0からのWebディレクション講座:設計編

そのサイトは誰のためのもの?ユーザーのシナリオからサイト設計を考える!

learn

こんなことを学びます

【0からのWebディレクション講座】
インターネットが普及して、スマホ、タブレットが普及して、O2Oなんかのサービスも進んでいるのに、ウェブを作る過程の「Webディレクション」って誰も教えてくれません。不思議ですよね。 実際に第一線でディレクションしている人も、ディレクターを抱える法人も、これからディレクターを目指す個人も、Webディレクターとはなんぞやの定義を誰もすることができません。

なので、日本ディレクション協会では、GARAGE AKIHABARA( http://www.garage-working.com/ )のチカラを借りて、ディレクション業務をみんなが分かりやすいようにきちんと見える化をして、Webディレクションの基礎を学べる機会を創りました。



【こんなことが学べます】
Webの設計って何をすればいいんだろう・・・
とりあえず言われた要件通りにワイヤーフレームをつくれば良いだけ、ではないのはわかる。
だけど何をすればいいかわからない。そんな悩み、抱えていませんか?

Webにおける設計とは、作りたいWebサイトにおける目標を固め、それを実現するための具体的な指針を決める根本となるものです。

ここがきちんと設定されていなければ、あなたのWebサイト制作チームは路頭に迷い、なんだかちぐはぐなWebサイトができあがってしまうでしょう。


そんな状況を避け、サイトの目的をバッチリ果たせるようにするためには、そのサイトが誰のために存在するサイトで、そのためどのようなコンテンツを持ち、どのように実装されるべきなのか、これらをきちんと言語化し仕様に落としこむ必要があります。

そのためにWebディレクターが考えるべきことは非常にシンプル。


「ユーザーシナリオを考える」


あなたのWebサイトが本当に向き合うべきなのは、クライアントの要望ではなく、その先にあるユーザーの心理です。
そのビジネスでアプローチしたいユーザーは、一体どこであなたのWebサイトをみつけ、サイトの中ではどういったことを感じ、最終的に何をするのか。

このシナリオが、そのままWebサイト制作における道しるべとなり、制作チーム、ひいてはビジネスそのものをゴールへと導いてくれるはずです。


本講では、そんな「ユーザーシナリオ」の考え方を徹底してわかりやすく解説し、ワークショップを通じて体に馴染ませて帰っていただきます。

「言われたことを言われたとおりに作るだけのWebディレクター」から、「みずからユーザーに沿った設計を提案できるWebディレクター」にレベルアップしましょう。



【ミートアップ概要】
講義のあと17時から、WebディレクターやWebディレクターの卵たちが集まる交流会も開催されます!
※費用別途


【講師】
實川 節朗
https://www.facebook.com/motoho.jitsukawa?fref=ts


【主催】
日本ディレクション協会
http://www.direkyo.com/
https://www.facebook.com/direkyo.org
158人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:秋葉原・御茶ノ水

    受講料:¥ 3,000

過去に開催した日程一覧

日本ディレクション協会 さんの他の講座

teacher

この講座の先生

この講座の先生

實川 節朗

燻製好きWebコンサルタント

Thumb 0274b5e5 8396 4d95 8f3b 32633fac3a38

この講座の主催団体

日本ディレクション協会

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    13:00
    ・受付開始
    ・ディレ協からのお知らせ

    13:15
    ・講義開始
    ・ワークショップ開始
    ※グループワークでファシリテーターがつきます。

    16:00
    ・グループワークの発表
    ・講師からのフィードバック

    17:00
    ・ミートアップ開始!(同会場で行います。)
    ・参加費1000円(別途)フード、1ドリンク付き
  • こんな方を対象としています

    ・Webディレクションを0から学びたい、学び直したい社会人
    ※ディレクター他、デザイナー、営業、キャリアチェンジなどウェルカムです!
    ・Webディレクションを0から学びたい学生

review

レビュー

  • M1

    男性 30代

    この講座は「サイト構築の概要がわかる講座」でした

    ワークショップを通してある程度流れが体系的に理解できたのがよかったです