包丁職人による包丁研ぎ教室(初心者向け)

伝統ある堺の包丁のプロから教わる、包丁研ぎの基本と極意!

learn

こんなことを学びます

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ 本当に正しい包丁の研ぎ方、習ったことありますか?
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

気持ちよく料理するためには、包丁の切れ味って大切ですよね!

そのためには、日頃からのメンテナンス、包丁研ぎが必要ですが、改めて考えてみると、正しい包丁の研ぎ方をきちんと教えてもらう機会って、あまり無いんですよね。

つまりほとんどの方は、家庭内での伝聞、あるいは自己流で包丁のメンテナンスを行っているのが実情だと思いますが、実は、間違った取り扱いをしている方も多いのです。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ こんなことを学びます
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

誰よりも包丁の構造や仕組みに精通している「包丁作りのプロ」から、正しい包丁の研ぎ方を学びます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ こんな風に教えます
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


堺の包丁ブランド「實光」(じっこう)のショールーム&工房にて、少人数で丁寧に教えます。

以前の開催の様子:
https://www.yebis.xyz/blog/20161001/

講座は、レクチャーとワークを組み合わせた二部構成です。

1.包丁の構造と、研ぎの理屈を知る。

包丁研ぎには、包丁の作り方や構造に基づく「理屈」があります。

その理屈に基づいた正しい研ぎ方をマスターすることは、研いだ包丁の切れ味を長く保つためにも、包丁自体の寿命を長持ちさせるためにも、とても重要です。

2.実践形式の指導。

プロの包丁研ぎをステップ毎に、刃先の手触り(触感)や切れ味の確認など、体感を踏まえながら見せてもらいます。

次に各自、実際に研ぎの作業を実践します。

逐次アドバイスを受けながら研ぎを実践することで、「本当にコレでいいの?」という疑問を解消して、正しい包丁研ぎを身につけていただけます。


(※ なお、2/24の回は中級クラスとして、前半の説明は省き、序盤から研ぎの実習に専念していただきます。)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ 持ち物
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

特に必須の持ち物はありません。

研ぎ実習用の包丁と砥石は用意しますので、持参不要です。

ご自分の包丁がどのような状態にあるのかをプロに診断してもらいたい方は、その包丁をご持参下さい。
その際には、万一もし警察の職務質問を受けた場合に所持理由説明の証左として提示できるよう、受付画面のプリントアウト等をお持ちください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ 研ぎ実習に使う包丁について
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<入門クラスの場合>

研ぎ実習に使う包丁は、こちら側で準備したものをお使い頂きます。

ご自身の包丁には、ほとんどの場合、これまでの使用や研ぎによる「クセ」(癖)がついています。新品の包丁と違って、既に癖のついている包丁の場合、まずその癖を除去するという「下準備」の研ぎ時間が余分に必要になるため、きちんと研げた状態にするまでには結構時間がかかることがままあります。

一方、このカリキュラムでは、2時間で「自分で研げるようになる」事をゴールとしています。
そのためには、まず正しく「研げた状態」を理解することと、そこに至る過程を知識と体感の両方で理解することが重要です。

ところが、癖を除去する下準備の研ぎ作業に時間を割いてしまうと、肝心の「研げた状態」に仕上げる最終過程を体感する前に、時間切れになりかねません。

そのため、ご自身の包丁ではなく、こちらで準備した包丁で実習することをおすすめしています。

なお、実習で使う包丁については、ご自分の包丁のタイプにあわせて、以下のいずれかお選びください。

(1)片刃包丁(魚を下ろす際に使用する出刃包丁や刺身を引く際に使用する刺身包丁に代表される和包丁)
(2)両刃包丁(ご家庭にある三徳包丁に代表される包丁のタイプ)


また、ご自分の包丁がどのような状態にあるのかをプロに診断頂きたい方は、包丁をご持参下さい。
必要に応じて、有償の手直しを受け付けることも可能です。


<中級クラス(2/24)の場合>

ご自分の包丁を持参し、研ぎ実習にお使いいただけます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ 定員
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

定員8名


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ 前回参加者の感想
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

