BIMを学び始めるその前に

BIM革命から現時点までの状況と今後について

learn

こんなことを学びます

 BIM(Building Information Modeling)元年と言われて早6年。

CADからBIMへの流れがいよいよ本格化していく気配を感じている方も多いことと思います。

BIMを学ぼうとする方にとって、一体現状はどうなのか、今後どのようなスキルが必要になるのかを位置づけ、基礎知識として持っておいた方がよいと思われる点について解説するセミナーです。

BIMについては、その先端を行く日建設計の山梨氏が6年前に「BIM革命」という書籍を記し、建築における新たな可能性や方向性を位置づけし、それをもってBIM元年とも言われていました。
その後、BIMの概要本は数冊出版されていますが、BIMのメジャーアプリであるAutodesk社のRevitのテキストは、公式テキスト、エクスナレッジ、そして日本BIM普及センターが昨年10月に出版した3冊のみです。

CADテキストの多さを考えると6年で3冊というのはあまりにも少ないと思いますよね。
その理由と意味を理解した上でBIM習得をしていくべきではないでしょうか。

本セミナーでは、その点を解説しつつ、どう戦略的に学んでおくべきなのかを解説いたします。

[開催回数:2回 総受講者数:10名]

▼内容

1.BIM革命-BIMとCADとの違いについて

2.BIMが持っている可能性について

3.BIMが広まっていない問題点について
4.BIMを習得する上でのポイント

▼対象
CADオペレーターから、次のステップとしてBIMを考えている方、BIMに興味のある方を対象としています。
※このセミナーでは、BIMのオペレーション自体の解説は予定していません。

●受講後像
BIMを習得する際に必要な知識とは何か、何がポイントとなっているのかがイメージできるようになります。


▼参加費

4,000円(税抜)
※弊社ご登録者様への割引等は対象外となりますので、予めご了承くださいませ。

続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格

¥4,320

受けたい
11人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

山口 達也のプロフィール写真
一級建築士/BIM普及センター広報
山口 達也

1962年 三重県四日市市生
1986年 神戸大学環境計画学修士課程卒
イタリアの建築家レンゾピアノの元で関西国際空港ターミナルビルのCAD部門を担当。
その後数社を経て独立し、セルフビルドアーキテクトとして活動する一方、一級建築士製図試験塾・製図試験comを主宰。
昨年、日本BIM普及センター設立に参加し、平B方式によるBIM(revit)の普及に努める。
大阪市空家対策協議会委員、(社)人材育成支援機構代表理事、心理カウンセラー、催眠療法士、一級建築士。

この講座の主催団体
  • 719人
  • 315回
Fellows Creative Academy

【クリエイターの「学びたい」気持ちをサポート!】

フェローズはクリエイティブ業界専門の人材エージェント。常にスキルの向上が求められるクリエイターの学びの場を提供するため、Fellows Creative Academyを開設しました!

学んだ後、しっかりと就職のサポートができるのは、『フェローズだけ』。派遣・紹介予定派遣・正社員・委託請負と様々な雇用形態でクリエイターになりたい!をサポートします。

一部公開していない講座もご用意しておりますので、気になる講座やリクエスト等ございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。

主催団体に質問する 教室ページをみる

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    19:00~    受付開始
    19:30~21:30 セミナー
    21:30~22:00 懇親会
  • こんな方を対象としています

    CADオペレーターから、次のステップとしてBIMを考えている方、BIMに興味のある方を対象としています。
    ※このセミナーでは、BIMのオペレーション自体の解説は予定していません。

    ●受講後像
    BIMを習得する際に必要な知識とは何か、何がポイントとなっているのかがイメージできるようになります。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    筆記用具、メモ帳、(PC持込自由)


    ※遠方からお越しの予定の方へ※

    開催3日前までに開講の有無を決定させていただいております。
    開催人数に達しなかった場合は、開講見合せとなります。
    遠方からお越しの場合は、事前にご連絡いただけますと
    お申し込み状況をお伝えすることは可能です。

more

この主催団体の他の講座

関連講座

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

最近チェックした講座