【成功事例を公開】 1,000枚配布して20件の申込があったチラシ

実際に使ったチラシで、その使い方を公開する勉強会。チラシやホームページ添削など、集客や売上アップの相談も含めすぐに実践できる方法を伝授

こんなことを学びます

 【成功事例を公開】1,000枚配布して20件申込をもらったチラシ
多くの集客や売上に困っている社長や個人事業主は、チラシやタウン誌、ホームページなど、プロ(広告制作会社や印刷会社)に、すべて任せて、広告を作ってもらっています。でも反応は芳しくありません。

「何かしなければいけない」「でも費用もかけられない」
そんな時に、「広告作りませんか?」と営業マンから声がかかります。話を聞いてみると、思っていたよりも費用も安くおさえてくれるし、「何もしなくては始まらないのでやってみよう!」と前向きな気持ちで広告作りがスタートします。

そして、いざ広告を作ろうとしてもデザインや広告のことはよくわからないので、プロ(広告代理店、制作会社、印刷所)に全面的に任せることになります。

彼らはプロなのでセンスの良いチラシやホームページを作ってくれます。社長や会社の言いたいこともうまくまとめてくれて、なかなかの満足の仕上がりです。期待を込めて広告を出します。

でも、、、ほとんどの場合、思ったような反応はありません。それでも「広告は出し続けてこそ結果が出る」と広告会社は言ってきます。さらに広告費を投資しても成果は上がらず。それがより経営を圧迫してしまう。実はこれ、本当によくある話なんです。

<多くの社長が知らずに間違っている、広告作りの2つの事実>

多くの社長が、これほどまで反応のないチラシを作り、広告費をムダにしてしまう理由はどこにあるのでしょうか?それは、広告作りの「2つの事実」を見落としているからです。

事実1)広告代理店と広告主の目的が違う

ここで考えて欲しいのは、プロ(広告制作会社や広告代理店)の目的です。

あなたの元にやってきた営業マンの目的です。これは、「広告を作ってもらうこと」ですよね。彼らは「広告で売上を出すこと」が一番の目的ではないんです。

広告を作って成果を出したいなら、本当は、前もって「誰に」「何を」伝えるのか。そして「どうやって」伝えるのか?つまり、そのメッセージが有効な「媒体」は何なのか。この順序で広告の計画を立てるべきです。そして、それを実現させるために、プロに依頼をするべきなのです。

「“この媒体”で広告を作る」ということが先になってしまい、大切な「誰に」「何を」伝えるのかは、「どうやって」伝えるかに合わせて考えることになってしまいます。・・・これでは失敗の確率は大きくなってしまって当然です。

事実2)プロの作る広告の目的が違う

広告代理店、制作会社などはデザイン、レイアウト、原稿の整理や編集を得意としています。集客のプロではありません。そして、広告を出すたびに売上が上がるのは「依頼主の会社やお店」ではなく「広告業者」です。

彼らのお客さんはあなたです。あなたを喜ばせることに集中します。あなたの考えや要望に合わせた広告を作ります。とても頑張ってくれます。でもあなたが本当に必要なのは、お客さんにきちんとメッセージが届く、「売れる」チラシやDM、ホームページなどではないでしょうか。

そしてこの結果、出来上がる広告は、一般広告、「イメージアップのための広告」(もしくはそれに非常に近いもの)が大半だということです。

私たちのような地域でビジネスをする中小企業や個人事業主は「印象」を伝えるチラシに広告費を使っていては垂れ流しで終わってしまうのです。

この2つの事実から広告を使ってお客様から反応を得るために重要なポイントは次の3つです。

1.広告計画を立てた上で、どの媒体を使うのか考える
2.広告代理店・制作会社へ丸投げしない
3.「印象を伝える広告」ではなく「売れる広告」を作る

<どうやって「お客さんを集めるチラシ」を作ればいいのか?>

では、どうやって「売れる広告」を作れば良いのでしょう?それは、「印象を伝える」広告ではなく、「直接的な反応」を目的とした広告を作るべきなんです。つまり注文や問合せ、来店、予約などのことです。

こういった直接的な反応を目的とした広告、つまり「売れる広告」を作ると良いことがいくつもあります。

例えば、直接反応があるので、コストが安く済むのはもちろんです。結果計測ができるので、テストと改善ができ「広告が一か八かでなくなります」。高い再現性があるので「成果が単発で終わりません」。他の媒体に流用して、より成果を広げることができます。
つまり、テストと改善を続けながら、効果を上げていくことができるんです。

<苦労して広告の中身を考えるのはもうやめましょう>

でも、いくら正しい手順でやれば、成果が出るからと言って、プロの力を借りずに広告を作るのは、時間もかかるし大変です。なので、最もラクに時間とお金をかけずに、そして結果につながる広告を作る方法を提案します。それは、既に成果の出ているものを「マネる」ことです。

そこで今回、勉強会を開催して、成果の出ているチラシの事例を公開することにしました。

ただし、成功事例というのは、そのままマネをしても成果は出ません。その事例の背景や押さえるべきポイントがズレていると、同じチラシを使っても成果が出ないのです。そこで今回の勉強会では、あなたにより確実に成果を出してもらうために、次のようなことをやっていく予定です。

・単にチラシサンプルを公開するだけでなく、実施した背景や、流用するときのポイントもすべて公開します。

・あなたのビジネスのことを教えていただければ、どうアレンジして使うべきかをアドバイスします。

・今使っている広告があれば、どうすればより成果が出るのか添削します。

・あなたのビジネスの状況に合わせて、そもそもチラシを使うべきなのかまで、背景をくみ取って提案します。

つまり勉強会に参加することで、あとは持ち帰って実行するだけの状態を作ります。

ただし、これにはあなたの協力が必要です。広告で成果を出すには、競合の状況や、商品やサービス、お客様のことなど、すべての背景を押さえておく必要があります。より具体的に状況を教えていただくことで、より成果を出しやすくなります。

さらに勉強会では、あなたのビジネスに別の視点からも売上アップにつなげてもらうために、もう1つのカリキュラムを用意しています。

予算をかけてWEB広告、チラシ、フリーペーパーなど広告を出したけど、「ほとんど反応がない、、、」また無駄な広告になってしまった・・・

もしかしたらそれは、あなたの広告には、新規集客に必要な、たった1つの“ある要素”が欠けているせいかもしれません

<広告に必ず入れなければいけないたった1つのこと>
「広告効果を高める7つの方法」

広告を出しても、大した反応は返って来ませんでした。他の会社やお店ではうまくいっていると聞いていたのに、どうして同じようにならないのか。

実は、広告で集客を実現するには、必ず入れなければいけない、たった1つの“ある要素”が必要なんです。

これらを実際のあなたのビジネスに当てはめて、すぐに使えるように考えていきます。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

茨城県内

価格(税込)

¥3,500

受けたい
5人が受けたい登録しています

この講座の先生

売上UPをサポート!マーケティングコンサルタント

店舗を持っている社長向けに売上アップを実現しながら、ファンを増やしていく専門家。特に少人数や家族経営、一人で店舗を経営している腕に自信はある社長のサポートに力を入れている。

マーケティング初心者であっても売れる仕組みがわかり、自分で作っていけるよう、分かりやすくきめ細かいサポートが好評を得ている。また同時に、元ホテルマネージャーの経験を生かし、お客さんの心をつかみあなたのファンを増やすお店作りも行っている。

モットーは「会社の売上はUP!でも社長の労働時間は減少、さらに集客の不安を解消しましょう!」

現在、インターネットTV、C-WAVEにて毎月第3火曜日「千住でクロスC-STUDIO」のMCを担当している。

  • こんな方を対象としています

    中小企業の経営者および個人事業主
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ノートと筆記具をご持参ください。PCでのメモは不可です。

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています