浅草橋工房さんからの紹介で

会員登録

製品法規制入門_モノづくりの法律を知りましょう!

法律を知って正しいものづくり!メイカーが知るべき法律を分かりやすく教えます。

learn

こんなことを学びます

日本ではメイカーが様々な製品を自由に作って自由に販売することができます。その一方で、自由な物作りを行うためには様々なルール(法規制)を守る必要があります。メイカーは法規制を守りユーザーが安心して使える良質な製品を提供することにより生産活動を継続することができます。

この講座は、いろいろな電気製品の技術的法規制を分かりやすく講義します。また、製品を設計・製造する場合に必要な「法律で定められた技術基準」の調べ方を教えます。

<こんなことを学びます>
「ものづくり」に関係する日本の法規制を学びます。また海外の重要な法規制にも簡単に触れます。主な内容は次の通りです。
1.多くの製品が対象
   製造物責任法(PL法)、消費生活用製品安全法(消安法・PSC)
2.電灯線に接続する器具やリチウムイオン電池が対象
   電気用品安全法(電安法・PSE)
3.無線通信機器、マルチメディア機器が対象
   電波法、電気通信事業法、電磁ノイズ自主規制(VCCI)
4.製品のパーツに含まれる有害物質規制
   資源有効利用促進法、RoHS指令(EUの法律)
4.その他の重要な規制
・リチウムイオン電池航空輸送規制(航空貨物の規制)
・輸出貿易管理令(安全保障貿易管理)
・ドローン規制

<こんなことが出来るようになります>
・電気製品を作って売る人が知るべき法規制を一通り知ることで、法律違反を未然に防ぐことができます。
・法規制の詳細を調べるためのWeb、問い合わせ先、試験機関を知ることができるので、自力で効率的な調査・問い合わせができるようになります。
・一般常識として製品の法規制を知っておくと、ビジネスの中で正しい判断を求められた場合の助けとなります。

<こんな風に学びます>
・オリジナルの説明資料と参考資料を使い、実例の紹介や講師の体験に基づいた具体的な説明をこころがけます。
・受講者の方に時々質問を投げかけることで、メリハリをつけた講義をします。


<持ち物>
筆記用具

<定員>
基本6名

<告知事項>
1.この講座では、以下の内容は扱いません。
・法律の「抜け穴」を教えること。
・具体的な製品の法律相談
・各種の届け出などに関する個別の相談
2.講座の内容は一般論の説明となります。そのため「講師並びに浅草橋工房」は「この講座の内容を参考にしたこと」により「受講者の方に発生する結果」を「引き受けること」は一切いたしません。
21人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

過去に開催した日程一覧

浅草橋工房 さんの他の講座

teacher

この講座の先生

この講座の先生

Miyairi Nobuo

電子回路のことなら何でも聞いてください!

電気メーカーの開発者として勤務してきました。
特に音響関係を得意とします。
趣味においても、真空管アンプやラジオ、アマチュア無線機器の製作などを行っています。
長年培ってきた知識や経験を、皆さんと少しでも共有できるように願っています。

Thumb f6cc5a3e 684d 484c abc4 49cc9c7a6885

この講座の主催団体

浅草橋工房

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    所要時間180分
    資料に添って解説をします。不明点は、その都度、質問してください。
  • こんな方を対象としています

    ・実際に自分で物作りをしようとする方
    ・会社の業務で法規制を知りたい方
    ・一般常識として法規制を知っておきたい方
  • 受講料の説明

    参加費に含まれるもの
    工房使用料、傷害保険
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    店内には大けがにつながる工具・機械等が多数設置されています。無断で工具・機械類にお手を触れないようにお願いいたします。
    店内での食事(アメ・ガムを含む)はご遠慮ください。一部スペースでは飲み物もお断りいただいております。
    店内および周辺の道路は禁煙です。
    写真撮影は可能ですが、他の参加者、講師等が写らないようにご配慮ください。
    動画の撮影・録音はお断りいたします。
    貴重品はご自身で管理してください。

    その他、店内スタッフの指示に従っていただきますようにお願いいたします。

review

レビュー

  • 男性 50代

    この講座は「大変面白い、目から鱗の講座」でした

    はじめ、法律の勉強と思いましたが、知らないことばかりで、役に立つことばかりで大変面白い講座でした。

  • 男性 40代

    この講座は「電子機器取扱い業種で必ず出てくる法規制の理解ができました。」でした

    製造物責任法、PSE、電波法、環境規制等々。電子機器の取扱いに際して、必ず出てくる法規制を分りやすく説明頂きました。自分で調べて理解することにある程度のレベルで限界を感じておりました。しかし、経験のある先生より説明頂き、関連する規制の情報主集の仕方や簡易例などから、なるほどこういう事だったのかと理解できました。

  • 男性 40代

    この講座は「製品についての法律を学ぶことができました。」でした

    何気なく使用している製品について、沢山の法規制があることを知り勉強になりました。

  • 男性 50代

    この講座は「とても学んで良かった講座でした」でした

    もし自分が作り出した物が原因でトラブルが発生した時に、どういう事になるのか?というのは学んでおいた方が良いだろう…と考えていました。実際に学んで良かったと思います。こういう事は何か起こってから「知らなかった」では済まないと思います。事前に予備知識を付けたい方にお勧めです。(私個人は事前に不安だった点が解消しました)

  • 男性 40代

    この講座は「仕事に役立つ講座です。」でした

    仕事に生かしたいです。

  • 女性

    この講座は「電子機器の開発・設計に関わる人は知っておきたい内容」でした

    まずこの講座は、電子機器の設計開発や
    これから販売に関わる方に最適ではないかと思いました。

    講座内容は、電気製品に関する国内の法律にはどんなものが
    あるのかの大まかな解説でした。
    海外で行われている規制についても若干の解説がありました。

    個別の規則や認証があることは知っていても
    製品としてみたときに、どの規則に従う必要があるのか
    配慮しなければいけない項目は何かなどを
    網羅的に短時間で知ることができたのでとても有意義でした。

    例えば、ACアダプタを製品に同梱して販売する場合は
    PSEマークのついているもの、というだけでなく
    それを海外から輸入して添付する場合は貿易管理令に
    即した手続きも必要であるといった話が聞けました。

    実際に違反してしまうとどうなるのか、対策が不十分で
    あったために起こった事故などを過去の事例に
    沿って話をしてくださったため、理解しやすかったです。

    配布資料として示してくださったURLも沢山で
    個別の法令や事例をさらに知りたい場合も、後から
    振り返ることができる内容でした。

    どういった官公庁や試験機関に問い合わせたら
    よいかということも教えていただきました。

    大手企業は法律で定められた安全基準よりも
    さらに厳しい対策を当たり前にしていることなども
    知ることができて良かったです。
    当たり前ゆえに公表されてない対策も行わなければ
    ならないということが良く分かりました。

    疑問点について質問した際も実務に即した回答を
    いただけて良かったです。

    今回は国内の法律解説がメインでしたが
    海外に関する同様の講義や、国内の手続きや事例に
    ついての講義があれば参加してみたいです。

    規則の名前は聞いたことがあるが、どんな点に
    気を付けたらよいかわからない方にお勧めしたいです。