入園入学前のアドラー流勇気づけスペシャルお話会

元高校教師が伝える、未来につながるアドラー流勇気づけコミュニケーション

learn

こんなことを学びます

年々早まるお子さまの入園入学準備。
来春まで半年はありますが、何をしておけばいいんだろうと不安になりますね。
説明会に行くと「子どもを信じてください」なんて言われるけれど、簡単に信じられていれば困りません。

私自身、教員としての経験がありながら「子どもの力を信じて入学を楽しみにできるようにご協力ください」なんて就学前説明会で言われ、そのまま入学を迎えたら…あれもこれも実は出来るようになっている前提で学校生活が組み立てられていて愕然としましたっけ。。。

そんな裏話も交えつつ、ご家庭で大切にしてほしいアドラー心理学をベースにした勇気づけコミュニケーションについて、元教師からのメッセージとともにお伝えします。

★こんなことが学べます
勇気づけってどうしたらいいの?
「ほめる」のと勇気づけって違うの?
入学入園を迎えるお子さまとのかかわり方

ロープレやワークショップを体験していただくことで、勇気づけのポイントを学べます。

★学ぶと何が変わるの?
それまで当たり前だと思っていたことに着目するようになるので、子どもが自分に自信をもてるようになります。
そして、親もできることに着目していくので子育ての楽しみに気づきやすくなります。
だから、新しい生活を迎えるための不安が解消されます。

また、相手に共感しながら自分の気持ちや意見を伝えることができるようになるので、
建設的な話し合いができるようになります(相手が子どもでも大人でも!)。


★こんな方にお勧めです
お子様の入園、入学を控えて漠然と不安を抱えている
来春までにどのようなことが出来るようになっていたらいいのかわからない
子どもに感情的に怒ってしまって自己嫌悪に陥ったことがある
もう少し自分に余裕があったらいいのにと思う

★他のアドラー講座との違い
18年間教師として高校生を見てきた経験から、15年後をイメージした見通しを持った子育てをお伝えしています。
教育大改革の真っただ中の子育ては情報も錯綜して不安になりがちです。
現場を知っているからこそ伝えられる子育てポイントがあるのです。

★アドラー心理学とは?
「嫌われる勇気」でいちやく脚光を浴びているアドラー心理学。
実は、子育てにとっても役に立つんです。
なぜなら、アドラーはもともと教育に関心を寄せて実践研究をしていた人だから。
人間の悩みはすべて対人関係にあると考えたアドラーによる、勇気づけのコミュニケーションなのです。

★定員
先着 5名
(要望と開催スペースに応じて変わります)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

新宿・代々木

価格

¥8,000

受けたい
4人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

元高校教師の未来に繋がる勇気づけコミュニケーション

18年間、埼玉県、神奈川県の私立中高で国語科教諭として勤務し、教科指導の他、国際理解教育、留学生指導を行なってきました。
なぜ子どもたちの意欲や体力が変化しているのだろう?
留学から戻った生徒たちが生き生きしているのはどうして?
そんな疑問から、幼少期からの子育ての大切さや、日本と海外の教育スタンスの違いなどを学んできました。
プライベートでは2児の子育てを通して自分自身を見つめ直す機会を得ました。
そうした教育観や子育て観を模索する中で出会ったのがアドラー心理学でした。
子どもを勇気づけると同時に自分自身も勇気づけられる、目的論ベースの心理学は、教育においても子育てにおいても、子どもたちを輝かせることのできるアプローチです。
現在は高校教員としての経験を生かして「未来につながる子育てをしよう」をキーフレーズに、アドラー心理学による勇気づけコミュニケーションで思考力・発信力・共感力を育む家庭教育を提唱しています。特に、幼少期の親子のかかわりや勇気づけアプローチで自分の人生を豊かに生きることができることをロールプレイなどで体感できる勇気づけ講座は、家庭でも実践しやすい... + 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    10:30~ 自己紹介、アイスブレイク
    10:45~ アドラー心理学について
    11:00~ 勇気づけコミュニケーション ワークショップ、ロープレ
    11:50~ 振り返り、まとめ
  • こんな方を対象としています

    子育て中の保護者の方
    (特に今春、入園入学をお控えの保護者の方)
    教育について関心をお持ちの方
    アドラー心理学に興味がある方
  • 受講料の説明

    受講料には、資料代、場所代が含まれています。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    お子様連れでもご参加いただけますが、ご自身での保育をお願いしております。

more

この先生の他の講座

1

開催リクエスト受付中

コース

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています