台湾日月潭(リユェータン)紅茶の体験講座 お土産付き

3種類の台湾紅茶をご紹介、作り体験、飲み比べとお菓子とのペアリングなど。先生は講座のため来日、次回未定、是非、このチャンスを見逃すな!!

こんなことを学びます

 台湾紅茶の種類やお味をもっと知って頂きたいため、メーカーさんを台湾からご招待して今回の講座を行い、皆さんに台湾紅茶の歴史や台湾流紅茶の淹れ方やお菓子とのペアリングなどご紹介して頂きます。通訳さんもおりますので、是非お楽しみご参加ください。

1. 台湾紅茶の歴史
2. 紅茶3種<紅玉(ホンユュー)・ルビー・祖母緑>の作り体験と飲み比べ
3. 紅茶とお菓子<和・洋・台湾式>のペアリング体験
4. 水出し紅茶(紅玉)作り方のご紹介と試飲
5. 功夫茶(ゴンフーチャ)実演
*功夫茶とは
茶芸のひとつです。「時間と手順をかけて創り出す」ことを意味します。「功夫茶」とは、時間をかけて丁寧にお茶を淹れることです。もともと台湾のお茶に日本の茶道のような作法はなく、香りのよいお茶が広まった頃から、より一層香りと味を楽しむために発達してきた方法です。ですから「功夫茶」を楽しむコツは、なにより自分が一番心地よく味と香りを楽しむ方法を見つけることだと言えます。
(資料源:http://www.netnavi.com.tw/datas/tea001.htm
6. お土産付き: テイスティングカップ/紅玉(ホンユー)紅茶茶の葉 20g/ポストカードなど (添付写真をご参照ください)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

新宿・代々木

価格(税込)

¥3,000

受けたい
24人が受けたい登録しています

この講座の先生

石シ 茱樺ジュウハァのプロフィール写真
台湾の和菓森林(Hugosum)茶園二代目経営者

石シ 茱樺ジュウハァ

台湾の日月潭(リユェータン)にある和菓森林(Hugosum)茶園二代目経営者

創業者の茶師石朝幸氏は、1949年に台北市林口の「製茶伝習所」で日本の製茶技術を学び、1951年には故郷の「持木茶工場」に派遣され、日本の製茶技術を受け継ぎました。

一代目の誇りと製茶技術を受け継いだ二代目の石茱樺・陳彥權夫婦は、丹精込めて茶葉を生産することはもちろん、高品質な日月潭紅茶を世に広めるため、新たなスタイルの創出に力を注ぎ、2003年にオリジナルブランド「和菓森林」を立ち上げました。日本人が残した茶園で、日本製茶の伝統を守り、製茶を芸術のひとつとして捉え、アッサム茶や紅玉(台茶18号)、在来種などの茶葉を手作業で生産しています。

茶園受賞歴
2006
魚池郷濃会紅茶製茶大会――優勝。(大葉種、台茶18番)
2007
魚池郷濃会紅茶製茶大会――優勝。(大葉種、台茶18番)
2012
魚池郷濃会紅茶製茶大会――特別賞。(大葉種)
2013
魚池郷濃会紅茶製茶大会――特別賞。(台湾山茶種)
2015
魚池郷濃会紅茶製茶大会――特別賞。(大葉種、台湾山茶種)

この講座の主催団体

台湾から厳選した食品のセレックトショップ

主催団体に質問する 教室ページをみる
  • 当日の流れとタイムスケジュール

    所要時間: 約140分

    受付開始: 14:00 ~
    講座開始: 14:30 ~

    15分 ご挨拶+台湾紅茶の歴史
    20分 和菓森林(Hugosum)について
    40分 茶種のご介紹&飲み比べ
    (祖母綠/ルビー/紅玉)
    30分 お菓子とのペアリング(台&和&洋一種ずつ)       
    10分 台湾香:紅玉紅茶の水出し紅茶作り方と試飲
    15分 功夫茶実演
    10分 懇親会(Q&A+アンケート)
  • こんな方を対象としています

    どなたでもご参加できます
  • 受講料の説明

    受講料には、レッスン代、材料費、お菓子代、場所代が含まれます
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    持參品:筆記用具
relation

関連講座