【7つの習慣(R)実践会】書籍とワークで7つの習慣を実践する!

一人ではなかなか読み切れない「7つの習慣(R)」を実践会ファシリテータと共に読んで実践できるので、挫折しません。

こんなことを学びます

 <7つの習慣(R)実践会 福岡>

コーチ 松本秀幸のファシリテーションによる「「7つの習慣(R)実践会」

世界で3000万部、日本でも200万部以上の人に影響を与えた書籍『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』 をテキストにして学び、実践する読書会です。

事前に読んで、一緒に読んで、ワークをやって、シェアをする

そして「実践すること」にフォーカスして行います。
7つの習慣(R)初心者の方も大歓迎!お気軽にご参加ください。


【ファシリテーター】7つの習慣(R)実践会ファシリテーター 
7つの習慣(R)との出会いなどのインタビューも受けてます。
http://7habits.ac/?p=909

<予定>
・5月25日(木) 第1の習慣「主体的である」 (終了)
・6月15日(木) 第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」
・7月20日(木) 第3の習慣「最優先事項を優先する」

********************************************************
【よく聞かれるご質問】
<教材について>
2013年に新しくなった『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』を使用します。
おすすめはオーディオブック付きです。オーディオブックで耳から学ぶことができます。また、付録にミッションステートメントの書き方が掲載されています。
『完訳 7つの習慣 人格主義の回復 オーディオブック付き 』http://amzn.to/1Y8ev1X
または、『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』http://bit.ly/bkj_7hbts

<12回のうちどの回の実践会から参加しても良いですか?>
はい。途中の会からの参加でも良いです。
大切なのは実践する意欲を持っていただければサポートいたします。
<参加前の準備は必要ですか?>
必ず書籍を準備していただき、指定箇所に目を通しておくことをが必要です。
準備した分だけ、向き合った分だけ、実践した分だけ、結果が得られます。

<12回の内容を教えてください>
01 基礎原則1「 パラダイムと原則 インサイド・アウト」
02 基礎原則2「パラダイムと原則 7つの習慣とは」
03 第1の習慣「主体的である」
04 第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」
05 第3の習慣 「最優先事項を優先する」
06 「相互依存のパラダイム」
07 第4の習慣「Win-Winを考える」
08 第5の習慣1「まず理解に徹し、そして理解される 1「まず理解に徹し」編」
09 第5の習慣2「まず理解に徹し、そして理解される 2「そして理解される」編」
10 第6の習慣「シナジーを創りだす」
11 第7の習慣 「刃を研ぐ」
12. 年間計画


【参加者の皆様の声】
☆基礎原則1
今日学んだことは何ですか?
「全ては自分の内側からということです。なので何が起こってもまずはその出来事に色をつけず。事が起こっただけと捉えて、自分で反応を選びたいと思いました。そしてその反応がなるべくpositiveなものにできるように少しずつ変えていきたいと思いました。」
今日の感想を自由にお聞かせ下さい。
「内容が濃いのですぐに忘れてしまう可能性も濃いなぁと思いました。(笑)でもこれが自分の細胞レベルまでしみ込むくらい読んでいくと人生が変わるのは間違いないと思います。」

☆基礎原則1
今日学んだことは何ですか?
「状況を変えるには自分が変わらなければならない。また、正しい地図を作成する必要がある。」
今日の感想を自由にお聞かせ下さい。
「もっと事前学習をしてくるべきであったと反省。貴重な時間の半分を無駄にしたと共に、残り半分で貴重なものっを手に入れた。今度は半分のムダをなくすよう事前学習をきちんとしたい。」

☆基礎原則2
本を読んでいただけでさらっとしていた内容が、実践会に参加する事でさらに理解が深まり、自分自身の考えをまとめる事が出来ました。また皆さんと一緒に学ぶ事でいろんな意見がシェア出来て、新しい発見もあり参加して良かったです。
ありがとうございます!

☆基礎原則2
みなさんのシェアを聞くことで、理解していたつもりになっていることに気づかされました。P/PCバランスは普段意識できると生産性が上がるような気がします。今の自分の行動が、PなのかPCなのか曖昧なままなのが、混乱を招いて思うように行動ができないひとつの理由だと気づきました。これからはそこを意識して行動していこうと思います。大変勉強になりました。ありがとうございます。

☆基礎原則2
世の中に色々なセミナーや実践会があると思いますが、扱っているものも、ファシリテーターも両方素晴らしいというものはなかなか無い中、松本さんの実践会はこの二つが揃っていて、参加する度に本書の理解が深まり、同時に大きな気づきがあります。また、本書に準拠しつつ、色々な視点からの質問やディスカッションをしていただけるので、自分で読んでいただけでは得られなかった様なアイディアもでてきます。今回も参加することができて、本当に良かったです。

☆第1の習慣
今後自分がファシリテーターを行うにあたり、勉強させていただくつもりで参加しましたが、普通に楽しんでしまいました。
ファシリテーターとしてのコメントと、ご自身の感想・気づきを明確に分けて、受講生にもそれがわかるように発言されている所がためになりました。
Zoomでの実践会は初めてでしたが、自宅でできる手軽さ、顔が見えない気楽さ、使いこなせれば非常に有効だと思いました。たくさんの学びをありがとうございました。

☆第1の習慣
本を読むだけではあくまでもインプットの効果しか得られないと思いますが、こうして実践会に参加し自分の考えをアウトプットする機会を頂くことで、理解が何倍にも深まったように思います。また、同時に自分自身の現在の状況を客観的にふりかえる貴重な機会になったとも感じています。非常に勉強になりました。ありがとうございました。

☆第2の習慣
今回は第2の習慣の終わりを思い描くことから始めるに参加しました。
なかなか終わりを思い描くことができませんでしたが、決める決めないの話であって、できるできないの話ではないということが腑に落ちました。
どうありたいか、どう生きたいかを決める事と、実際にそれができるのかどうかは別の話であって、そこをわけて考えることが大切だと思いました。時間を取って自分のミッション・ステートメントを作ってみようと思います。一人で本を読んだだけだと、わかったつもりになってしまい、実践までつなげるのが難しいけど、こういう人と話し合う機会があることは本当に貴重だと思います。今日もありがとうございました。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

西新・姪浜

価格(税込)

¥4,860

受けたい
9人が受けたい登録しています

この講座の先生

国内独学でTOEIC満点!英語学習マスターコーチ

コーチ&著者
1969年1月生まれ、広島県呉市出身
22年間の日本航空勤務後に2012年2月にコーチとして独立
沖縄移住し、その後現在は福岡に拠点に活動
北海道から沖縄まで全国のクライアントをサポートしている

・ウェルスダイナミクス・シニアトレーナー
・7つの習慣(R)実践会ファシリテーター
・TOEIC(R)L&Rテスト満点(990)、英検1級、仏検準1級、中検2級
■著書
『スマホ3分英語学習法』(秀和システム)
『TOEICテスト 満点コーチング』(PHP研究所)
『英語は図で考えなさい』(フォレスト出版)
『今からでも英語ができる人になる英語勉強法100選』(ディスカヴァー21)
『iPhone英語勉強法 書く・話すレーニング』(日本実業出版社)
『iPhone英語勉強法 多読&多聴トレーニング』(日本実業出版社)
『iPhone英語勉強法 スキマ時間で英語力を上げる55の技』(日本実業出版社)



■メディア掲載
 週刊ダイヤモンド、日経ビジネスアソシエ、日経トレンディ、プレジデント、The21、English Journa... + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    18:30 開始
    下記の項目について読んで気づきをシェア、ワークして気づきをシェア
    21:30 終了
  • こんな方を対象としています

    7つの習慣(R)を実践したいけどなかなかできない。
    あの厚い本を読み切れてない。
  • 受講料の説明

    受講料には書籍が含まれてません。別途ご準備ください。
    ①『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』http://bit.ly/bkj_7hbts または
    ②『完訳 7つの習慣 人格主義の回復 オーディオブック付き 』 http://amzn.to/1Y8ev1X
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    事前に書籍を入手して、範囲を読んでください。
    基礎原則1「パラダイムと原則 インサイド・アウト」P 1- 46
    基礎原則2「パラダイムと原則 7つの習慣とは」P 47- 70
    第1の習慣「主体的である」P 73- 113
    第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」P 115- 190
    第3の習慣 「最優先事項を優先する」P 191- 249
    「相互依存のパラダイム」P 251- 284
    第4の習慣「Win-Winを考える」P 285- 335
    第5の習慣1「まず理解に徹し、そして理解される 1「まず理解に徹し」編」P 337- 371
    第5の習慣2「まず理解に徹し、そして理解される 2「そして理解される」編」P 371- 379
    第6の習慣「シナジーを創りだす」P381-419
    第7の習慣 「刃を研ぐ」P423-456
    年間計画


この先生の他の講座

お探しの講座が見つかりませんでしたか?