Arduino・Raspberry Pi対応マンツーマンIoT講座

ArduinoやRaspberry Piにセンサーを繋ぎIoTプラットフォーム使ってデータ可視化する一連の作業を部品の買い出しから始めます!

こんなことを学びます

2019年10月リニューアル!

<講座内容>
Arduino互換WiFiマイコン「ESP8266」やRaspberry Piにセンサーを繋いで、IoTプラットフォームにデータを送信し可視化します。

●対応IoTプラットフォーム
・Machinist https://machinist.iij.jp/
・ThingSpeak https://thingspeak.com/
・Blynk(スマホ対応) https://blynk.io/

●対応センサー
・MH-Z19B CO2センサー(店頭販売されていないため要事前購入)
・SENSIRION SCD30 CO2・温湿度センサー(店頭販売されていないため要事前購入)
・SENSIRION SHT31 温湿度センサー
・BOSCH BME280 温湿度・気圧センサー
・AOSONG AM2302(DHT22) 温湿度センサー
・AOSONG DHT11 温湿度センサー
その他のセンサーはお問い合わせください。

●講座の流れ
・秋葉原で部品を購入
・部品の半田付け
・ブレッドボードで回路を作成
・IoTプラットフォームの設定
・Arduino IDEでスケッチを書き込み

私のブログにそれそれのIoTプラットフォームの使用例がありますので参考にしてください。

・Machinistに時系列データを送るサンプルとして、ESP8266の間欠動作でBME280のデータを送れるようにした
 https://intellectualcuriosity.hatenablog.com/entry/2019/10/02/181331

・ThingSpeakのArduinoライブラリを使ったデータの送信方法
 https://intellectualcuriosity.hatenablog.com/entry/2019/10/02/213949

・高精度温湿度センサーSHT31が付属しているスゴイCO2センサーSCD30を見つけたのでESP8266のDeep Sleepで使えるようにした
 https://intellectualcuriosity.hatenablog.com/entry/2019/08/27/211405

<こんな風に教えます>
マンツーマンで行いますので、型通りではなく受講者のスキルや要望に合わせた内容にすることができます。
わからないことは恥ずかしがらず、レッスン中にどんどん聞いてください。

<持ち物>
・PC(USB Type Aが付いているもの)
・スマホ(AndroidまたはiOS)※IoTプラットフォームにBlynkを使う場合

<定員>
1名(マンツーマンです)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中

2月19日(水)

13:00 - 16:00

東京 / 秋葉原・御茶ノ水

予約締切日時

2月18日(火) 19:00 まで

参加人数

0/1人

開催場所

山手線線 秋葉原駅 徒歩3分
【秋葉原】Weeyble (コワーキングスペース秋葉原 Weeyble) 東京都千代田区神田須田町2丁目19−23 野村第3ビル4階

価格(税込)

¥6,000

受付中

2月22日(土)

13:00 - 16:00

東京 / 秋葉原・御茶ノ水

予約締切日時

2月21日(金) 13:00 まで

参加人数

0/1人

開催場所

山手線線 秋葉原駅 徒歩3分
【秋葉原】Weeyble (コワーキングスペース秋葉原 Weeyble) 東京都千代田区神田須田町2丁目19−23 野村第3ビル4階

価格(税込)

¥6,000

  • 受付中

    2月19日(水)

    13:00 - 16:00

    東京 /秋葉原・御茶ノ水

    選択中 選択
  • 受付中

    2月22日(土)

    13:00 - 16:00

    東京 /秋葉原・御茶ノ水

    選択中 選択
  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
120人が受けたい登録しています

開催日程

2月19日(水) 13:00 - 16:00

¥6,000
参加人数 0/1人
場所 山手線線 秋葉原駅 徒歩3分

2月22日(土) 13:00 - 16:00

¥6,000
参加人数 0/1人
場所 山手線線 秋葉原駅 徒歩3分

この講座の先生

IoTクリエイター

Arduino互換WiFiマイコンのESP8266やRaspberry Piを使って、生活を便利にするサービスや面白いモノを作っています。
1994年に実施された情報処理技術者試験の初代ネットワークスペシャリストで、IT系の資格を20種類以上取得しています。
IT企業でプログラマー・システムエンジニア・プロジェクトマネージャーとして様々なシステムの開発を行っていました。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    レッスン時間は3時間を見込んでいます。

    60分 パーツ屋さんでの部品購入
    30分 部品の半田付けと組み立て
    30分 IoTプラットフォームの設定
    30分 Arduino IDEの環境構築
    30分 プログラムの説明

    長時間ですが、楽しく行いましょう!
    • こんな方を対象としています

      PCとスマホが使える方。
      電子工学の知識がなくても制作することができますが、何らかのプログラミング経験があった方が理解が深まります。
    • 受講料の説明

      受講料に含まれるのはレッスン代のみです。
      部品代や場所代は含まれていません。
      場所代は1,000円です。
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 24
    • 楽しかった!( 19 )
    • 勉強になった!( 19 )
    • 行く価値あり!( 18 )
  • M3

    男性 40代

    この講座は「楽しく丁寧に学べます」でした

    丁寧に理解できるまで教えてくれます。

  • M3

    男性 40代

    この講座は「Raspberry Piを基礎から学べる」でした

    ラズパイについてマンツーマンで手取り足取り教えて頂きました!また先生と一緒に電気街で買い物に行くのもとても参考になりました。いろいろ手間取り、かなり時間オーバーしましたが最後まで付き合って頂き、帰りは駅まで送って頂きました。こんな至れり尽くせりの講座はなかなか無いと思います。迷っている人は是非申し込んでみて下さい!

  • M3

    男性 40代

    この講座は「Machinistの使い方とESP8266の間欠動作の方法を習得する講座」でした

    本講座はBME280を使用して1分ごとにデータを取得してMachinistに
    データを送信してグラフ化する技術を学びました。
    1分おきにESP8266が起動してデータを取得してMachinistに送り、送った後にsleepモード
    になる動作を1分ごとにさせました。
    この動作によりマイコンの消費電力を抑えることがわかりました。
    またMachinistにより温度、湿度、大気圧のデジタル値とグラフの変化を対比させて
    表示することができてわかりやすいと思いました。
    BME280だけでなくCO2センサーを追加して温度、湿度、大気圧の他にCO2濃度
    を計測してMachinistにデータを送り他のデータと対比させてみるのも面白いと
    思います。

  • M3

    男性 50代

    この講座は「IoTの他の講義の仕上げに最適です。」でした

    伊藤講師の他の講座をいくつか受けて今回が4回めの受講。
    今までの講座で消化しきれていなかった部分について丁寧に解説してもらい、頭の整理にとても役立ちました。
    6月くらいからIoTに興味を持ち出し本など読んで勉強しましたが、初心者はちょっとのことでも躓きやすいです。
    伊藤講師に手とり足取りのレクチャーをしてもらったことで導入がとてもスムーズになるので似たような状況の方々に強く推薦します。

  • M1

    男性 40代

    この講座は「IoTが身近に感じられる講座」でした

    伊藤先生の講座は、今回が2回目の受講となります。
    いろいろな疑問に対して、丁寧にわかりやすく教えてくださり、とても勉強になりました。
    機会があったらまた受講したいと思います。
    本当にありがとうございました。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?