コンディショニングから学ぶリハビリの見立てとパフォーマンスの最大化

自分に対する凛とした姿勢を整えるイチ手段としてのセルフコンディショニング。

learn

こんなことを学びます

第1回『セフルコンディショニングから学ぶ、リハビリの見立てと、パフォーマンスの最大化』無事に終了いたしました。その報告と第2回開催のお知らせです。

第1回参加者は、保険診療の在り方に疑問を抱き、本当に自分の武器となるモノを身につけようとアスレチックトレーナーを目指している柔道整復師のHさんと、元々ご自身の身体が弱く、同じように身体の痛みや違和感で悩んでいる人の助けになれればとタイ古式マッサージを学びはじめ、日々試行錯誤を繰り返しているKさん、のお2人でした。

Hさん自身がハムの肉離れを数回経験されたということで、その柔軟性低下を改善するためのセルフリリース。その流れで、臀部、ふくらはぎ、足のリリース。

Kさんは背中が固まりやすいとの事で、ストレッチポールの角を使った脊柱全体の動きの出し方。肩甲骨の動きの出し方。前腕のハリの取り方などについて提案、議論し、時にお互い施術し合って、身体に対する理解を深めていきました。


商社の人にアメリカから取り寄せてもらったマイオフェイシャルリリーサーもそれぞれで使ってみて、感触を実感していました。日本でもグランストンやガビラン、スキンストレッチなどが資格と共に売り出されていますが、購入前に試したいという人がいらっしゃいましたら是非いらしてください。


お2人とも気持ちが優しく、まだ自分に出来ることがたくさんある、と日々学ぼうとしている姿勢が、生西にとっても良い刺激になりました。良い言葉、良い魂に触れることは大切です。人間はある程度環境に左右され、依存していく性質を持っているからです。だからこそ、クライアントを前にした時の自分は、その時最高の自分である必要があり、自分がクライアントにとって、良い環境の一因でなければならないのです。

その自分を整える方法の1つとして、セルフコンディショニングを徹底して行ってみませんか? 自分の心身が整った状態で人の心身に触れることが、各種トレーナーやインストラクター、医療従事者、各種セラピストの最低限の努めだと考えております。その自分に対する凛とした姿勢が、必ず施術の技術をも進歩させます。

知識や技術が日々の積み重ねで広がり深みを増すように、人間性も日々整えていくことで円熟味を増し、言葉に力を持たせるようになります。セルフコンディショニングの習慣化はその1つの手段です。
 
セルフコンディショニングから人の身体の見立て方を学び、リハビリやトレーニングの指導に役立ててもらえれば幸いです。

 
具体的には、組織(多くは筋肉と筋膜)の深さというか厚みの概念が希薄なのではないか?という疑問。あとは力を加える角度というかベクトルを教えられたまま疑っていないのではないか?という懸念。生西の問題解決方法は、この2つを軸に展開していきます。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

目黒・五反田

価格

¥5,000

受けたい
3人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

身体の声を聞き、心身を調律するパーソナルトレーナー

テレビ局のAD。数学の講師。お笑い芸人養成講座の講師。2013、14ビューティーワールド東京にて講師。料理教室開催。小説出版。大阪維新の会政治塾一期生。現在は、トレーナーとしてできる未来への貢献、地域への貢献とは何だろう?を真摯に考えるため、一般社団法人日本トレーナー協会を設立し代表理事に就任しております。

ボディメイク&ボディケアハウスを運営しつつ、日々自分の身体との対話も欠かさず行い、コツコツと知識と技術を深めております。

初対面の人には大体「変わってますね」と言われるので、そんな人間でも大丈夫な人だけ、お問い合わせくださいませ。

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    【プログラム】
    ①講師・参加者自己紹介。
    ②参加者が行っているセフルコンディショニングを順に紹介。なければ講師のもの。
    ③参加者が抱えている自分の身体の問題、もしくはクライアントの身体の問題を順に紹介。なければ講師のもの。
    ・それぞれが抱えている問題の提起。
    ⇒参加者それぞれが問題点とその解決方法を推測。
    ⇒解決法の実践と議論。
    ⇒直後に得られる結果から再度考察。
    以上の作業を時間いっぱい繰り返します(継続して得られる結果は個々に考察)。

    ガチンコなので、膝、股関節、腰、肩、肘etc…何がテーマになるかは未定です。
  • こんな方を対象としています

    トレーナー、インストラクター、各種セラピスト、医療従事者など、人の心身に触れる仕事に携わっている全ての人。

    ダンスやバレエ、バスケやバレーボール、サッカーや野球、マラソンなど、何か真剣に取り組んでいるスポーツがあるものの、慢性的な痛みや違和感を抱えている人。
  • 受講料の説明

    受講料にレッスン代、場所代は含まれます。
    当日は動きやすい服装をご持参ください。

more

この先生の他の講座

関連講座

この講座を見た人は、こんな講座も受けたい登録しています