、面倒な文法は基本やりません(きっぱり!)。ピンインと言う中国式ローマ字表記もせず、ひらがなカタカナで表記しています。声調(イントネーション)は大阪弁で説明します。
「まえはあほか」(横山ホットブラザーズ出典)
2、語学は「道具」
ついでに。基礎語学は750タンゴで話せるようになる、と語学のエキスパートはみな、しっています。では日本人は何個の漢字(中国語)を知っているの?
答えは2200語。なんと、最低必要量の三倍近いボキャブラを持っているんです。(参考:中国の小学生は2300語の漢字を習います) しゃんはい、たいわん、ちんじゃおろーす。
ほいごうろう。ほかにも色々出てきそうですね。
問題は、この中国語を使って何をしたいの?
中国語講座チンプンカンプンでは、中華圏観光客のおもてなし、そして売上三割増をめざす中国語を習得していただきます。おっさんが語学できたらかっこええ!






http://www.chinpunkanpun-school... + 続きを読む

カリキュラム

  • 第1回 あなた(日本人)は潜在的に「中国語を知っている?」

    アイスブレークに代えて
    講師の自己紹介
    あなた(日本人)が知っている?中国語のボキャブラチェック

    中国人を「ぐふふと笑わせる」自己紹介(30秒コース)

  • 第2回 日本語の知識で説明する「中国語の発音」

    自己紹介の復習・前回習得した中国語単語の「たなおろし」
    高田馬場(たかだのばば)VS「タカタのパパ」→発音の仕組みから学ぶ中国語発音の基礎。
    声調(四声)イントネーションを大阪弁で学ぶ。

  • こんな方を対象としています

    まったくの中国語初心者。
    第2外語で中文を選択した方。
    麻雀が大好きな方。
    専門課程で中文を学んだけれど専門外で就職を選んだ方。
    早く中国語を習得して有利な就職先を確保したい方。
    中国圏に友人・恋人を欲しい方。
  • 受講料の説明

    受講費用には、会場費が含まれます。(消費税別途)
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    準備はとくにありません。基本週一回のセッション。
    1セッション60分の講座です。
    講師は日本人男性(楢崎)が務めます。オンラインでネイテイブのアシスタントが参加します。
    日本人が日々自然に使って居おるであろう外来語としての中国語(地名や食材・料理名など)から中国語本来の発音を習得していきます。
    日本人は2200語の漢字を「データーベース」として知っています。
    日本語のなかにある発音やイントネーションの約束事から中国語のイントネーションや発声法を習得していきます。
    750語の単語を習得できるころ、あなたは中国語で簡単な会話ができるようになっています(クロオビ実力)。
watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?