ミラーレス撮影モード入門|A、S、Pモード撮影体験会

撮影モードA、S、Pには意味がある。違いがある。使いこなすともっとカメラが好きになる。撮影スタジオで体験してみませんか?

learn

こんなことを学びます

撮影スタジオで体験!

一般的なミラーレス一眼カメラには、撮影モードダイヤルが付いています。メーカー毎に違いはありますが、M、A(Av)、S(Tv)、P、AUTOの5種類は備わっています。

Mはマニュアル撮影、A(Av)は絞り優先、S(Tv)はシャッタースピード優先、Pはプログラムオート、AUTOは全自動のオート撮影です。

常に[AUTO]にしていませんか?
[AUTO]に満足してますか?
[AUTO]モードを卒業しませんか?

被写体の特徴や環境条件で得意な撮影モードがあります。全てのモードをマスターするのがベストです。でも始めから全て使いこなすのは難しい。

ひとつずつ覚えていきます。どういう順番で覚えるかが大切です。AとSはどちらから学んでも大差はありません。PモードはAとSを理解してからがオススメです。

当体験会では、A、S、Pの3つの撮影モードを体験していただきます。ご自分のミラーレス一眼カメラを使って実際に操作しながら撮影していただきます。撮影する被写体をご持参ください。大きな物、壊れやすい物、飲食物は不可です。手の中に収まる程度の小さな物でお願いします。

撮影モードを使いこなせることができれば、撮影がもっと楽しくなります。どんどん撮りたくなってきます。

たくさんの写真を楽しく撮り続ける事。
それは写真上達の1番の近道です。

ミラーレス撮影モードを撮影スタジオで体験してみませんか?
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

烏丸・四条

価格

¥5,000

受けたい
22人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

カメラと写真を楽しむヒント

フォトクリエイター
フォトマスター検定1級
ビジネス著作権検定 上級
共著:Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)

インスタグラム、note.mu をメインに情報発信をしています。インスタグラムのフォロワーは 3,600人超、最高いいね数は 1,100件超。

京都市在住。大阪市出身。グラフィックデザイン事務所で約10年広告制作。テレビCM・ポスター・新聞広告3部門京都広告賞金賞。2001年Webデザインで独立。

2012年からインスタグラム、スマホ撮影やミラーレス一眼デジタルカメラの初心者向け講座を開催。

2016年9月、世界最大のハンドメイドマーケット「Etsy」の2日連続セミナー<東京>でゲスト講師。

JEUGIAカルチャーセンター、ストアカなどで開催のお知らせをしています。ストアカでは希望者からの開催リクエストも受け付けしています。

セミナー開催実績は、WEBサイトをご覧ください。

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    1:自己紹介タイム
    - ミラーレス一眼カメラをどんな事に活かしたいですか?
    - ご持参の小物の紹介(又は今後撮りたいモノ)
    - 本日の目標など…

    2:体験タイム
    - 撮影モード[A|S|P]の説明
    - A:絞り優先モード体験
    - S:シャッタースピード優先モード体験
    - P:プログラムオートモード体験
  • こんな方を対象としています

    <ミラーレス一眼カメラ初心者の方を対象にしております>
    ○カメラの基本的な操作方法を知りたい方
    ○自分のカメラの設定がどうなっているかよくわからない方
    ○自分のカメラで何ができるのかわからない方
    ○絞り優先オート撮影が初めての方
    ○絞り値とシャッタースピードの関係がよく分からない方
    ○露出補正ってなんのためにやるの?という方
    ○どうすれば背景をボカせるの?という方
    ○どうすれば明るく撮れるの?という方
    ○どうすれば狙ったモノにピントを合わすことができるの?という方
    ...
    初心者の方に限らせていただいております。カメラ経験の長い方やプロ、セミプロ、ハイアマチュア フォトグラファーの参加はご遠慮いただきます。ご理解ください。
  • 受講料の説明

    参加費には、レッスン代、場所代が含まれています。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    <持ち物>
    1:ミラーレス一眼カメラ、レンズ、SDカード、充電済みバッテリー、取扱説明書、筆記用具
    2:撮影するお気に入りの小物(集めている好きな小物 or 自分で手作りした小物)

    ご持参頂く小物は飲食物、動植物が不可となっております。手のひらに乗る程度の大きさで、壊れにくい小物をお願いします。

    ※重要
    カメラの操作方法は機種毎に異なりますので取扱説明書は必ずご持参下さい。
    もし、取扱説明書をお持ちでない場合は、事前にご相談下さい。

more

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています