見込み客を引きつける広告タイトルの作り方を身につけます!

こちらから「売り込む」ことなく、見込み客からあなたの元へ買いに来てもらいましょう!

learn

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>

広告(チラシ・FAXDM・LP)のヘッドラインを決める上で
重要な3つのことを学びます。
※ヘッドラインは広告の見出し・タイトルに当たる部分。一番目立つところ

「自分では良くできたキャッチコピーだと思うけど全然反応がないな」
「どんなタイトルにすれば良いのか良く分からない」

そんな方に、
書く上での基本的な考え方を、
3つに絞ってお伝えいたします。
この3つを抑えておくだけで、
私は自社商品の反応率を0.001%から4%に
約400倍上げました。

広告においてヘッドラインは非常に重要です。
なぜなら、ここで見込み客の目を引かないと
「続きを読んでもらえない」からです。

続きを読んでもらえない=ゴミ箱行き。web閉じる×など
商品の魅力を伝えられない、悲しい状況に陥ります。

本講座では、
現役営業マンがダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)を学び、
日々実践しながら得た知識をお伝えしていきます。


<こんなことを学びます>

①《DRMの概要》※DRM:ダイレクトレスポンスマーケティング

「あなたは広告の定義について考えたことがありますか?」

今から100年以上も前に考えられたにも関わらず、
マーケティング業界の殆どの人が知らなくて、
間違った認識がはびこっていると
世界一DRMに詳しい男ドレイトン・バードは言っています。
ここでは改めて広告の定義について考えていくとともに、
DRMの目的と3つの魅力についてご紹介します。


②《反応の高い広告のタイトルを作る3つのコツ》

年商10億以上の企業を10社以上も立ち上げた
アメリカのスーパー起業家マイケル・マスターソンは、

「セールスレターの8割はリードで決まる」と言っています。

※リードとはヘッドラインとオープニングの総称のこと。
 読者が最初に読む部分と思ってください。

それくらい広告のタイトルは重要なのです。
ここで注意を引けなければ素通りされてしまいます。

ここでは、例をあげながら、
広告タイトルを決める上で重要な考え方を3つ紹介します。


③《ライティングタイム》

実際に学んだことをその場で実践してもらいます。
インプットは48時間以内にアウトプットしないと
身にならないと言われています。
頭の体操と思って、一緒に考えていきましょう!

質問形式にして、
回答を入れていくようなアウトプットを
予定しています。

以上の3コンテンツです。


<こんなことが出来るようになります>

あなたのビジネスをどんな風に見込み客に伝えれば
効果的に反応が取れるのかがわかります。

<こんな風に教えます>

屋内で、少人数制のグループで丁寧に教えます。
レクチャーとワークを組み合わせた二部構成です。
講師の一方的な説明にならずに参加者の皆さんと対話する形式で、
自由に楽しく学んで頂きます。

<持ち物>
筆記用具 ノート

<定員>
基本 5名
(要望と開催スペースに応じて変わります)


<なぜこの講座を開いたのか?>

私は大学院を卒業して、
研究ではなくビジネスの世界で活躍したいと思い、
某営業系ベンチャー企業に就職しました。

入社したは良いものの、
それはそれは大変な毎日でした(笑)

「受話器を下げないでね」と言われ、
毎日ものすごい数のテレアポを行います。
1日200件電話することもあります。

当然、最初は上手く話せないので、
相手に不審がられたり、
怒られたり、ガチャ!っと切られたり、
つらい日々でした。

同期も3人、入社半年ではやくも心身ともに疲弊し退職。
※同期は10人です。

そんな中、大手企業の標準仕様にうちの商品を採用してもらい、
自動的に売れる仕組みを作れるまでになりました。

何とかそこまで営業ができるようになったのですが、

「もっと効率よく売れるようにならないかな?」
と考えるようになりました。

もともと理系で研究をバリバリしてきましたので、
「もっと効率よく」とか「原理原則」とか考えてしまうのです。

営業やマーケティングにも、
何か法則というか、やり方があるんじゃないか?

たとえば、電話だとお客様が不在のケースも結構ある。
では、メールなら相手の手元に残るので、
伝えたいことをきちんと伝えられるのではないか?
と考え始めました。

そこで商品PRメールの書き方を勉強したいなと思い、
色々と調べたところ
ダイレクトレスポンスマーケティング
に出会いました。

そこでセールスのためのライティングを勉強し、
その「奥深さ」に感銘を受け、
気づけば200万円以上マーケティングの自己啓発に使いました(笑)

テレアポだけではなく、メールや自作のチラシなどで
反応を少しずつ取れるようになり、
他の営業にも使えるように商品PRメールや
チラシも共有するようになりました。

やはり、
見込み客から問い合わせをもらう方が、
精神的にもかなり楽です。
少なくとも向こうから興味を示しているわけですから。
こちらも嬉しいですし色々と提案もしたくなります。

私はこの手法を用いれば、
テレアポで苦しむことなく、
また見込み客も電話が頻繁にかかってきて
いやな思いをすることなく
お互いが気持ちよくビジネスをできるのではないかと思い
その手法をこのストアカで伝えていくことにしました。

目指すは
「テレアポをこの世からなくす」
です!

もしご興味ありましたら
不定期開催ですがご参加下さい♪

続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格

¥2,000

受けたい
2人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

セールスライター & Webマーケッター

初めまして。
セールスライターの桝口です。

セールスライティングは、見込み客の心に刺さり、
行動を起こさせる言葉をみつけ、
それを適切なメディアの中で使って
あなたの売り上げを倍増させるメソッドです。

コピーライターと違う点は、
見込み客に行動を起こさせる=商品の申し込み
をさせるために文章を書いています。

お申し込みは0120-〇〇...というタイプの広告であったり
通信販売などのカタログやチラシも
レスポンス(反応)型のコピーとも言います。
反応がどれくらいか「計測」ができる点が大きな特徴です。

この広告の文章を「どのように書けば」、
こちらから売り込みをすることなく
お客様を「引き寄せられるか」について教えています。


【講師経歴】
東京大学大学院 修士課程修了

某営業系ベンチャー企業に就職・営業を経験

ダイレクトレスポンスマーケティングに出会い、
その奥深さにのめり込み、
気づけば自己投資として合計200万以上使い込み、
深いレベルで学んでいる。

自社製品プロモーションなど独自に行い、
4%... + 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    タイムテーブル
    ・自己紹介
    ・ダイレクトレスポンスマーケティング概要
    ・広告タイトルを作る3つのコツ
    ・ライティングタイム
    ・最後に

    2時間程度で予定しています。
  • こんな方を対象としています

    広告の文章を考えても、手が中々動かない方。
    これからセールスプロモーションを考えようとしている方。
    起業したての経営者。など
  • 受講料の説明

    受講料には、場所代、準備経費、ストアカ手数料などが含まれます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    当日は、いろいろと書いていただくこともありますので、紙とペンを持って来てください。
    ライティングタイムでは、あなたが今売りたいと考えている商品の広告タイトルを作る予定です。どの商品にするか頭の中で決めておいてくださいね。
    商品は、物・サービスどちらでも構いません。

この講座を見た人は、こんな講座も見ています