90日でブレイクのキッカケを作るメディアPRの技術

なぜ、あの人には、マスコミ取材が殺到するのか?小さな会社や個人でも、 広告費0円で取材が殺到するマスコミデビューの秘訣

learn

こんなことを学びます

***********************************
独立してしばらくは、友人や知人でさえ、見向きもされませんでした
でも私が、テレビや新聞、雑誌に取り上げられたとたん、
みんなから、「すごいね!」と言われ、一目置かれるようになったんです!
***********************************

もしかしたら、あなたはすでに、仕事上で一目置かれる存在なのかもしれません。
お客さんからも、感謝されていると思います。

でも、「もっと、世間から認められたい」と思っているかもしれません。
それは、毎日の仕事の中だけでは満たされず、
ホームページやブログ、FacebookでPRしたり、広告を使って宣伝をするだけでは、限界を感じているのではないでしょうか?
できれば、日本中、あるいは世界中から問い合わせが入り、もっともっとたくさんの人に頼りにされ、家族や友人からも「すごいね!」と認められたいはずです。

でも、何も変わらず、今のまま仕事を続けても、変わり映えがしない・・・
もっとワクワクするような毎日を送りたい!

実は、そう感じているのは、あなただけではありません。

そこで今回、あなたのように、「もっと知名度をあげて、世間の注目を浴びたい人」が、テレビや新聞、雑誌に取り上げられて、ブレイクするキッカケを作るための、「メディアPR」を実践する講座を開催します。

きっと、あなたのお力になれると思います。

あなたも、この講座に参加してみませんか?

**************************
テレビや新聞、雑誌に取り上げられると、「ブレイク」のキッカケを作ることができます。
**************************

あなたも、テレビや新聞、雑誌で、爆発的にヒットした商品や、一気にブレイクした著名人を見たことがあると思います。

例えば、「マツコ・デラックス」さんは、代役として出演したテレビ番組をキッカケに、じわじわと人気が出て、今や、見ない日は無いというくらい、いろんな番組から引っ張りだこですよね。

他にも、「片付けコンサルタント」で有名な、「こんまり」こと近藤麻理恵さん。
彼女は、「人生がときめく片付けの魔法」という本を出版して、それが新聞などに取り上げられたのがキッカケで、一気にブレイクしました。

さらに、アメリカの雑誌「TIME」で、「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれ、日本だけでなく、世界でもその名前が知られるようになりました。

また、教育評論家の「尾木ママ」こと尾木直樹さんも、あの独特なしゃべり方が話題を呼び、初めはバラエティ番組に出演することが多かったですが、教育評論家として、一目置かれています。

このように、「ネットの時代」と言われる現在でも、テレビや新聞、雑誌の影響力は大きく、マスコミに取り上げられたことがキッカケで、ブレイクすることができるのです。

さらに、「メディアの連鎖」も起き、マスコミで取り上げられた人や商品が、ネット上でも話題になることはよくあることです。

ですから、名前も知られなかった人や商品が、マスコミに取り上げられ、知名度をあげることは十分に可能なのです。
つまり、あなたにもチャンスは、十分にあるということです。

**************************
どうすれば、テレビや新聞、雑誌に取り上げてもらうことができるのか?
**************************

詳しくは、講座の中でお話ししますが、「プレスリリース」という方法で、マスコミに取り上げてもらうことができます。

「プレスリリース」とは、マスコミに「話題を提供するために送る情報」のことを言います。
簡単に言えば、「私は今、こんなことをしていますよ~。もし興味があれば、取材に来てくださいね。」と、記者にお知らせするものです。

マスコミは、常に「話題」を探しています。
ですから、こちらから「プレスリリース」を使って、話題を提供し、その話題を取り上げてもらうわけです。

記者は、足で稼いで話題探しをすると聞きますが、実は、記事の8割~9割は、「プレスリリース」から得た情報によって取材をしているのです。
(※新聞社に勤めていた義理の父から聞きました。)

ですから、「記者が取材したくなるようなプレスリリース」を送りさえすれば、あなたもメディアに取り上げてもらうことができます。

**************************
講座中に、取材依頼が入るかもしれません。
**************************

今回の講座では、この「プレスリリース」を実際に作って、可能であれば、マスコミ各社に送るというところまでやります。

ですから、取材担当者に興味を持ってもらえれば、すぐにでも取材依頼が入ります。

もしかしたら、講座が終わる前に、取材依頼の電話が鳴るかもしれませんし、翌日にも記者から連絡が来るかもしれません。

プレスリリースを送るところまでは行かなくても、「プレスリリースの原案」は作りますので、「あとは送るだけ」という状態まで、講座の中でワークを行います。

きっと、あなたのお役に立てるはずです。

あなたもこの講座に参加しませんか?
お待ちしています!

◆持ち物◆
筆記用具、ワードが使えるノートPC

◆定員◆
基本 5名
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

天神・大名

価格(税込)

¥5,000

受けたい
14人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

電子出版で知名度をあげる『ブランディングマスター』

電子出版プロモーションの専門家。

特に、マーケティングと電子書籍を使った情報発信力強化を得意とする。

1978年6月生まれ。
旧九州芸術工科大学(現九州大学 芸術工学部)卒業後、大分の家具メーカーに就職。
設計もしながら職人としても活躍。営業や現場管理など様々な仕事も経験する。

その後、父が共同経営していた事務機販売会社に、営業マンとして入社。
入社1年目にして、メーカー主催の全国ルーキーコンテストにて、全国販売実績第2位を獲得。
営業職一筋で、販売促進やマーケティングを学びながら10年間勤務。

退職後、マーケティングコンサルタントとして独立。

また、NPO法人の理事、一般社団法人の理事を務め、広報を担当。広報雑誌や書籍の編集に深く携わる。

また、電子書籍の出版にも精通し、エストリビューター(総合電子出版代理人)としてもキャリアをスタート。

企業や経営者、士業やコンサルタントを中心に、電子出版によるパーソナルブランディングや集客、販売促進の支援をおこなっている。 + 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    1.「取材ネタ」を作ろう!
    当然ですが、「取材したい!」と思ってもらえるようなネタでなければ、取材以来は来ません。
    ここでは、アイデアの出し方から、ネタの作り方、どんなことを、どう書けばいいのか?詳しく解説します。

    2.プレスリリースを書いてみよう!
    取材依頼が来る、魅力的なプレスリリースの書き方をお教えします。
    また、思わぬ形で記事にされることを防ぐ方法についてもお伝えします。

    3.取材に来てもらおう!
    記者や編集者に取材に来てもらう方法について解説します。
    プレスリリースの出し方や、タイミング、送り先の取得方法をお教えします。

    4.取材の受け方をマスターしよう!
    取材を受けると緊張しますよね。
    カメラがあるとなおさらです。
    そこで取材当日に、緊張しないための準備について解説します。

    5.実際に、取材ネタを作ろう!
    参加者には、各自ワークをやっていただきます。
    「魅力的な取材ネタ」を作って、即プレスリリースしましょう!
  • こんな方を対象としています

    ・もっと知名度をあげたい、講師、コンサルタント、コーチ、セラピスト
    ・お店の集客に悩む、店舗経営者
    ・セミナーやイベント企画をしていて、集客に不安のある方
    ・ホームページのSEO対策が上手くいかない方
  • 受講料の説明

    受講料には、講座に必要な費用は全て含まれています。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ・当然ですが、マスコミへの顔出しがNGという方には向きません。
    ・実際に、「やらない人」は参加しないでください。
    ・高確率でマスコミから取材依頼が来ますが、どなたでも100%取材依頼が来るとは限りません。

    もちろん、個別にサポートさせていただくこともできますので、安心して参加されてください。

    その他、不安な点、疑問点などございましたら、何でも構いませんので、遠慮なく聞いてください。

more

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています