不登校の子供たち&子供の気持ちを知りたいお母さんの小さな写真教室

子どもの社会である学校。笑顔の裏で、時には言えない思いを抱えて苦しむことも。「学校に行けない」そんな時は、少しだけ写真で気分転換しませんか。

learn

こんなことを学びます

*** 学校に行けない子たち ***

子どもにも大人にも社会がある

大人になれば
自分で所属する社会を選ぶことができる

でも子どもたちには
所属する社会を自分で選ぶことができません

子どもたちの社会でも
日々、いろいろなことが起こっています

クラスの友達関係が変わっていく
昨日までお友達だった子も
今日はいじめる側にまわったり

子どもたちは時として
とても残酷だったりします

私たち親の願い
それは子どもに幸せになってほしい

我慢して
我慢して

お母さんを困らせたく無いと
おうちでは何でもないふりして

自分なりに頑張って
でも、「学校に行けなくなっちゃった」

そんな時もあるかもしれない

たくさん
たくさん
悩んで

おうちの人を悲しませてしまった自分を責めて
心がいっぱいで何にも手につかなくて
ぐるぐるしちゃう

それは、一生懸命がんばってるから。
でも、たまにはのんびりしてみてほしい

おうちにいるのもいい
でも、少し1人でおうちにいる時間に飽きてきたら

少しカメラで遊ぶのも
いい気分転換になるかもしれないよ

カメラを持ってお出かけするのは楽しいよ
一緒にお散歩しないかな。



*** 子どもの気持ちが分からないと感じるお母さん・お父さん *** 

最近、子どもの気持ちが分からない

「学校に行きたく無い」
「話を聞かない」
「勉強をしない」

小さな頃は素直でかわいかったのに・・・

そんな思いのお母さん・お父さん

よかったら、お子さんと同年代の子どもたちと
一緒に写真を撮ってみませんか?

自分の子からは聞けない
最近の子どもたちの流行りや
学校事情、お友達関係

そんなお話しが聞けちゃうかもしれません

自分のこともが何を考えてるのか分からない

どんなことを考えてるのかな
どんなことに興味があるのかな

お子さんの興味や関心が
他のお子さんの目線を通して見えてくるかもしれませんよ

<内容>
室内で、写真のうまくなる方法について
簡単に写真の撮り方についてレクチャーいたします。
その後、屋外に出てお散歩しながら街並みなどを撮影を楽しみ、
撮影した写真をレビューできる方には、レビューしていただきます。

<ご参加いただける方>
 ◯親子参加(小学校4年生までは保護者の方もご参加ください。)
 ◯子どものみ参加(小学生5〜高校生、小学生の方は送迎をお願いします。)
 ◯お母さん・お父さん

<持ち物:講座の持ち物>
 ◯カメラ(カメラの種類は問いません。携帯カメラでもご参加いただけます。)
 ◯SDカード(携帯カメラの方は必要に応じて)
 ◯必要に応じて飲み物など

<定員数>
基本 8名
(要望と開催スペースに応じて変わります)

teacher

この講座の先生

さいとう ひでみ

3rdPコミュニケーター&フォトグラファー

こんにちは。
さいとうひでみです。

3rdPコミュニケーターの
「3rdP」とは私が大事にしている3つのPです。
3rd position(第3の立場)
3rd point(第3の視点)
3rd place(第3の場所)

フォトグラフィ... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • こんな方を対象としています

    ・写真を習ってみたいお子さん(お母さん・お父さん)
    ・子どもの目線を見てみたい人
    ・学校に行けないこと悩んでる子どもたち(お母さん・お父さん)
    ・学校以外でのお友達がほしい子どもたち(お母さん・お父さん)
    ・子どもと一緒の趣味がほしいお母さん・お父さん
    ・子どもの考えてることを知りたいと感じてるお母さん・お父さん
    ・学校以外の場所がほしいと思ってる子どもたち(お母さん・お父さん)
    ・思いで作りをしたい人
    ・仲間がほしいと思ってる人
    ・いつもと違うことをしてみたいと思ってる人
    ・自分の好きなものを見つけたい人

  • 受講料の説明

    *受講料にはレッスン代、場所代が含まれます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    *小学校5年生以上は、お子さまだけのご参加も可能です。
    (小学校4年生までは保護者の方もご参加下さい。)

    *保護者の方のみご参加も可能です。

    *屋外での撮影は充電などをする場所がありません。
    カメラはフル充電してきてください。

    *SDカードなど記憶メディアは余裕をもってご準備ください。
    (特にお子さまの撮影枚数は、非常に多い傾向があります)

    *自由な姿勢で楽しみながら撮影することをお伝えしていきます。
    汚れる可能性がありますので、汚れても良い格好でお越しください。