実践IoT講座 ESP8266xDHT11(温湿度センサー)編

今最も熱いIoTコントローラーのESP8266と温度・湿度センサーのDHT11で、Webページに温度と湿度を表示するまでを学ぶ実践講座です!

learn

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>
IoT機器を作ってみたい方の為に、安価なWiFi付きマイコンのESP8266を使ったIoT温度・湿度計の自作方法と、クラウドサービスを利用した活用までの一連の流れを学びます。
・ESP8266搭載ボード(WeMos D1 mini)の使い方
・Arduino IDEを使ったプログラミング方法
・IoT向けクラウドサービスMilkcocoaの活用方法
・センサー情報をWebページに表示する方法

私のブログの次の記事で説明しているプログラムをベースに、WeMos D1 miniとDHT11シールド用に修正したプログラムを使用します。
・WIO NODEとDHT11とバッテリーでNTPとDeep Sleepを駆使しMilkcocoaを経由して外の温度と湿度をWebページに表示する
http://intellectualcuriosity.hatenablog.com/entry/2017/03/31/154444

<こんなことが出来るようになります>
・IoT温度・湿度計を作って、Webページにデータを表示させる事ができます。
・レッスン体験後はオリジナルのIoT機器開発に取り組めるようになります。

<こんな風に教えます>
プロジェクターに表示した私の操作方法を見ながら、自分で操作を行います。

<持ち物>
開発環境のArduino IDEをインストールするためのモバイルで使用可能なPCをご持参下さい。(USB2.0かUSB3.0のあるPC)
PCにはWindows、Mac、Raspberry Piなどが利用できます。(私はRaspberry Piです。)
講座で使用するWeMos D1 miniとDHT11シールドは私が用意します。講座終了後にお持ち帰り頂いても構いません。
6人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:秋葉原・御茶ノ水

    受講料:¥ 5,000

伊藤 浩之 さんの他の講座

teacher

この講座の先生

伊藤 浩之

IoTクリエイター

WiFi付きArduinoマイコンのESP-WROOM-02やRaspberry Piを使ったIoT機器とクラウドを組み合わせて、生活を便利にするサービスや面白いモノを作っています。
1994年に実施された情報処理技術者試験の初代ネットワークスペシャリストで、IT系の資格を20種類以... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    レッスン時間は2時間を見込んでいます。

    60分 Arduino IDEの開発環境構築とライブラリの追加
    30分 ホームページに温度と湿度を表示させる
    30分 プログラムの説明
  • こんな方を対象としています

    何らかの言語を使用したプログラム経験がある事を推奨します。
    電子工学の知識は必要ありません。
  • 受講料の説明

    受講料にはレッスン費、会場費が含まれます。他に必要な費用はありません。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ノートPCの場合はバッテリーが無くなってしまう可能性があるので、ACアダプターを忘れないようにお願いします。