02大阪:UIデザインの常識を改める「認知学から学ぶUIの基本」

UIデザインの基本の基を改めて学び直す、論理的で理に適った「表現」とは何かがわかる2時間です。

learn

こんなことを学びます

勉強になるUI専門書として、大好評書籍「だから、そのデザインはダメなんだ。」の著者が、書籍には未掲載の最新ノウハウも交えて、「使いやすい・分かりやすいWEBデザイン」のためのプロでも知りたいテクニックや知識をご紹介します!

今まで常識だと思っていた『いつも目にするWEBデザイン』は、人間本来がもつ知覚能力の限界や、認知心理学などのデータを用いて検証していくと、実は使いにくい・わかりにくいデザインだったことに気づかされることでしょう。
UIデザインの基本の基を改めて学び直す、論理的で理に適った「表現」とは何かがわかる2時間です。
キレイなデザインやカッコいいデザインだけじゃない、本当にユーザーの役に立つWEBデザインの仕掛けを理解できます。

▼サンプル動画
視線をコントロールする
https://youtu.be/m_gmQLyHTjU


▼この講座の受講者の声(東京会場参加者)
https://www.street-academy.com/myclass/15973?sessiondetailid=99196#review_box

【1】人間はそもそも見える範囲に限界がある
【2】ある一定量を超えた情報に対して読みたくなくなる心理
【3】短期記憶がカギになるWEB閲覧
【4】ナビゲーションの分かりやすさの仕掛け
【5】男性と女性の意識の違い
【6】誰でも使えるわけではない検索機能
【7】よくある質問は、よくない質問




この講座は、5部構成の第2部です。
第1部(https://www.street-academy.com/myclass/21229
第2部(https://www.street-academy.com/myclass/18297)※この講座です
第3部(https://www.street-academy.com/myclass/18298
第4部(https://www.street-academy.com/myclass/18300
第5部(https://www.street-academy.com/myclass/21228
もご覧下さい。
35人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:本町・淀屋橋

    受講料:¥ 4,800

過去に開催した日程一覧

香西 睦 さんの他の講座

teacher

この講座の先生

香西 睦

情報デザイン・ストラテジスト

「だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる」著者(エムディエヌコーポレーション刊)
昨今のWebサイト構築には、IA(インフォメーション・アーキテクト)による情報設計が必要だという認識がやっと定着し、あらゆる場面で IA が... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ▼所要時間:約120分ぐらいを予定しています。

    約5分ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    かんたんなごあいさつをかねて緊張をほぐします。

    約100分ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    本編講義

    約15分ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ディスカッション
    講義内容についての質疑応答
  • こんな方を対象としています

    Web制作初心者だけでなく、本当にユーザーの役に立つWEBデザインを修得したい実務経験者にも最適です。
    ・UIデザインに関わっている人(ディレクター、デザイナー、広報担当など)
    ・もっと効率的で評価されるUIデザインを勉強したい方
    ・WEBサイトやUIデザインについて役立つ情報がほしい方
    など、WEBがわからない人には特におすすめです。
  • 受講料の説明

    レッスン代、教材となる資料代、場所代が含まれています。
    ※大阪開催場合は、出張講演のため割高になっています。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    東京で毎月開催されるセミナーの『大阪出張版』として特別開催!
    関西地区ではなかなか聴けない、WEBデザイン歴約20年にわたるノウハウを知るチャンスです!

review

レビュー

  • 男性 20代

    この講座は「UX的でした。」でした

    色んなユーザーや、色んなシーンを想定したサイト設計の重要さを教えてもらえる講義でした。
    心理学や脳科学のような人の認識に基づいたデータなので信頼できる情報でした。