お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

今話題のアクロヨガ にチャレンジ!47都道府県全てでレッスン開催中

対面

基礎を学ぼう!まずはここからスタートがおすすめ♪

こんなことを学びます

芸能人も多数体験してます♪

難易度★   運動量★★

【アクロヨガ】はなぜ始まったと思いますか。
歴史は古く、昔のインドから始まったと言われています。写真だけ見るとアクロバティッ クなイメージですが、治療やアジャストのために行われていました。
一見難しそうに見え ますが、一人では味わえない、体の伸び、体幹アップなど、
一度体験してみると病みつきに!
(簡単なポーズなら、赤ちゃんから年寄りまで、 すぐに出来ます♪)

今回の体験会ではアクロヨガを通して体の歪みチェックや柔軟性・筋 力アップ、またリンパマッサージにも繋がるポーズを学んでいきます。相手を信じる気持 ち、思いやる気持ち、人との繋狩りをより感じられるのもアクロヨガの魅力です。ぜひこ の機会に体験して みてください。

日本でも数少ない正式指導者から学べるチャンスです!
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格(税込)

¥5,000

現在は開催リクエストを受け付けていません
受けたい
68人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。

対面受講料に含まれるもの

無料ヨガマットあり・更衣室あり・シャワーなし

この講座の先生

アクロヨガ

アクロヨガジャパン代表
Acroyoga 正式指導者(level2)
Acro revolution正式指導者/全米ヨガアライアンスE-RYT200 (アシュタンガヨガ)

インド•アメリカ•アジア各国など世界中を旅する傍ら、2008年から都内を中心にヨガの指導を始める。
世界各国で生活をする中でアクロヨガにたまたま出会い、最初にヨガに出会った時と同じく、これだ!という直感と、ボディーコミュニケー ションが少ない日本の文化にアクロヨガを取り入れたい。広めていきたい!という強い気持ちが生まれ、アジア圏では希少なAcroyoga正式指導者の資格(level1・level2)を取得し、2013年、”ACRO YOGA JAPAN”を代表として立ち上げる。
現在は様々なヨガのイベントや、日本のみならず海外でも勢力的にWSを行い、TVや雑誌、CMモデル、ラジオ出演などアクロヨガをブームではなく流派にしたい!という想いで、活動の幅を広げている。

Instagram : @risa_acroyoga_japan
twitter : @risa_acroyoga
+ 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    10分前スタジオオープン
    受付→お着替え
    ウォーミングアップ
    基礎の動き
    少しチャレンジポーズ
    クールダウン
    お着替え→退室
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      当日はグループを変えながら練習していきますので、お一人でのご参加も大歓迎です!もちろんペア参加もOK!
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー2

    • 楽しかった!( 1 )
    • 勉強になった!( 0 )
    • 行く価値あり!( 1 )
  • W3

    女性

    この講座は「ハードだけど、新しい経験」でした

    初挑戦でとにかく必死でした。
    組体操みたいで楽しいですが、私は体力があまりないので最後の方はスタミナ切れでかなりキツかったです(;´-`)
    体験レベルならもう少し時間が短くてもよかったかなという印象です。
    かなり全身にくるので、次の日からは筋肉痛との生活になりました。
    普段の生活ではなかなかない体験ができるので、一度挑戦してみるのはオススメです!
    ですが、体力に自信のない方は講座の後のスケジュールはフリーにしておいた方がいいと思います(^_^;)

  • M2

    男性 30代

    この講座は「まさにアクロバティックなヨガ」でした

    久々に汗をかけました。ありがとうございました。

  • この先生の他の講座

    0

    開催リクエスト受付中

    渋谷・恵比寿
    15

    開催リクエスト受付中

    渋谷・恵比寿
    17

    開催リクエスト受付中

    渋谷・恵比寿

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?