研ぎで悩んでいた点が解消されました。 / 色々な包丁を見られて、大変勉強になりました。 / ものすごく楽しかったです。奥が深い。 / 包丁の構造と切れる仕組み、何より美しい道具を見れたのが感動です。 / 素晴らしい体験でした。 / 包丁をきちんと研ぐこと、うなぎやマグロ用の包丁を見られたことが面白かった。 / 包丁を研ぐこと、研ぐ音を聴くのも楽しかった。 / 100万円の包丁を見た! / もっと研いでいたかった。時間があっという間でした。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

堺・泉南

価格(税込)

¥4,000

受けたい
54人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

高久 卓士のプロフィール写真
包丁のことなら任せてください!
高久 卓士

明治三十三年創業の日本刃物専門店 株式会社 實光 で営業を担当しています。専門知識に基づいて、包丁の正しいメンテナンスを指導いたします。

この講座の主催団体
釣りと魚を楽しむセミナー等を開催しています。

主催団体に質問する 教室ページをみる

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>

    講座は 13:00 - 15:00 の2時間です。

    開始10分前(12:50)に集合してください。

    <当日のレッスンの流れ>

    12:50 集合(實光)
    13:00〜15:00 包丁ショールーム見学、研ぎ教室、質疑応答
    15:00 解散
  • こんな方を対象としています

    ご家庭で料理をされる方から、プロの料理人まで、包丁を使う方なら誰でもOKです。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    服装:
    ・刃物を扱いますので、普通の安全な動作に支障のない服装でお越しください。
    ・包丁研ぎを行いますので、汚したくない服飾でのお越しはお薦めしません。

    包丁診断を受ける場合の、包丁の持ち運びについて:
    ・箱やケースに入れる、ダンボールやタオルで巻いて固定するなど、安全な梱包を施して携行してください。
    ・万一、もし警察の職務質問を受けた場合は、包丁の所持理由説明の証左として、受付メールを提示してください。

review

レビュー

  • 5

  • 楽しかった!( 1 )

  • 勉強になった!( 4 )

  • 行く価値あり!( 3 )

  • 男性 50代

    この講座は「良い経験」でした

    結婚した時に妻が購入していた和包丁を持参しました。30年以上も前の物で手入れもズサンな状態でしたが、持参した和包丁を磨いでも構わないとのことでしたので、指導のもとに磨いでいくと輝きがよみがえりました。ありがとうございました。
    今回は初心者コースということもあり、もう少し詳細な指導があれば、なお良かった、ということで、星は4つにさせていただきました。

  • 男性 30代

    この講座は「包丁研ぎの基礎知識が学べる!」でした

    包丁を研いでいる時でも初歩的な質問を気兼ねなく聞くことができて、良かったです。

  • 男性 20代

    この講座は「職人さんに直接教えてもらえる大変貴重な講座」でした

    冒頭から、包丁の構造や砥石の種類など、基本的なことを教えてもらうことができ、初めての方でも安心です。
    実習に当たっては、現役の職人さんから直接教えてえるので、すぐに技術が身につくと思います。
    包丁を触ったことがない人にも、普段から自分で料理をする人にもオススメできる、素敵な講座でした。

  • その他 50代

    この講座は「包丁職人による包丁研ぎ教室(初心者向け)」でした

    丁寧かつ親切で分かりやすかった。これまで自己流で研いできたが、「違う」ということを認識した。以前別の団体で同様講座を受けたことがあったが、ただの手の動作だけの説明だった。ここの説明では、研ぎの意義から指の位置、圧の掛け方など目からうろこの内容で、行った甲斐があった。

  • 男性 40代

    この講座は「今まで包丁等を研いだことない方の第一歩」でした

    今までは既成品の包丁研ぎでしか研いだことがありませんでしたが、この講座で砥石を使っての研ぎ方や包丁についての知識を教えていただきました。
    職人さんが時間をかけて身につけるスキルですのでこの講座を受けてすぐに出来るようになるものではありませんが、ここで学んだことを活かしてやっていきたいと思います。

  • relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています