【ビギナー向け】本の出版を目指す人はぜひ知っておきたい基礎講座

少人数制だから何でも聞けます。600冊の編集者が伝授する、本の企画・構成から、取材・執筆・出版社へのアプローチまで、価値ある150分講座です

learn

こんなことを学びます

◎思い立った日の”気持ち”が大切です◎
「たった1度の人生、やりたかったことにチャレンジせず、終えてしまうのはあまりにも心残りだったから」。先日、念願の小説をリリースした70歳(女性)の受講生のひと言です。


◎本講座のお勧めポイント◎
・600冊以上の書物を出版した編集者がていねいにレッスンします
・少人数制(3名まで)ですから、講座の途中でも質問ができます
・受講者はみなビギナーですから、初歩的な疑問も聞きやすい講座です
・不慣れな構成の演出方法、出版社へのアプローチ法までわかりやすく解説します
・最後に質疑応答の時間を設けます。出版のことならなんでも聞いてください。
・費用のかからない出版方法をアドバイスします。最近は「商業出版できます」といいながら、本の買い取りを要求する出版社が増えてきました。その請求額は数百万円以上です。甘い誘惑には裏がある、と思ったほうがよろしいでしょう。

●ご案内●
<魅力あふれる出版のステージ>
 ここ数年、誰もが出版できる時代になってきました。わかりやすい例では『アマゾン・キンドル』の電子書籍、ペーパーバックのPOD(紙の本もアマゾンから出版できます)があげられます。巨大Web ストア『アマゾン』を舞台に、いともカンタンにかつ費用をかけずに販売できます(電子書籍の場合)。もし、読者の反響が良ければ、35%〜70%の印税収入も期待できます。

<セルフ出版が抱えている問題点>
 とはいえ、問題点も出てきました。カンタンに出せるとはいえ、読者から代金をいただく商業出版です。薄っぺらな本、つまらない内容の本をリリースしようものなら売れないだけでなく、たちどころに星ひとつふたつのネガティブレビュー(悪評)を喰らってしまいます。出版した時はうれしくて有頂天になりがちですが、数ヶ月後は悪評のあまり、自己嫌悪に陥る著者も多いのです。

<本講座の目的>
 本講座ではそのような悪評本にならぬよう、ベテラン編集者がプロの作法で本作りの重要なポイントを伝授します。このノウハウを知ると知らないでは、仕上がりに大きな差が生まれます。

 さらに本講座では出版社へ売り込んで紙の本を出版するという、正攻法のアプローチもレッスンします。ただし、こちらはさらなる構成力アップとクオリティアップが求められます。つまり出版社の編集者に見てもらうわけですから、安易な企画(原稿)は蹴落とされてしまいます。

<もうひとつ上の世界を目指そう>
 このようなハードルの高いアプローチにも、堂々と対抗できるようなノウハウを伝授しましょう。多くの本をプロデュースしてきた私からお伝えすることはたくさんあります。そのなかでも、いちばん重要な項目をひとつあげるとすれば構成力(コンテンツ)が大きなカギとなるでしょう。

 今回の講座で少人数制にこだわった理由は、みなさんとのコミュニケーションを大切にしたいからです。150分という長めの枠のなかで、わかりにくいことはきちんと説明し、受講者さんもどんどん質問できる体制を作る。そうでないと、みなさんの力量はストップしたままになります。

 この講座は長丁場ですが、内容は非常に濃いです。終了後は「ああ、こういうことだったんだ」と疑問点が解決できると思います。みなさんビギナーですから、初歩的なことでも恥ずかしがらずに聞いてください。さあ、あとはあなたがスタートを切るだけです。


※恐れ入りますが他のサイトでも募集しておりますので、早期に締め切りとなる場合があります。お早めにお申し込みください。

※本講座は制作料支払いや買い取りを必要とする出版社への紹介、仲介は一切行っておりませんのでご安心ください。

続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中

12/22 (土)

2:00PM - 4:30PM

東京 / 池袋・巣鴨

予約の締切り日

12/21(金) 2:00PM まで

参加人数

0/3人

開催場所

JR埼京線 浮間舟渡駅 徒歩2分

住所は講師の要望により予約者のみに開示

価格(税込)

¥12,500

  • 受付中

    12/22 (土)

    2:00PM - 4:30PM

    東京 /池袋・巣鴨

    選択中 選択
  • 日程が合わないですか?
    気軽に先生に開催リクエストしてください。
    開催リクエストする
受けたい
79人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

600冊の編集ディレクター

編集者として出版社に10年勤め、その後独立して編集プロダクション株式会社ハミルトンを設立。企画書作成5000本以上、書籍&雑誌製作数600冊以上、10万部以上のベストセラー5冊……。このような経験から培った企画力・文章力・取材&構成力のノウハウを惜しみなく紹介します。他のセミナーにありがちな知識の羅列ではなく、どのようにしたら結果に結びつくのか、その緻密な仕掛け方を惜しみなく披露します。ビギナーの方にもスムーズに理解してもらえるよう、事例を多数用いて説明いたします。グループ、企業への出張セミナーも対応。

●株式会社ハミルトン代表取締役/編集長
●フジサンケイグループ広告大賞審査委員
●「東京シティガイド検定」合格者
●最新の著作電子書籍/オンデマンド本『電子書籍の作り方がカンタンにわかる本』、amazonより好評発売中。IT・入門書部門1位、マスメディア部門1位、書店・古書店部門1位獲得。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00FGUOFIW/
また、プロデュースした電子書籍においても『amazon kindle』総合1位、無料部門1位を獲得。
+ 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ●セミナー内容のご紹介(約150分。途中、休憩を入れます)
    *最初にレジメテキストをお渡しします。本講座はこのレジメをベースに進行します。

    Part1★【企画発想編】ここを重要視しましょう。どうしたら売れる本になるのか? 客観視できる感覚を養ってください!
    Part2★【取材編】自分のやりたいことは大切です。しかし、絵に描いた餅にならぬよう、調べてからです。本当に面白いネタが集まるのか、よく調査しましょう!
    Part3★【コンテンツ(目次構成)編】ここが肝心です。プロに学ぶ! 質感を高めて、面白さを演出する構成手法
    Part4★【執筆編】商業出版の文章のコツをお伝えしましょう。ポイントは読み手を感動させることです。
    Part5★【メディア戦略編】原稿が出来上がったら、ここからが勝負! 販売メディアや出版社へのアプローチ方法 ほか

    *最後は質疑応答の時間を用意します。
  • こんな方を対象としています

    1 本を出版してみたいと思っているビギナーの方
    2 コンテンツ(目次)を構成する際、上手にまとまらない方
    3 取材や執筆方法がよくわからない方
    4 出版した際、恥ずかしくない本を作りたい方
    5 ご自身のビジネスにつなげる書物を作りたい方 ほか
  • 受講料の説明

    すべて含まれています。カフェでのお飲み物も主催者側が負担いたします。

    【優待ポイントあり】
    私が紹介したお友達として登録していただければ
    500円分のポイントがゲットできます!
    /t2uruTxR
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    <本セミナーに関して>
    *少人数制の講座ですので、3名様までとしております。個人でのレッスンをご希望の方はメッセージにて講師へおたずねください。
    *お渡しするレジメテキストをベースに解説します(プロジェクターは使用いたしません)。
    *筆記用具、ノートをご持参ください。
    * 本講座は実用書寄りの内容ですが、文芸(小説)寄りの方も受講する価値はあります。なお、文芸専門のセッション(複数回講座)も私の講座に用意しております。
    *会場はカフェレストラン、もしくは小規模会議室で行います。会場が変更になる場合は事前にご連絡を差し上げます(変更があっても近場のエリアです)。
    *タイトル、内容等、僅かながら変更になる場合があります。
    * 『amazon kindle』への具体的なアップロード法は講師の電子書籍(プロフィールにあり)をご参照ください。本セミナーでは効果的な対策を中心にご説明します。
    * セミナーの内容は紙の書籍、電子書籍の双方に関連することです。私の考えは紙の本、電子書籍とも内容的には同じ作り方ですので、分け隔てはいたしません。電子書籍を出版した直後に、出版社から紙の本のオファーが来ることさえありますから、両者は非常にリンクしているのです。
    *締切日は繰り上げて設定する場合があります。また、他サイトからの申し込みもありますので、早期に終了する場合があります。受講希望の方はお早めにお申し込みください。
    *恐れ入りますが、本業の編集業務優先のため、2017年以降は月に1回くらいの開催ペースとなります。あらかじめご承知おきください。
    *遠隔地の皆様へ。もし、3名のお集まりが可能でしたら出張もいたします(おひとりの場合でも3名分のご予算で可能です)。その場合、交通費はご負担願います。

    *「開催リクエストする」をクリックされる場合は開催の希望日(複数案)をメールにてお送りください。対応できるかどうかお返事させていただきます。



    では皆様のご参加を心よりお待ちしております。

review

レビュー

  • 12

  • 楽しかった!( 8 )

  • 勉強になった!( 12 )

  • 行く価値あり!( 7 )

  • 女性 40代

    この講座は「出版を考えている人はとりあえず受けたほうが良い講座」でした

    明るいカフェでレジュメに沿って細かく丁寧に教えていただきました。カフェでしたのでケーキとお茶をごちそうになってしまいました!
    書籍出版は以前からの夢で、書きたいことが色々あったのですが、まず何を手がけたら良いのかなど悩んでいたときにこの講座を見つけました。
    編集者の視点からアドバイスを頂けて非常に参考になりました。実際に出版するまでにはまず考えをまとめるのに時間がかかると思います。また書きたい本と売れる本は違うので、第三者、それもプロのアドバイスは必要だと思います。
    講座を受けて2日経ちましたが、だいぶ考えがまとまってきましたので、教わったとおりにすすめて行きたいと思っています。非常に有意義な講座で、本当に価値がありました。ネットを見れば自分だけで出版することもできると思いますが、実際にあって説明をしてもらうのはいいですね。出版に悩んでいた自分への後押しになりました。プロのやり方のようなものが感覚的に得られることは大きな収穫です。一回で終わる講座ではありますが、実際に出版の段階でもう一度お世話になると思います。ありがとうございました。

  • 男性 30代

    この講座は「本を出すことの第一歩を後押ししてくれる講座」でした

    電子書籍を手段にして商業出版を目指す基礎講座でしたが、
    実践的な内容まで教えていただき行動に移したくなる雰囲気の講座で
    大変満足しました。

    具体的には
    ・日常の世界に対してのアンテナの張り方
    ・効率が良く礼をわきまえた取材方法
    ・コンテンツの構成方法
    ・商業出版での文章の書き方
    ・PRの方法

    上記のパートごとにちょっとしたトレーニングもあり面白かったです。
    講師の先生は、そこでの自分なりの物の見方をひとつの視点として認めてくれた上で
    先生なりの見方や商業出版ならではの見方を教えてくださります。
    こちらの世界観を否定せずに別の見方を優しくご教授いただくので
    受ける側として頭の中に自然に入ってきます。
    その他にも、電子書籍の現況や商業出版でのPR方法など吸収できる知識の幅も
    充実しおります。

    講師の三武先生は、気さくな方でとりとめもない会話の中から
    私のテーマを見つけてくれたうえで実践的に教えてくださるので
    自信にもなりました。

    このひとときを無駄にせず、次の一歩へつなげていこうと感じました。

  • 女性 40代

    この講座は「本なんて書いた事も出版に携わった事が無い人でも、発想から構成から、どうやって本を出して売っていくかがわかる講座」でした

    いつか本を書いてみたい、出してみたいと思いつつも何をして良いか判らなくて、この講座を見つけて受けてみました。先生はその道では大変のプロのようで、発想方法から、作り方、編集や構成のポイント、また本を作成した後の出版のやり方、売り込み方まで、一通り教えて頂きました。途中、途中で演習があり理解度が高まるのも良かったです。
    後は、私がどこまで真剣にこの講座で教わった事を根気よく実践できるかだと思います。
    がんばります!

  • 女性 40代

    この講座は「夢への一歩をふみだせる講座」でした

    多くの本をプロデュースされる先生に、本の企画から出版までのノウハウを丁寧に教えて頂ける、とても充実した講座でした。
    先生のユニークな発想法で、自分の狭い視野を広げていただけました。受講して良かったです!

  • 女性 30代

    この講座は「本を出版するまでが学べる講座」でした

    本日は、ありがとうございました!
    本の書き出しから構成、出版に至るまでをしっかり教えていただきましたので、自分に欠けている部分がとても勉強になりました。
    これから必要な事を学びましたので、今後に活かしていきたいと思います。
    また、講座に参加させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています