ことばの処方箋ワークショップ

感想をまとめるのが苦手。自分の気持ちをうまく伝えられない。そんなあなたに15分のトレーニングを。

learn

こんなことを学びます

当法人の名前「ことばの診療所」とは、 本=選択肢を増やしてくれる”薬”と置き換えて、
本の紹介=”処方箋”、その紹介者=処方する”ドクター”、サイト=”診療所”
という意味で命名しました。

普段は、色んなドクターが処方した「処方箋」をサイトに掲載しています。
http://www.kotobanoshinryojo.com/

今回は、誰かを想って書く「ことばの処方箋」として、
・過去の自分にぜひ薦めたい本
・特定の誰かに読んでほしい本
をみなさんが実際に処方するワークを実施します。

処方項目はそれぞれ140文字以内。
大体15~20分以内で書き終わります。

印象に残っている本や読んでホッとした本など、
おすすめの1冊を処方してみませんか?


【ことばで伝えることの大切さ】

「あなたの意見は?」「どうしてその行動をとったの?」

このような質問を受けた時に答え方に困ったことはありませんか。そんな人が、自分の経験や考えに基づいて上手に答えられるようになります。

自分の感情や行動軸を、相手に伝わるように話すトレーニングになります。

また「ひとりで本を読み感想をまとめ身につける」のは精神力が必要です。

人がいる中で、限られた時間で考えをまとめると緊張感が生まれ、アウトプットに集中できます。短時間で自分の考えをまとめることができるようになります。


【当日記入する項目について】
以下の5項目です。

◆心に残ったフレーズ(200文字以内)
 →読む中で一番心に残ったことばはどれでしたか?
  面白かった、なるほどと思った、なんとなく好きと感じたなど気持ちに向き合って書き出してみましょう。

◆こんな症状でお困りの方(140文字以内)
 →その心にのこったフレーズはどんな人に効きそうですか?
  この本を読みながら自分が何を感じたのか、自分の感覚を言語化
  さらに紹介したい相手をイメージして具体化してみましょう。
  
◆飲むとどうなるか/何が得られるか(140文字以内)
 →そのフレーズを知った後どんな気持ちになりましたか?
  またどんな思いつきがあったでしょうか。
  どう変わったのか、 読書前/後の自分に向き合ってみましょう。

◆どうしてこの薬を飲んだのか(140文字以内/任意記入)
 →なにかきっかけがあればそれを思い出してみて下さい。
  本を読むことは、少しエネルギーが必要です。どうしてわざわざ読もうと思ったのか
  自分の判断/行動軸を言語化してみます。

◆飲み方のコツ(140文字以内)
 →あっさり読めましたか?それともゆっくり読みましたか?
  次に読む人にはどうやって薦めますか?


【ワークショップ参加者の感想】
・項目が絞られていたので想像していた以上にやりやすかった。
・ワークが短時間だったので頭がフル回転して楽しかった。
・わざわざ人にすすめるほどではないかも…と思っていたが、アウトプットをしてみたら興味を持ってくれる人がいて嬉しかった。


【こんな方にお勧めです】
◆本を読んだ後、感想をまとめるのが苦手
◆どんな本がおススメ?と聞かれて「これよかったよ」しか言えず、うまく薦められない。
◆起業、副業をしてこれからSNSなどで発信をしたいが、商品について「なぜよいのか」「どんな人におススメか」をわかり易く語ることができない。
◆本を読みっぱなしで、うまく自分のものにできていない方
◆色んな本を読んでみたいが、どれを読んだらわからないので、誰かから直接おススメされたい。


【持ち物】
◆持ち物:
 ◎本1冊
  ・「心に残ったフレーズ」(200文字以内)は事前に準備ください。
 ◎修正道具(修正液、消しゴムなど)
  ※これまでのワークで、書き直す方が結構多いため修正道具があると便利です。
2人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:新宿・代々木

    受講料:¥ 1,000

一般社団法人ことばの診療所 さんの他の講座

teacher

この講座の先生

この講座の先生

村田 悠

ことばを通じて多様性を伝えます

一般社団法人ことばの診療所代表。
29歳レズビアン当事者。交際7年目の同性パートナーを持つ。
中学生の時にはじめて同性を好きになり、それ以降恋愛対象は女性。
(自認はXジェンダーからレズビアンに途中で変更している。)
勤務してきた2社ではカミングアウトできず、異性愛者として「偽装」。
思い切って社外でカミングアウトした時に「初めて出会った」と言われた経験から、当事者が何を考えているか/どう日常を過ごしているのかブログ「好きな人を好きといいたい」を開始し300日連続投稿達成。
ブログを通じて、当事者がカミングアウトし現状をわかり易く伝える大切さを知る。
千葉県弁護士会貧困勉強会/読ラボ★朝活などに登壇し、
LGBTの基礎講座や実際出会ったらどうしたらいいか等セミナーを開催。
「とてもわかり易かった」と評価を得ています。
NPO法人レインボーコミュニティcoLLabo、レインボー千葉の会所属
虹色ダイバーシティ主催 「LGBTスピーカー・スキルアップ講座」修了

Thumb b0a02d1a 7801 4c7e 8586 0412c69756a2

この講座の主催団体

一般社団法人ことばの診療所

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    【19:00~20:00】
    1)処方箋ならびに当サイトの概要説明
    2)ワーク(約15~20分)
     画像の通り、「処方箋」を実際に書いてみます。
    3)選んだ本の紹介と、どんなことを書いたか簡単にシェア
      お互いに感想をフィードバックします。

    ※以下は、自由参加です。
    【20:00~20:30】
    4)処方箋をより良い表現に書き直し
    5)さらにシェア
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    【どんな本を持って行ったらいいか。】
    ◆ジャンル:
     ビジネス書、小説、ノンフィクションなどジャンルは問いません。  
     (マンガ、写真占有率80%以上の写真集はNGとします。)
    ◆あなたにとって…:
     ・読んでホッとした本  
     ・気づきがある本(新しい考え方に出会う、新しい業界に触れるなど)  
     ・生きる元気をくれる本  
     ・生き辛さを解決するためにオススメする本 
     といった基準でお持ちください。

    ※双方の合意の上で持ち寄った本もシェア可
    ※希望者は当サイト掲載もできます。
     URL:http://www.kotobanoshinryojo.com/