未來創造型ワークショップの作り方を学ぼう

〜SCoP とSPACEでプロセスをデザインする〜 ホールシステム・アプローチに共通するプロセス・デザインの考え方で未来を創造する

こんなことを学びます

 様々なステークホルダーが集まって、ありたい未来の姿について共有し、それを実現する方法を話し合うことが、ワールド・カフェ、OST、AI、フューチャーサーチなどのホールシステム・アプローチに共通した考え方です。ですから、ホールシステム・アプローチは、未来創造型のワークショップだと言えます。
マインドエコーは、そのホールシステム・アプローチに通貫するプロセスの考え方をモデル化して「SPACE」と名付けました。
SPACEは次の5ステップからなっています。

Set context (企画・準備する)
Prepare for shift (発想を転換する)
Aspire to positive future (理想的未来を思い描く)
Craft strategy (戦略を立てる)
Enact change (未来を生きる)

ホールシステム・アプローチの各手法で行われている個々のワークは異なりますが、いずれも上記のステップに対応したものになっています。言い換えれば、未来創造型ワークショップを企画しようとするならば、SPACEプロセスというテンプレートを思い浮かべて、その時々の目的や状況に合わせてプロセスを設計すれば良いことになります。

今回は、一般的なワークショップの基本構造を示す「SCoPモデル」と、未來創造型ワークショップのプロセスデザインのための「SPACEモデル」について解説し、その応用方法について探求します。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格(税込)

¥2,000

受けたい
2人が受けたい登録しています

この講座の先生

組織活性化コンサルタント、愛称「ご隠居さん」

組織活性化コンサルタンティング・オフィス「マインドエコー」代表。大手通信会社の役員を経て独立。「学習する組織」の経営哲学と、それを実現するためのワークショップ手法としての「ホールシステム・アプローチ」を活用して組織変革コンサルティングを提供している。
企業やまちづくり、医療、学校など幅広く活用されている「ワールド・カフェ」という対話の手法の関連書籍の翻訳や執筆をしたことから、ワールド・カフェを日本に紹介した一人として知られている。
人材開発、組織開発、マーケティング、マーケティング・リサーチ、ビジネス・インテリジェンス、国際ビジネスなど幅広い専門分野に精通している。
現在は、これまで40年間のビジネスマン生活の中で蓄積した知識や経験、ノウハウを若い世代に伝えるために「ご隠居さんから学ぶ」シリーズの講座も展開している。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    10分 イントロダクション&チェックイン
    20分 解説⑴ 未來創造型ワークショップSPACEの背景
           ・診断型アプローチと対話型アプローチ
           ・学習する組織とホールシステム・アプローチ
           ・機械論的世界観と生命論的世界観
    10分 ダイアログ⑴
    20分 解説⑵ SPACEの概要
           ・特徴
           ・応用分野
           ・ホールシステム・アプローチとの関係
           ・組織開発ワークショップの基本構造とSCoP
    10分 ダイアログ⑵
    20分 解説⑶ SPACEの各段階の進め方
           ・Set context (企画・準備する)・Prepare for shift (発想を転換する)
          ・Aspire to positive future (理想的未来を思い描く)
          ・Craft strategy (戦略を立てる)
           ・Enact change (未来を生きる)
    20分 ダイアログ⑶
    10分 チェックアウト&クロージング

    終了後に希望者による懇親会があります。
  • こんな方を対象としています

    経営企画、人材育成担当者
    経営トップ
    まちづくりワークショップのファシリテーター
    組織開発コンサルタント
  • 受講料の説明

    講師料と会場費を含みます
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    参加申込者には、教材ファイルをお送りしますので、当日はプリントアウトして持ってきてください。

この先生の他の講座

3

開催リクエスト受付中

relation

関連講座

お探しの講座が見つかりませんでしたか?