エリクソニアン・アプローチ〜初級編〜

20世紀最高の心理療法家の関わり方から学ぶ 、 『他者への影響力を高める』10の方法

  • 開催回数

    0
  • 受けた人

    0
  • 受けたい人

    11
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます

20世紀最高の心理療法家 ミルトン・エリクソンの
他者に影響を与える関わり方 から 学ぶ 2daysワークショップ のご案内です。

【ミルトン・H・エリクソンとは】
ミルトン・エリクソンは、臨床催眠の使い方に関しては20世紀随一の権威でした。また、医師としてさまざまな症例を治癒し、20世紀最高の心理療法家と言う人もいます。
『催眠』は、かつてメスメルやスヴェンガリなど、さまざまな誤用、誤解があり、
精神医学の父であるフロイトが放棄したことで、西洋では医学の分野から
追い払われたかのように見えた無意識を活用する技術を、
エリクソンは治療的催眠として高度に洗練させ、
彼の好奇心に溢れた催眠の科学的探究の結果、
医学界にその効果を認めさせるのに重要な役割を担った存在です。

80歳でなくなるその日まで300本を超える催眠に関する論文を書き、
3万人を超える被験者に催眠を行ったとされています。
また、数多くの弟子やフォロワーを生んだことでも知られています。

エリクソンは、単に医者として学術的に貢献しただけではありません。
『傷ついた治療者』と呼ばれ、自らが様々な障害を持って生まれ、
そしてポリオによる全身麻痺からの回復、人生の後半での後ポリオ症候群など
厳しい身体症状と共に生きることを通して、
「生きる勇気とは何か」、「あきらめ」という枠組みからの解放という
多くの人々を奮い立たせる生き方を私たちに教えてくれています。

彼はさまざまな催眠的技法を編み出しましたが、中でも患者の症状を利用する方法や、患者の関わり方までも活用する許容的で、直接指示をせずに緩やかに催眠に誘導し、治癒を導き出す「間接誘導」に彼自身の症状、人生との関わり方が強く現れています。

彼の存在はとても大きく。彼の死後、かつての弟子や
新たなフォロワー達が次々と精神医学や心理療法に新しい流れを生みだしています。

このワークショップは、エリクソンの使っていた効果的な言語の使い方が、
社会心理学者 によって 影響があると言われている
『影響力の武器』や『ファスト&スロー』などで述べられているようなことと、
どのように関係しているのか を紐解いた上で、
それぞれ10個のエリクソンの考え方について、
日本では書籍化されていないようなものを皆さんに紹介しつつ、
とても自然でありながら、大きな変化を促すスキルを学んでいきながら、
学んでいるご自身 が 成長しながら変容していくワークショップです。

このワークショップの特徴のひとつは、
今までにない側面からのアプローチである、
行動心理とエリクソンの間接誘導についての考察も行っています。

エリクソンの間接誘導がなぜここまで効果的なのかということを、
ここ最近明らかになりつつある社会心理学や行動心理の研究と重ね合わせることによって、その価値を計ろうというものです。

なぜ人が動かされるのか?という、社会行動や影響の原理を研究した

全米で大ベストセラーとなったR.チャルディーニの著書『影響力の武器』などにより、効果の上がる対人技術は、近年私たちの目にも届くようになっています。

例えば『フット・イン・ザ・ドア・テクニック』と呼ばれる承諾テクニックや
『返報性の原理』、『社会的証明の原理』などは、
社会心理学者が研究や実験を重ねて一つの法則として確立する前に、
エリクソンは既にクライアントに対しての関わりの中で使っていたのです。

「できるようになる」というプロセスが、
達成と充実を深く味わえる瞬間 だと神さんは言います。

方法論やスキルを地に足をつけて使いこなせるようにすることをとても大切にされています。

今回学ぶエリクソンの間接誘導パターンは、
今までミルトンモデルなどで解説されてきたような
さまざまな要素の言語パターンが混在するようなものではありません。

エリクソンが使っていた、クライアントへの3つ表現方法と
誘導が自然と深まる 文と文の 特徴的な3つ繋げ方 を学び、
2日間でそれが 使いこなせるようになることが目的です。

これを学ぶことによって、今までクライアントに使っていた 半分の言葉の量 で、クライアントを より深いトランスに誘導 することが出来るようになります。

例えば、今まで5分程度しか誘導文を話せなかった受講者も、
2日間が終わる頃には、その3倍の 約15分間 を

目の前のクライアントの状態を活用するというやり方を使った間接誘導を行うことが出来るようになります。

神さん曰く、
「このワークショプは、あなたを明日から影響力の達人にするものではありません。
また、あなたが上手く出来ないところを見つけて、
それを矯正し、『正しい一つのやり方』の型にはめるものでもありません。

このワークショップは、あなたの中にある、
あなたがまだ気づいていない感覚の豊かさをほんの少しだけ開いて、
そしてあなたが人に何かを伝える時に使って来たしぐさや言葉の使い方を
ほんの少し変えることで あなたらしいやり方で、
今までとは異なるコミュニケーションの取り方が出来るようになる…
そんなワークショップなのです。」

【具体的にこのワークショップで手にはいるもの】
□ 言葉は変えずに、影響力を全く違ったものにする非言語の使い方
□ 直接指示することなく、間接的に人の中で行動が生まれるような言葉使い
□ ほんの少しの違いで、聴き手のイメージをガラリと変える言い回し
□ 正式なトランスを使わず、聴き手の内的体験を引き出す方法
□ NLP のミルトンモデルが、会話の中で効果的に使える方法
□ ミルトン・エリクソンが使っていた、効果的な言語の使い方
□ 聴き手の感情を掴む「聴き方」の技術
□ エリクソンの秘蔵映像で見る、本物の誘導のリズム、間、声の使い方

…です。

このトレーニングでは、
パターンの中にある一定の作り方を見えるようにし、
そのプロセスを楽しんで味わいながら、 ワークショップの中では、
使える確信を持つことができ、
ワークショップの外のあなた自身の現実世界で活用したくなる
更なる実践と探究の道を共に歩んで行こうとするあり方とそのメソッド/方法論です。

NLPを深く探究してきた体験に基づく、
人の好奇心と探究心を掘り起こすトレーニングが定評!

とても和やかに、楽しい場になると思います♪

興味を持たれた方、何か響くものがありましたら ご一緒しませんか?

この講座の先生

神 崇仁
WEB

神 崇仁

『しぐさ』と『コトバ』、プレゼンテーション研究家

 神 崇仁(こう たかひと)

「ことば」と「しぐさ」の持つ影響力の研究を通して、人間の意識の成長を促進する、「セルフリーダーシップ」開発トレーナー。

日本最大手の百貨店グループでの経営企画職を経て、その後百貨店時代の元上司で現参議院議員の故藤巻幸夫氏...

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数5

教えた人数6

こんな方を対象としています

言葉の持つ多様な影響力を熟知して、
クライアントの気持ちや抵抗さえも取り込んで行くことで、
内側に備わっている望ましい変化の種を ゆるやかに芽吹かせる
言葉の使い方を身につけたい方へ

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:大阪市

    受講料:¥ 86,400

この講座の関連ツイート

神 崇仁 さんの他の講座

Page Top