お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

【桃空Online】はじめての毛筆写経

オンライン

【秋の特別講座】般若心経・延命十句観音経で佳き時間を

こんなことを学びます

★初心者〜中級者向け★
少しずつ涼しくなってきました。
わたくし事ですが、虫の音も響く夜長には書の課題も少しずつ進めたくなります。

このコースは写経を試してみたいという方に向けて開講しています。

写経用の【小筆】と【用紙(薄紙)】、書道用の【下敷き】はお手元にご用意ください。

おすすめ用具の参照は以下に記しておきます。目安にしてください。

※【心経実践教程】
【お手本】【写経文字の書き方】【写経用紙】の三種がセットになっています。
 URL:http://u0u1.net/aWz9

※【写経用筆】お手元にあるようでしたら名前書きの小筆でOKです!
 URL:http://u0u1.net/ZqWn

そのほか、お手元には
【硯】
【固形の墨】
【水滴】
【文鎮】
【雑巾】
【そこの丸めのグラス】
【反故紙*半紙】
があるとよいでしょう。

お経を書く、ということは、

「気」を取り戻す。
集中力を高める。
悲しみや怒りから開放される。

よく、このような働きがあるといわれています。

もちろん最初から、すべての文字が書き写せなくても大丈夫です。

この時間で目指すのは、なるべく緊張から開放され、精神を落ち着けること。

講習ポイントをまとめてみました。
●【写経用の紙】は滑らかな薄紙です。
 紙面を書きやすくするためのポイントをお伝えします。
 ※ご自宅で使っているグラスやコップをご用意ください。
●写経で使うための【墨の作り方】を説明します。
●筆の使いかたの説明もします。
●過去に使った、半紙や薄紙(包装紙などのいらない紙)など反故紙に少し練習してみます。
●お経の【文字の捉え方】について説明します。
●写し取るときの【心得】と【姿勢】の取り方
●写し取っている間に【読経】し、その【内容】も説明します。

以上ですが、最初からスラスラと書けなくてもご安心ください。
写経は、心がすすんで「書きたい」と思えるようになって
そのときに書けばいいのです。

現代は忙しいので、お仕事の合間には難しいかもしれません。
そんなときでも【お経の冒頭部分】や、末尾の唱えなど、
音が耳によぎるような瞬間があれば、あなたの心は落ち着くはずです。
ぜひ、試してみてください。

その他、事前にでも終わってからでも、道具についての質問など、
お気軽にお問い合わせください。
心穏やかになれる、一時間をとも過ごしてみましょう。
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

オンライン

価格(税込)

¥2,000

受けたい
15人が受けたい登録しています

オンライン受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥2,000

オンライン受講料に含まれるもの

教材:般若心経のPDFメール添付

この講座の先生

書道師範取得・書字研究者 桃空のオンライン書道講座

毎日書道展(大字)、読売書法展(篆刻)など多数の入選履歴、日本書道教育学会・師範を持つ書道家・詩人の桃空。
活動は幅広く、フランス、ポルトガル、ルーマニア、インド、台湾などで自身の詩と書のパフォーマンスを展開している。

教室でのモットーは「毛筆で書く楽しさ」をメインにこれまで得た知識を惜しみなく伝えること。
対面にて学生、大人の書の教えのほか、常に新たな知識を蓄え「書はおもしろい!このことをみんなに伝えたい!」という意識で取り組んでいる。

研究内容は、東アジアの漢字の歴史から日本で独自に発展した仮名の歴史。
さらに、身体性と音楽性に文字との関わりについてをテーマとしている。

【桃空メソッド】
・甲骨、竹簡・木簡、隷書、行書、草書、楷書、仮名など各種
・普段書きの「名前・住所」など宛名がうまくなる
・道具の使い方、片づけ方、長持ちの秘訣を知る
・書道は身体全体を使い体幹意識
・書く姿勢を美しく、筆の動きと呼吸の意識でリラックス
・「級」や「段」、また「師範」取得へのアドバイスも
+ 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ★オンラインでつながるまでのご準備を各自でお願いいたします。
     以下、お手元に準備するもの
    ・硯(小〜中くらい)
    ・写経用筆
    ・写経紙(おすすめは以下に)
    ・固形墨
    ・雑巾(まだ使ってないもの)
    ・書道用の下敷き
    ・文鎮
    ・私が送ったPDFを出力した【お経のコピー】
    ・コップやグラスなど2種類くらいを手元にご用意ください。
    ★授業の手順
     ●【写経用の紙】は滑らかな薄紙です。
      さらに表面を自分で書きやすく摩擦をかけます。
      ご自宅で使っているグラスやコップをご用意ください。
     ●写経で使うための【墨の作り方】を説明します。

     ●次にお経の【文字の捉え方】について説明します。

     ●写し取るときの【心得】と【姿勢】の取り方

     ●写し取っている間に【読経】し、その【内容】も説明します。

    以上ですが、写経は、最初からスラスラと書けるものではありません。
    しかし一つ心得が理解できれば、どんなときもすぐに思い出せます。

    写経は、心から「書きたい」と思わせてくれる習慣になればよいのです。
    どうぞゆるやかなお気持ちで参加してくださいね。

    ★おすすめの写経用紙は【石橋犀水お手本付きの写経用紙】(神田・三多軒にて販売・電話注文+発送OR通販)のものが理想的です。
    • こんな方を対象としています

      誰もに「初めて」があります。最初からすべて出来なくてもいいのです。
      その「始めよう」という気持ちが大切です。インドからやってきたこの経典は
      サンスクリット語から訳された幾つかのパターンがあります。世界と時代を旅し続けているこの経典に思いを込めて、心の旅をしませんか。

      何回か体験したことのある方も、やってみたいけど敷居が高いと感じている方も、この機会にぜひ一度取り掛かってみてください。
      周りを取り巻くすべてのものに感謝の気持ちを忘れない。
      そんなゆったりとした気持ちになりたいときに【そうだ、写経をしよう!】
      そんな風に、ふと思い起こして、手軽にできるものとなったら嬉しいです。
      心と身体に響くこと。それが写経の素晴らしいところです。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      写経の初心者クラスをオンラインで開講しました。
      遠くに出かける機会も減って、写経の道具なども、購入が難しいかもしれません。
      けれどもどういうものかを知っておけば、今後にも役立つと思います。

      お経のコピーは、こちらから【PDFデータ】を添付でお送りしますので各自で行ってください。よろしくお願いいたします。

      写経筆がないということであれば、次回の開講のときまでにご用意ください。
      そのほか事前に質問メールをご遠慮なくいただけたらと思います。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー1

    • 楽しかった!( 1 )
    • 勉強になった!( 0 )
    • 行く価値あり!( 0 )
  • M2

    男性 50代

    この講座は「わかりやすくて、楽しくなってくる講座」でした

    今回も楽しかったです。次回もよろしくおねがいします!

  • この先生の他の講座

    3

    開催リクエスト受付中

    オンライン
    5

    開催リクエスト受付中

    オンライン コース

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?