『プロジェクトは必ず、妥協・失敗する』を3時間で解決する特別講座

最難関のゴールを一切下げずに、期日・品質を確実に担保し、関わる人すべての幸福を削ることなく、市場に届けるための3時間を手に入れます。

learn

こんなことを学びます

変化が激しい現代、事業ライフサイクルは圧倒的に短くなり、
一つの事業にしがみついていては生き残っていけない時代で
我々はビジネスに立ち向かわなければいけません。

言い換えると、それまでの成功体験を自らで常に否定し続け、
新しい価値を市場に提供し続けないと一瞬で淘汰される、
激しい競争環境に我々は身を置いていることを意味します。

その競争を生き抜くため、各社新規事業やプロジェクトを
次々と立ち上げる流れは年々加速しており、近年では特に、
先の読めない時代だからこそあえて計画段階では作りこまず、
市場でテストを繰り返しながらプロダクトを洗練させる手法が
注目を浴びる時代にもなってきております。


しかし


『プロジェクトはスタート段階の計画がすべて』なのです。


ただし、

ここでいう計画とは、あなたが知っている計画を意味しません。


日本企業の多くは、オペレーションエクセレンスで
成功を収めてはきましたが、新規事業やプロジェクトを
常に当て続けてきた会社は多くないように思えます。

多くの企業が新規事業やプロジェクトになる途端に
失敗を繰り返すのは、オペレーションのモノの見方で
プロジェクトを捉えてしまう問題と、近年注目をあびる
事業立ち上げ法(リーン・スタートアップ)に関して
そもそもの根本的な問題があるからです。

いくら革新的なアイディアや斬新な企画があろうと、
ここを誤解したままでは成功するはずもありません。

もう一度言います。


『プロジェクトはスタート段階の計画がすべて』なのです。


卓越した講師が確実に、その考え方と手法を
3時間であなたに届けます。

プロジェクトを難しくしている最大の理由は
事業会社における、ethics(倫理)の違い。
(ここがキモです。講座を楽しみに)

プロジェクトでは期日が最も死守されるべきであると同時に
サービスの機能性も極限まで求められるという矛盾を
そもそも内包しているということが理解されていません。

この矛盾を乗り越えて、期日を守りながらも機能性を
最大限盛り込んだ上でどのように市場に提供するのか?


本講座は、

多くの企業で、プロジェクトの本質は誤解されており、
事業会社が得意とするオペレーション文化とは
相容れないプロジェクトマネジメントの本質を
圧縮して一気に掴みとる3時間となっています。


講師には、ストリートアカデミーの他カテゴリで
クチコミ数・満足度ともに高い評価を受け続けた人物であり

経営コンサルタントとして、事業内容を変えず、
リストラを一切せずに、事業再生プロジェクトを
14年に渡り成功させた実績を誇る李 英俊 先生。


この3時間を通して、これからの激動の時代で
常に新しい価値を生み出し、勝ち続ける企業になるための
プロジェクトの本質とマネジメント手法を手に入れてください。

■レクチャー内容
・プロジェクトの本質は矛盾をマネジメントすること
・プロジェクトは独自性と有期性の掛け算
・プロジェクトマネジメントの本質はリスクコントロール
・多くのリーダーが勘違いしているプロジェクトの〇〇が最もリスクだという事実
・『プロジェクトはスタート段階の計画がすべて』のすべて
・WBS(計画)を策定したリーダーしかプロジェクトゴールに臨場感はない罠を解決する方法
・プロジェクトの不確実性に対処する3つのアプローチ
・プロジェクトのプライオリティは期日→機能→性能→品質→工期→予算
・日常のルーティンでできないものを生み出すためにプロジェクトは存在する
・決断をすると不確実感は減るが、機能の品質は減っていくジャッジをするのがリーダー・トップの役目
・既存事業メンバーが初期段階でプロジェクトは手伝ってくれないが正解
・リーダーは知っておくべきプロジェクトで直接コントロールな3つの領域と間接コントロールな4つの領域
・本当のステークホルダーとは誰なのか?


■顧客の声
<1人目>
プロジェクトマネジメントの中で計画(リスクコントロール)が
全てと言うのは上手く行ったプロジェクト、
そうでないプロジェクトを見ると本当にその通りだと痛感します。

幸いにもこれから複数本走らせるプロジェクトがあるので、
スタートが矛盾を抱えた赤信号状態からスタートしている
という事を意識して進めたいと思います。

そして、不確実性に対する対処も計画に組み込みます。

今回頂いた内容はプロジェクトの成功確率が
格段に上がる感覚がありますので、
是非明日より実際に使わせていただきます。

<2人目>
「厳しく」「情けのない」市場で、
プロフェッショナリズムを追求し、選ばれ続け、勝ち続けること。

始まりは赤信号であるが、やる前に全部決まっているという、
綿密極まりなくありとあらゆるリスクを想定した計画が必要ということ。

有機性と独自性という矛盾(=リスク)を内包するものであり、
プロジェクトマネジメントはリスクマネジメントであるということ。

そして、リーダーが行くルートが見えているということが、
計画中の事業の成功に必須であるということを聞けたこと。

もし、昨日のあの会に参加していなかったシナリオを思うと
怖くなるほど、事業計画についてのマインドセットが再構築されました。


続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中

5月20日(月)

19:00 - 22:00

東京 / 渋谷・恵比寿

予約の締切り日

5月17日(金) 19:00 まで

参加人数

1/20人

開催場所

半蔵門線・銀座線・都営大江戸線 青山一丁目駅 徒歩4分
mindset,inc青山スタジオ 東京都港区南青山2-6-7 LAPiS青山 1階

価格(税込)

¥5,000

  • 受付中

    5月20日(月)

    19:00 - 22:00

    東京 /渋谷・恵比寿

    選択中 選択
  • 日程が合わないですか?
    気軽に先生に開催リクエストしてください。
    開催リクエストする
受けたい
101人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

李 英俊(リ ヨンジュン)のプロフィール写真
コンサルタント
李 英俊(リ ヨンジュン)

マインドセット株式会社代表取締役
トップ人材の指導者として、メンタリングセッション、戦略PR,リーダーシップ開発・組織エンゲージメントに圧倒的な強みを持つ。

経歴は、外資コンサルティングファームで戦略コンサルタントとして、
官公庁・民間企業への事業再生・組織変革に従事。インキュベーター企業でビジネスプロデューサー(マーケティング&セールス領域)として活躍し、担当事業領域は、メディア開発・広告企画事業において、新しい広告成果をナショナルクライアントに数多くもたらす。それらの結果によって、組織のIPOに貢献する。IPO後は、人材開発担当執行役員として人材マネジメント全般の企画・運営を担当し、プロフェッショナル・マネジメント領域の教育事業である子会社社長を歴任。ターンアラウンド、インバウンドのベンチャー企業において、新規事業開発、組織人材開発、マーケティング、コンサルティング事業などの責任者を担当。現在では、超大手企業・メガベンチャー・スタートアップなど企業規模に関わらず、PR・広報・マーケティングにおけるコミュニケーションデザインやブランディング戦略のコンサルティングを提供しています。

この講座の主催団体
経営者・ビジネスリーダー向けのビジネス講座を開講中

ビジネスで圧倒的な成果を出す本質を、3時間でつかむためのビジネスセミナーを公開しています。

主催団体に質問する 教室ページをみる

review

レビュー

  • 45

  • 楽しかった!( 18 )

  • 勉強になった!( 29 )

  • 行く価値あり!( 38 )

  • 男性 30代

    この講座は「プロジェクトの本質を学べる」でした

    時間は神、というフレーズに衝撃を受けました。
    プロジェクトの出発点において抑えるべきポイントが多数講義で展開され、とてもよい学びになりました。

  • 男性 30代

    この講座は「プロジェクトマネジメントの本質を学べる講座」でした

    プロジェクトマネジメントとは何か。どういった構造なのか。といったことを理解でき、プロジェクトマネジメントに対する見方が変わりました。

  • 女性 40代

    この講座は「つまりプロジェクトとはどんなものか分かる講座」でした

    この講座でいうプロジェクトとは?と定義から入り、あっという間の3時間でした。向いてる人はどんな人か、どういう構造があるか、どんな問題が起こり得るか、限られた中での対処としてはだったらどうするのか、どこに力を入れるのか、どうシビアか?という事をひたすら教えて貰えます。実際にこの講座の定義でのプロジェクトに関わっていた訳ではないのでひたすら興味深く聞いてました。しかしもしプロジェクトに携わっていたとしたら、先生が軽めに言ってる事も自分がしなければならない決断も迫ってシビアに聞こえるのかな?とは思いました。

    資料は送られてきましたが、個人的には構造の話の所での資料になかった倫理の話が面白かったです。

  • 男性 20代

    この講座は「プロジェクトの定義と考え方を根本から見直せる講座」でした

    普段プロジェクトという言葉を曖昧に使っていましたが、軽々しく使わないようにしようと思える講座でした。本来プロジェクトが捉えるイシューや、前提となる「不確実性」の説明には驚愕しました。プロジェクト成功に必要な人材要件として、ある種の狂気のようなマインドセットが必要だと感じました。講座内の定義でいうプロジェクトを担当する身として、コミットメントの仕方を改革していくための良い機会となりました。

  • 男性 50代

    この講座は「脱皮できない蛇は死ぬが、しくじると脱皮の最中に死ぬ」でした

    講座のタイトルは嘘偽りなく、プロジェクトは基本的に失敗するものだという現実的目線で、その面ではなかなか救いようの無いともいえる真実をついている内容だったと思います。その意味で、プロマネとしての適性が先ず問われるということろからのスタートでしたが、非常に論理が一貫しており、特にプロジェクトを取り巻く世界観を、社会科学・哲学の観点から解き明かされたのは圧巻でした。(講師は構造主義哲学等にも深い造詣をお持ちのようでした。)これはビジネスパーソン、というよりも、社会人にとって、どの立ち位置から、どのように社会・経済活動に関わるかという観点からは根源的な内容であり、その意味で、プロジェクトに関わっていない(究極は生涯関わることがない)にしても、傾聴に値すると感じました。この内容を臨場感を持って受けいれた瞬間に「人間は何のために生まれ、何故生きていなければならないのか?・・・」という気持ちになるかも知れませんが(少なくとも私はそうでした)、それが最後にお話いただいた、講師の方の人生観(の一端に過ぎないかも知れませんが)につながっており、それを聴けたことも大きな価値があったかと思います。

    内容は厳しく、真剣なものにならざるを得ませんが、講師の方は、関西流のジョークも含め、コンサルタントらしくお話が上手な方で、テンポが速いながらも、終始和やかな雰囲気で進められたことも印象的でした。

    むしろ職人的な人生を歩まれている方にも、自分を取り巻く世界の真実を知るために受講されることは有効かも知れないと感じました。なかなか他で聞くことのできない世の中の仕組みの真実が明かされる講座だったと思います。

  • more

    この主催団体の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています