お写ん歩レッスン☆ひと足早い春の訪れ 上品な梅の花を撮ろう!

新宿御苑の日本庭園で、ボケを活かした紅白の美しい梅を撮りましょう。 初心者から

learn

こんなことを学びます

新宿御苑では、寒桜・河津桜など早咲きの桜が満開となり、タイミングが合えばメジロなどを一緒に撮影することも可能です。
温室のヒスイカズラも咲き始めています。
桜の季節を迎える前に、一足早い春を一緒に楽しみませんか?

新宿御苑には、紅白の梅300本が植栽されています。

日本庭園の中の梅林では、梅のある花風景としての写真はもちろん、背景のボケを活かした写真など、さまざまな表情の梅を撮ることができます。

梅林には、メジロやヒヨドリなど、たくさんの野鳥が遊びに来ています。出会えた場合は、メジロの撮り方もレクチャーさせていただきます。

また、同じ時期に「カンザクラ」「河津桜」など早咲きの桜やお花の形がおもしろいマンサクなども開花しますので、これらのお花の撮り方もレクチャーいたします。

レッスンでは、梅のお花が美しいポイントをご案内しながら、あなたのイメージに合わせた撮影方法をアドバイスします。

レッスンは、「どう撮るか?」と講師が一方的にレクチャーするのではなく、「こう撮りたい。」というあなた自身のイメージを大切に進めていきます。

どのようにして「イメージを形」にしていくのかということも、レクチャーさせていただきますので安心してご参加ください。

イメージ通りに写真が撮れるようになると、写真がとっても楽しくなります。

もっと、写真が好きになります。一緒に、写真を楽しみましょう!

<こんなことを学びます>
・梅の花・花風景撮影に適した、カメラの基本設定を確認。
(撮影モード・ISO感度・ホワイトバランスなど)
・梅の花の魅力を引き出す撮影方法をレクチャー
・あなたが撮りたいイメージに合わせた撮影方法について。
(撮影実習では、あなたのイメージに近づけるように、講師がサポートします。)

<こんなことが出来るようになります>
・梅のお花の表情を活かした写真が撮れるようになります。
・ボケを活かした写真が撮れるようになります。
・梅の咲く花風景が取れるようになります。

<こんな風に教えます>
レッスンは、レクチャーとワークを組み合わせた2部構成です。
少人数のグループでやさしくていねいに教えます。
講師と一緒に写真を撮りながら、楽しく学べます。
撮影実習では、おひとりずつのイメージに合わせたカメラの設定を行い、撮影した写真を確認しながらアドバイスします。

<レンズについて>
キッドの標準ズームレンズや望遠レンズでも撮影可能ですが、マクロレンズをお持ちの方は、ぜひお持ちください。
ただし、講座では三脚を使用した撮影は行いませんので、マクロレンズも手持ちでの撮影となります。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

新宿・代々木

価格

¥4,500

受けたい
2人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

写真でこころを表現するフォトセラピスト

フォトセラピストの Mimoto Naomi です。

私は、フラワーアーティスト、アロマセラピストとして、美しい花たちの生命力に包まれて、20年以上仕事をしてまいりました。

最初は、デザインの記録として撮っていた花の写真が、いつの間にか自分のこころを見つめるためのツールとなり、今では写真を撮ることが私自身のセラピーとなっています。

フォトレッスンでは、「どう撮るか?」ではなくひとりひとりの「こう撮りたい。」を大切に、写真を撮る時に感じる「思い」や「こころ」を自由に表現する方法をお伝えしたいと思っております。

イメージ通りに写真が撮れれば、写真が楽しくなり、もっともっと写真が好きになります。
一緒に写真を楽しみましょう。

私の撮った写真・プロフィール・写真展示経歴は、HPをご覧ください。
http://www.moondrop.photo/index.htm

Instagram
https://www.instagram.com/ruritsuki/

ブログ
http://ruritsukimaria.blog.fc2.com/ + 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    90分程度
    時間はおおよその目安です。多少前後することがあります。

    <当日のレッスンの流れ>
    ・集合
    ・自己紹介
     (一緒にお写ん歩する仲間で、自己紹介をします。)
    ・カメラの設定についてレクチャー
     (なるべく専門用語を使わずに、やさしい言葉でご説明します。)
    ・撮影
     (一緒に撮影しながら、イメージ通りに撮る方法を体験します。)
    ・ベストショットをシェア
     (お気に入りの写真を、みんなで見せ合いっこします。)
    ・まとめ
  • こんな方を対象としています

    ・梅のお花をイメージ通りに撮りたい方。
    ・梅のやさしい香りに癒されたい方。
    ・花写真の基礎を学びたい方。
    ・一眼レフカメラ、ミラーレスカメラをお持ちの方。
  • 受講料の説明

    受講料は、レッスン代(テキスト付)のみです。
    別途、新宿御苑の入園料200円(一般)が必要です。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    <当日の持ち物>
    ・カメラ :レンズ交換できる、一眼レフ・ミラーレスカメラ。
    ・レンズ : キットの標準ズームレンズ、望遠ズームレンズなど
     (マクロレンズをお持ちでしたらご持参ください。)
    ・電池:必ずフル充電でお持ちください。(予備電池があれば安心です。)
    ・空の記憶メディア :容量の不足にならないように、空き容量の確認をお願いします。
    ・カメラの説明書:説明書をお持ちください。お使いのカメラメーカー・機種によって操作方法が異なります。カメラ操作が不安な方は、事前に説明書に目を通していただくことをお勧めします。
    ・筆記用具:ペンをお持ちください。

    <当日の服装>
    ・動きやすい服、歩きやすい靴 : 徒歩で移動しながら撮影します。
     パンツスタイルにスニーカーなどがお勧めです。
    ・防寒対策:寒くないように、帽子・マフラー・手袋・カイロなどの防寒対策をお願いします。

    <お願い>
    お申込み時に、お使いのカメラメーカーと機種名・携帯電話番号を、お知らせください。

    <集合場所と携行品の確認>
    当日の集合場所と携行品については、講座2日前までにグループメッセージでお知らせします。

    <雨天中止>
    雨天の場合は、レッスンは中止となります。
    中止の場合は、グループメッセージにてご連絡をし、返金手続きをさせていただきます。

review

レビュー

  • 3

  • 楽しかった!( 1 )

  • 勉強になった!( 3 )

  • 行く価値あり!( 2 )

  • 女性 60代

    この講座は「季節感のある梅の花の撮り方を知る講座」でした

    早春を告げる梅の花を新宿御苑で撮るレッスンに参加しました。広い日本庭園のあちこちで紅白の梅の花がまるで日本画の世界のように咲き誇って居ました。


    このレッスンで、梅の花と桜の花の撮影の違いを教えてもらいました。梅は花が枝に直接ついて咲くので全体を撮るとごちゃごちゃ感があり至難の技です。そこで、一つの花に焦点を合わせてみたり、ぼかしを入れたり、そのぼかしも背景をちょっと選ぶだけで、木々の淡いモスグリーンが出たり、遠くの紅梅のピンクが醸し出すボケを出したりレンズの角度で楽しめることも知りました。梅だけでなく、早咲きの河津桜の撮り方もアドバイスをもらいました。初心者なのでなかなかうまくいかず、緊張の連続でしたが勉強になりました。

    また、野鳥のめじろが梅の花の蜜を吸いに飛んでくるので動く被写体の撮り方も習いました。初心者ですが実力を上回る写真が撮れました。この後、湯島天神でも、梅の花の撮影レッスンがあるとのこと。この時期を逃せば撮影できない季節の花木です。
    時間が許せばまたレッスンを受けてみたいです。大変勉強になりました。(^^)

  • 男性 30代

    この講座は「親切丁寧に教えてもらえる。」でした

    本日は急遽、都合により夜景の部に変更させていただきました。
    カメラの設定から、三脚の使い方やマナー等、とても勉強になり有意義な時間となりました。
    写真の楽しみ方がまた増えた感じで、これからもいい写真が撮れるように学んでいきたいと思いました。

  • 男性

    この講座は「背景を探す大切さを学べました!」でした

    今まで、梅などの写真を撮るとき、何とな背景がボケた感じでいいと思ってましたが、先生の説明で、主役の梅を引き立てる背景の作り方を教えてもらいました。梅を引き立てる背景を探す大切さがよく分かりました。メジロもピントがバッチリな写真が撮れて大満足です。

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています