いい子症候群卒業セミナー

まじめでがんばり屋さんのあなたへ 優等生で一生過ごしますか? 「いい子症候群卒業セミナー」

learn

こんなことを学びます

いい子症候群とは?

いい子症候群とは、素直で聞き分けがよく、優等生で、親が喜ぶことがすべての判断基準になっている状態をいいます。親に依存している状態です。
大人になると、依存の対象は親だけではなく、彼氏などパートナーや、上司に広がります。
他人に依存して、判断を委ねて生きるので、ほんとうの自分と出会うことなく年齢を重ねていきます。

●以下に当てはまっている項目はありますか?
・自分に自信がなく、指示がないと動けない。
・自分の意見をなかなか言えない。
・「マジメだねー」とよく言われる。
・いい人だと言われる。
・目立つのがいや。
・人に頼れなくて、自分でやるのが早いと思う。
・相手の目を見て話すのが苦手。
・感情を出さないで押し殺すことが多い。
・「ちゃんとしなきゃ」が口癖。
・優等生で羽目をはずさない。
・無趣味。
・得意なことがない。
・親の教育が厳しかった。
・長女として生まれて、しっかり者だという期待を背負って生きてきた。
・夢や目標を持てない。
いかがでしょう?
当てはまる項目が多いようだと、「いい子症候群」の可能性大です。

いい子症候群の問題は、5つあります。
1, 自己肯定感が低い。
2, 失敗を極度に恐れるので、自分から進んで行動を起こすことがない。
3,自分自身の夢や目標を持てない。
4,意見を持たず、主張をしないので無個性に見える。
5,裏表が激しい。
いい子症候群は、「自分らしく生きる」のがとても難しいです。
では、いい子症候群から卒業するためにはどうしたらいいか?
どうしたら自分を取り戻せるのか?
松橋が30年かけて取り組んできた技術を総動員して、
メンタルの深い部分を掘り下げていくセミナーです。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格

¥5,000

受けたい
58人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

著書26冊出版 コミュニケーション指導の達人

コミュニケーション総合研究所 代表理事
松橋良紀(まつはしよしのり)

対人関係が激変するコミュニケーション改善の専門家。
コミュニケーション本を約26冊の執筆家。
一般社団法人日本聴き方協会 代表理事も兼任する。

1964年生青森市出身。
ギタリストを目指し上京して営業職に就くが、3年以上も売れずに借金まみれになりクビ寸前になる。
30才でカウンセラー養成学校で心理学を学ぶと、3年間売れなかったダメダメセールスマンが、たった1ヶ月で全国430人中1位の成績を上げる。全社員の研修指導で会社の売上が140%アップ。36才にナポレオン・ヒル財団に転職し、営業&自己啓発講師を担当。
営業16年間で、約1万件を超える対面営業と多くの社員研修を経験する。
2007年にコミュニケーション総合研究所を設立。参加者が、すぐに成果が出るという口コミが広がり出版の機会を得る。NHKで特集されたり、雑誌の取材なども多く、マスコミでも多数紹介される。
約26冊で累計30万部を超えるベストセラー作家としても活躍。
「コミュニケーションで悩む人をゼロにする!」を合言葉に奮闘中。 + 続きを読む

detail

講座詳細

  • こんな方を対象としています

    ●以下に当てはまっている項目はありますか?
    ・自分に自信がなく、指示がないと動けない。
    ・自分の意見をなかなか言えない。
    ・「マジメだねー」とよく言われる。
    ・いい人だと言われる。
    ・目立つのがいや。
    ・人に頼れなくて、自分でやるのが早いと思う。
    ・相手の目を見て話すのが苦手。
    ・感情を出さないで押し殺すことが多い。
    ・「ちゃんとしなきゃ」が口癖。
    ・優等生で羽目をはずさない。
    ・無趣味。
    ・得意なことがない。
    ・親の教育が厳しかった。
    ・長女として生まれて、しっかり者だという期待を背負って生きてきた。
    ・夢や目標を持てない。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    開始時間
    19時~21時
    ※受付:15分前より

review

レビュー

  • 1

  • 楽しかった!( 0 )

  • 勉強になった!( 1 )

  • 行く価値あり!( 0 )

  • 女性

    この講座は「自分のルーツを掘り下げる講座」でした

    親にいわれていたこと、出されていた態度から感じて行動していた自分の思い込みの強さや、その理由の掘り下げはしたことがなかったのでとても勉強になりました。
    また、人には言わなくては伝わらない、というのは当然ですが個人的にハードルが高く、怒りなどは今まで態度で伝えていたつもりですが人にはまったく伝わっていなかったことも腑に落ちて受け取れました。
    少しずつでも変わっていきたいと思います。

  • more

    この先生の他の講座

    2

    開催リクエスト受付中

    2

    開催リクエスト受付中

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています