お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

【Zoom開催】英単語は暗記しちゃダメ!”話せる”ボキャビルノート

対面 オンライン

暗記したってしゃべれない。「覚えた単語」を「使える単語」に変化させる、日本で本講座のみのボキャブラリービルディング法お伝えします!

こんなことを学びます

■使用語彙と理解語彙

これを読んでいるみなさんは、おそらく漢字の読み書きができると思います。

では、あなたは読める漢字と書ける漢字、どちらが多いですか?

答えは決まっています。
どなたでも、必ず、読める漢字の方が多いはずです。

たとえば「憂鬱」とか「薔薇」といった漢字は、多くの方が読めるのに、書けるという方はぐっと少ないですね。
インプットする(読む)のに使うだけのときと、アウトプットをする(書く)のに割く労力は、実は全然違うのです。

英単語を覚えるときにも、同じことがいえます。

インプットに使う語、つまり「読んで意味がわかる」という単語と、アウトプットに使う語、つまり「話すときに使える」単語は、ちょっと質が違うのです。

 ・読んで意味がわかる単語 = 理解語彙
 ・話すときに使える単語 = 使用語彙

多くのみなさんにとって、中高の英語の授業や受験勉強で覚えた単語は、「理解語彙」だったのではないでしょうか。



■意味を覚えてもダメ

では、理解語彙を使用語彙にしていくためにはどうしたらよいのでしょうか。
それは、「意味を暗記しよう」とするのをやめることです。

単語は、「意味」だけでなく、「機能」ももっています。
名詞には名詞の、動詞には動詞の機能があります。
そして、意味と機能は、意外に連動しているものなんですよ。
その機能の部分にも、しっかり着目することです。

でも、機能に着目って、どうやって?
その答えは、みんな辞書に書いてあります!

実は、ボキャビルノートを作るということは、正しい辞書の引き方を覚えるということでもあります。
最初はコツがいりますので、この辞書の引き方を、講座では丁寧に解説したいと思います。



■この講座でできること

前半でこのボキャビルノートのコンセプトと作り方を解説し、後半では実際にノートを作り、書いてみます。

実際にすることは、以下の通りです。

・理解語彙と使用語彙の違いを知る
・辞書の引き方がわかるようになる
・ノートに書くべき項目の選定のしかた
・使える語彙にするためのカンタンで大きな一工夫(これがポイント!)

このノートに単語を書いていくことで、確実にその単語が「使える英単語」となります。
そして、これは世界に1冊だけの、あなただけのオリジナルノートです。
あなたの言葉の世界をどんどん構築し、大きく羽ばたきましょう!



■受講した方の感想(2017年3月)

今日はありがとうございました~!
なんだか、これまで英語をやってきた長い年月のなかで、初めて英語を使えるようになるかも!と思えました。
とりあえず、ボキャビルノート頑張ります!帰りにさっそく英和辞典を買いました✨
(Nさま)

Miwa先生、今日はありがとうございました!
教えていただいた単語の覚え方は、ネイティブが話すときの発想法に近づけるのかな、という気がしました。
そして、ボキャビルノートの作り方! まさに知りたかったことでした。一回出会った単語をがっちり自分のものにする・・・。自分で書き連ねるノートだからこそ、覚えられる気がします。
がんばります。ありがとうございました!
(Mさま)



■持ち物
・新しいB5のノート1冊
・ふだんお使いの英和辞典(電子辞書、スマホアプリ可)
・フリーハンドで線を引くのがいやな方は定規

これから辞書を買うという方は、どんなものを買ったらよいかアドバイスしますので、お持ちいただかなくてけっこうです。事前にご連絡ください。


******


【この講座はZoom開催です】

・前日までにZoomをダウンロードしておいてください。
・ZoomのミーティングIDは、メッセージでお知らせします。
・レジュメは、メッセージよりPDFでお送りします。可能であれば、事前に印刷しておいてください。
・30分程度、終了時間の余裕をみていだだけるようお願いします。
・電波状況のよい、「ご自身も声を出せる場所」で受講してください。

 ご質問等は、ご遠慮なくメッセージくださいね^^
続きを読む

6月4日(木)

09:30 - 11:30

オンライン

予約締切日時

6月3日(水) 10:00

参加人数

1/5人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥3,500

最小履行人数は2名です。「前々日」までに集まらない場合、キャンセル(全額返金)となります。もっとみる
  • 6月4日(木)

    09:30 - 11:30

    オンライン

  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
366人が受けたい登録しています

対面で受講できる日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥3,500
場所 新宿・代々木

オンラインで受講できる日程

6月4日(木) 09:30 - 11:30

¥3,500
参加人数 1/5人

参加できる日程がありませんか?
先生に開催リクエストを送ってみましょう。

この講座の先生

“教える技術” をもった、本物の”英会話講師。

私は、自分が英語をしゃべれるようになったから英語を教えているわけではありません。
“教えるため” の勉強をきちんとしてきてきた、いわば “本物の” 英会話講師です。

あなたが今まで勉強してきたのに今しゃべれないのであれば、
まだ足りないものがあるのだと思います。
私は、その足りないものを埋めていくための「知識」と「技術」をもっています。

元日本語教師でもあり、日本語と英語の違いも熟知しています。
ネイティブの先生では答えられない
「なんでそうなるの?」
という疑問にも、しっかり答えていきますよ!

経歴:
大学在学中に日本語教育能力検定合格。外資系企業(ダイソン、ノキア等)で外国人社員への日本語教育に従事し、その後大手英会話スクールで一般コース、TOEIC800点コース等を担当。生徒の更新率は常に高率をキープ。早稲田大学文学学術院博士後期課程を出産のため中退。

プライベートでは、インターナショナルスクールに通う2人の小学生の母で、バイリンガル育児中。趣味は辞書集め。 + 続きを読む

  • こんな方を対象としています

    ・たくさん単語を暗記したのにしゃべれない
    ・英単語が覚えられない
    ・語彙を増やしたいけれど、どうやって勉強していいかわからない
    ・語彙力を今よりレベルアップさせたい
    ・暗記が苦手
    ・英語を基礎からきちんと勉強したい
    ・自分の言葉で話せるようになりたい
    ・ボキャブラリーを豊富にして、豊かな表現ができるようになりたい
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    初心者の方でもできる限りご対応したいと思いますが、中級~上級の方にも満足していただけるような内容になっていることをご承知おきください。目安としては、中学で勉強したことがうろ覚えだと、この講座は難しいかと思います。
※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

レビュー

  • 77
  • 楽しかった!( 32 )
  • 勉強になった!( 69 )
  • 行く価値あり!( 50 )
  • W3

    女性 50代

    この講座は「英単語講座」でした

    英単語の品詞によっての見方がわかりました。

  • W1

    女性 30代

    この講座は「語彙力の構築方法がわかる」でした

    英語は中級レベルですが、なかなか上級への糸口が見つからず、こちらのレッスンを受けました。丸暗記になっていた語彙を根本から理解するよう教えて頂いた方法でノート作りを頑張ってみようと思います。

  • W2

    女性 30代

    この講座は「やる気が出る」でした

    一週間に5個ずつぐらいでもノートに書く単語を増やしていくこと、そうやって少しずつ使える単語を増やして積み重ねていくこと、今日からがんばろう!と気合が入る講座でした。

  • W2

    女性 20代

    この講座は「辞書の使い方が分かるようになる講座」でした

    毎回わからない単語がある度に辞書をひいて「この意味かな〜」なんて見て終わっていました。
    今回初めて辞書の本当の使い方、1つの単語の深掘りの仕方が分かりました。

    英単語をたくさん覚える方法の講座ではありません!
    あとは自分の努力しだい!

  • M2

    男性 50代

    この講座は「使える英単語が飛躍的に増える講座」でした

    これまで単語帳などで意味等を暗記していましたが、先生から紹介された方法は、単に意味がわかる英単語から、使える英単語が飛躍的に増えるやり方と思いました。さらに、この方法は初級者から上級者まで、レベルに応じて活用できるのも優れた点と思います。早速、今日から実践しています。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?