2回コース Communication2.0

本当の人間関係をつくりたい人のための講座。“Communication2.0”

こんなことを学びます

突然ですが皆さん、人間関係を良くしたいですか?
そんなの当たり前でしょう、今更何を言っているの?と思うかもしれません。


そう、当たり前すぎるくらい答えは「Yes」だからですよね。
であるなら不思議だと思いませんか?


人間関係を悪くしたい人など一人もいないのに、この世の人間関係は、こんなにも悪いということが。


小さな関係で言えば、夫婦関係・上司部下関係・友人関係・家族関係・・
大きく言えば、国家間の戦争など。毎日のようにニュースで流されるのは人間の間で起こった問題ばかり。


もちろん人類も何もしていないわけではありません。
それを解決するために様々な学問や手法も生みだしました。
心理学、脳科学、コミュニケーション学、コーチング、カウンセリング、コンサルティングetc


しかし、これら学問によって人間の関係性による問題が消えたでしょうか?
答えは「No」です。いや、むしろ学べば学ぶほど問題は複雑化し増える一方です。


コミュニケーションの目的は、そもそも相互理解であり意思疎通なのに、なぜそれが実現できないのでしょうか?何が間違っているのでしょうか?


そこには、ある一つの大きな「誤った常識」があったんです。
それが、「この世の中にはコミュニケーション能力が高い人と、低い人が存在する」ということ。また、これに連動して「この世の中には人間関係がうまくいっている人と、うまくいっていない人がいる」ということ。


??


この会では、その大きな1つの誤った常識を破壊し、本当のコミュニケーション(Communication2.0)の可能性をお伝えしています。


内容は2回シリーズになっており、論理編と体験編があります。
論理編では、今までの人間のコミュニケーション(Communication1.0)の限界とそれを起こす人間共通の仕組みを、身近な問題と繋げて解説します。


体験編ではCommunication1.0とCommunication2.0を同時に体験できるゲームを通して1.0の限界と2.0の可能性を感じていただけます。


皆さんも、「本当の人間関係をつくりたい。そのために、本当のコミュニケーションを学びたい」なら、この新しい常識“Communication2.0”に出会ってみてください(^^)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格(税込)

¥5,000(¥2,500 × 2 回)

受けたい
3人が受けたい登録しています

この講座の先生

Communication2.0

39歳、3児のパパ。結婚15年目に突入。大学卒業後、大手メーカーにSEとして勤務。その後、ITの世界に限界を感じ、セールスへ転身。通信・人材・製造業・ITのセールスを経験する。この時、顧客・社内の人間関係に限界を感じ模索していたところ、認識技術と出会う。

前職、外資系医療機器メーカー在籍時、認識技術を使って新人賞と2度のトップセールスを獲得し人生の絶頂へ・・・
しかし2016年、組織のチームプレーに限界を感じ、独立。

・・・と、エリートサラリーマンのような経歴だが、認識技術に出会ったとき長年女性を見下していた事が発覚し、上手くいっていると思い込んでいた夫婦関係が重症である事に気付く。また、トップセールスを取り、認識技術を使いこなしていると勘違いし、より職場の人間関係が悪化するなど、常に人間関係の限界に出会う。

ついに家庭・職場の人間関係、どちらも限界に達し、本気で認識技術を学び実践することを夫婦共々決断し独立。

現在は、認識技術をベースとして会社の上司・部下関係、夫婦関係、親子関係といった、あらゆる関係性を構築する土台である、Communication2... + 続きを読む

カリキュラム

  • 第1回 Communication2.0「論理編」

    論理編では、今までの人間のコミュニケーション(Communication1.0)の限界とそれを起こす人間共通の仕組みを、身近な問題と繋げて解説します。
    19:00~21:00 講座
    21:00~21:45 参加者交流タイム

  • 第2回 Communication2.0「体験編」

    体験編ではCommunication1.0とCommunication2.0を同時に体験できるゲームを通して1.0の限界と2.0の可能性を感じていただけます。
    19:00~21:00 講座
    21:00~21:45 参加者交流タイム

  • こんな方を対象としています

    ・旧来のコミュニケーションに限界を感じている方
    ・自身の可能性をコミュニケーションによって切り開きたい方
    ・無条件循環交流できるチームプレイを実現したい方
relation

関連講座