03東京:ユーザーのニーズとリテラシーを基準に考える〜UIデザイン

デザインだけでは実現できない「ユーザーニーズやユーザーのリテラシー」に応えられる、UIに最も大切なコンテンツ企画の重要性を学ぶ3時間半です。

こんなことを学びます

大好評書籍「だから、そのデザインはダメなんだ。」の著者が、書籍には未掲載の最新ノウハウも交えて、「使いやすい・分かりやすいWEBデザイン」のためのプロでも知りたいテクニックや知識をご紹介します!

著名サイトで表現されているデザインやインタフェースは参考事例として注目を集めますが、そのユーザビリティ性能を分析していくと、実はユーザーにとっては使いにくい理由が、数多く浮かび上がってきます!
新しくリニューアルしたこの講座では、読み手となるユーザーのリテラシーや知りたいことが考慮されずに、作り手が主体になったコンテンツ設計になっている現代のWebの作り方に一石を投じ、UIデザインの落とし穴と呼ぶべき盲点から、本来あるべきユーザビリティ性能とは何かをたっぷりと学ぶ3時間です。

▼講義内容(内容を一新して新登場!)
【リテラシーに寄り添うコンテンツ編集】
・UIとは?
・UXとUIの違い。一般の人が見えていない世界を見据えることの重要性
・制作側の常識が利用者の常識にはならない時代の変化
・使う側のリテラシーに寄り添う
・もっとも欲しい情報にリーチすることこそUXだ
・タイトルとリードで伝わる情報デザイン

【ユーザーとの接点を大切にするための考え方】
・検索窓を使わなくても、だれにでも使える検索機能
・よくある質問は、よくない質問
・UIデザインはWEBサイトのおもてなし
・ユーザーのニーズを捉えるサイト設計の考え方
・ユーザーニーズを読み解くWEB戦略に基づく3W1H
・ユーザー視点から実現したターゲットシフトによる成功例

▼サンプル動画
ユーザーの知りたい度
https://youtu.be/IppO9j8B5Ow?t=31
使う側のリテラシーに寄り添う
https://youtu.be/IlnciFU15Rw?t=36
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

銀座・大手町

価格(税込)

¥8,500

受けたい
219人が受けたい登録しています

この講座の先生

情報デザイン・ストラテジスト

「だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる」著者(エムディエヌコーポレーション刊)

1989年にグラフィックデザイナーとして独立。1995年に大手電機メーカー系のWebサイト制作を多数手がける中、Adobe Flashのクリエーターとしても活躍後、2001年、電通グループ 株式会社デジタルパレット(現電通アイソバー株式会社)の設立時より現在に至るまで、独自のデザイン理論とユーザー視点の構造設計・情報デザインで、大手企業のWebサイト構築やリニューアルプロジェクトの中心メンバーとして多数参画。

昨今のWebサイト構築には、IA(インフォメーション・アーキテクト)による情報設計が必要だという認識がやっと定着し、あらゆる場面で IA が引く手あまたになっている状況と言ってもよい時代になりました。
そんな中で、Webサイトの制作担当者やWEBデザイナーが、ユーザー視点のWEBデザインを修得・実践できる機会になればと、『本来あるべきWebサイト作りの武器』として、お役に立てることを願い、本講座を開設することにしました。
+ 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ▼所要時間:約180分ぐらいを予定しています。

    約10分 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    かんたんなごあいさつをかねて緊張をほぐします。

    約160分ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    本編講義

    約10分ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ディスカッション
    講義内容についての質疑応答
  • こんな方を対象としています

    WEBデザイナー、UIデザイナーなど、実務としてデザインや設計に関わっている方だけでなく、ディレクターやプロデューサー、企業のWEB発注担当者にも最適です。
  • 受講料の説明

    レッスン代、教材となる資料代、場所代が含まれています。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ※この講座は、受講内容の理解をより深める目的で、
     講師が受講生と一部会話しながら進めて行く部分があります。
     話しかけられることが苦手な方は事前にお申し出ください。

    ▼この講座は6部構成の第3部です。
    ★初心者でわかる導線と動線!
    第1部 ユーザー視点のUIデザインへのヒント「街中のサイン表示」
    https://www.street-academy.com/myclass/15959
    ★UI性能を科学的裏付ける!
    第2部 UIデザインの常識を改める「認知学から学ぶUIの基本」
    https://www.street-academy.com/myclass/15973
    ★サイトを使う側のリテラシーを考える!
    UPDATE!! 第3部 ユーザーの視点に寄り添う〜わかりやすいUIデザインのツボ ◆この講座です
    https://www.street-academy.com/myclass/16175
    第4部 直感的で快適なWEB環境を作る「スマホ用UIデザイン」
    https://www.street-academy.com/myclass/37429
    ★実戦的情報デザインの知識を身につけたい!
    UPDATE!! 第5部 提案の説得力を高める「ユーザー視点のUI設計&提案書」
    https://www.street-academy.com/myclass/29417
    ★今すぐ業務に使いたい!
    第6部 初めてでもできる!「かんたんサイト分析/説得力ある評価レポート」
    https://www.street-academy.com/myclass/20569

レビュー

  • 33
  • 楽しかった!( 8 )
  • 勉強になった!( 25 )
  • 行く価値あり!( 15 )
  • W1

    女性

    この講座は「UIデザインの本質について学べる講座」でした

    人がどう感じ、どう行動するのか?利用者のリテラシーに沿って制作するという事について、あらゆる角度から教えて頂けました。
    わかりやすく、綺麗な資料と共に説明して下さり、専門的な内容は勿論のこと、web制作における一般教養の俯瞰としても素晴らしいと感じました。受ける前は長いと感じた3時間があっという間でした。

  • W3

    女性 40代

    この講座は「楽しく学べる講座」でした

    WEBの話はもちろんですが、関連する情報や最近の話題にも触れるため、飽きずに楽しく聞ける講座でした。

  • M3

    男性 30代

    この講座は「現場で生かせるポイントを多く学べる講座」でした

    各インターフェースやコンテンツ構成について、具体的な事例を交えながら注意すべきポイントや考え方について学ぶことができました。大変為になりました。

  • W1

    女性 30代

    この講座は「学びが多い講座」でした

    自分たち製作者(もしくは顧客)に寄った、「作りやすい」「管理しやすい」サイトを作っていたなと気づかされました。
    サイトを閲覧するユーザー目線の大切さを改めて感じ流ことができた講義です。

  • W1

    女性 30代

    この講座は「これから勉強する人でもよく分かる内容」でした

    【このセミナーの感想】

    ・これから知ろうとする人にはちょうど良い
    ・「知ってるけど、知らないことがあるかも...」という人には、少し物足りないかも(なるほど、と思う部分はありました)
    ・頂いた資料や、セミナー自体は分かりやすくて良い
    ・こちらのセミナーは逆質問が多いので、好き嫌いが分かれる(話し方がフランクで、質問された時はその内容と話し方に"私は"イラっとしました)
    ・1回休憩を挟んで計4時間かかるので、集中力が必要

  • この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています