インスタグラム写真教室|初心者のための反応率を高める写真の魅せ方

インスタグラムで 500いいね!を超えるために実践し、効果的だった反応率を高めるインスタグラムの使い方、写真の魅せ方

learn

こんなことを学びます

インスタグラムで フォロワー や いいね!を増やすため、またファンを増やすため、オシャレな雑貨や小物を背景に並べ、高価なカメラも買い、部屋を片付けて簡易スタジオスペースも確保。
それなのにインスタグラムのフォロワーも増えないし期待したような反応がなくてがっかり…
なんてことはありませんか?

インスタグラムの反応が少なくて困っている方におすすめの写真の魅せ方、インスタグラムの使い方です。フォロワー数が多くても反応率が低くてはファンが増えているとは言えません。

【毎日5分】続けることで、どんどん反応率が高くなってくるヒントをお伝えします。

https://www.youtube.com/watch?v=Rj92E8n9knE

有名人・著名人はフォロワー数の割に反応率が高くない、むしろ低い。フォロワー数の多い有名人・著名人の活用方法を真似てみても再現することは難しいかもしれません。
有名でなくても【反応率を意識して継続】することで【500いいね!】獲得することは不可能ではありません。

★【重要なポイントは3つ】

ポイント1:無理してはいけない
・飾るのはOK。偽るのはNG。
・頑張らない方が反応が高い?
・目指すのは「ライフスタイルをちょっとだけオシャレに」

ポイント2:印象に残る写真編集のコツを学ぶ
・1枚毎の写真編集
  # オシャレな写真より ○○○ のある写真
・アカウント全体としての写真編集
  # プロフィールで ○○○ を表現する

ポイント3:ハッシュタグの使い方を学ぶ
・ベスト9を目指そう!
・人気タグ狙いは非効率
・反応率を高めるハッシュタグの使い方

teacher

この講座の先生

畑本 伸一

デジタルな写真とカメラの悩み解消ワークショップ

写真作家、フォトクリエイター
2012年に『Pinterestビジネス講座』共著。《略歴》大阪市出身。京都市在住。グラフィックデザイン事務所で約10年広告制作。テレビCM・ポスター・新聞広告3部門京都広告賞金賞。2001年Webデザインで独立。現在、写真作家、フォトクリエイター、写真... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <セミナー:約30分>
    インスタグラムで 500いいね!を超えるために実践し、効果的だった反応率を高めるインスタグラム写真の魅せ方。毎日5分続けることで、どんどん反応率が高くなってくるヒント。
    ★【重要な3つのポイント】
    ポイント1:無理してはいけない
    ポイント2:印象に残る写真編集のコツを学ぶ
    ポイント3:ハッシュタグの使い方を学ぶ

    <ワークショップ:約60分>
    1:ライフスタイルキーワードを見つけ出そう。
       あなたが毎日、目にしているモノ、コト。
    2:検索して見よう。
       ベスト9を狙えるハッシュタグは?
    3:写真を探してみよう。
       スマホの写真から、ハッシュタグに合った写真を選ぶ。
    4:写真編集してみよう。
       ○○○を意識する。
    5:ハッシュタグを付けて投稿しよう。
       投稿後にする反応率を高めるおまじない。
  • こんな方を対象としています

    <インスタグラム入門者・ハンドメイド初心者作家さん>
    ・登録したけど何から始めれば良いのかわからず困っている方。
    ・とりあえず始めてみたけど活用方法がさっぱりわからない方。
    ・いいね!がなかなか付かず寂しい思いをしている方。
    ・完璧写真と思ったのに「いいね」が100以下でがっかりしたことがある方。
  • 受講料の説明

    受講料には、レッスン代、場所代が含まれます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    <持ち物>
    スマートフォン(iOS or Android)、充電ケーブルもあると安心です。
    講師は iOS版 のインスタグラムアプリを使用して解説します。Android版 でも参加可能ですが操作画面や方法が多少異なる場合がございます。ご了承願います。

    【!!!重要!!!】
    ※当日、無料SNSアプリ「インスタグラム」を使って作業を行います。
    ※事前にダウンロード、アカウント登録・設定をお願いします。
    (当日にインストール及びアカウント登録をする時間はありませんので事前に宜しくお願いします。)

    ※同業者の方(マーケティングセミナー講師、コンサル業)のご参加はご遠慮くださいますようお願いします。