木版を使ってオリジナルの更紗を作りませんか?

何かしたい!新しい事にチャレンジしてみたい!そんな方はぜひ一度のぞいて下さい♪

  • 開催回数

    0
  • 受けた人

    0
  • 受けたい人

    0
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます

更紗(さらさ)とは?
16世紀末より17~18世紀にかけて日本に輸入された、インド・ジャワをはじめタイ(シャム)・ペルシア・ヨーロッパ製を含む外国の木綿の模様染めの総称です。
今日では日本への輸出品に限定せず、これらの地域でつくられたこの種の染色品を広く更紗と呼んでいます。
木綿を素材とし、肌に心地よく健康的で丈夫で、しかも華麗な文様をもつ更紗は、インドや東南アジアばかりでなく、世界で広く愛されています。

竹岱亭では木版を使った木版更紗を伝承しています。

ほうや山桜の木をそれぞれデザインにあったサイズに切り、木版を彫る所から始めます。

皆さんに体験して頂くのは竹岱亭一甲が彫りためた版木を使って更紗の模様を好きなように描いて頂き、自分だけの一品を作って頂く事が出来ます。

まず
①自分の作りたい物を想像し生地を選びます(生地の大きさ、色)
②好きな版木を選びます
③版木を押す練習を終えたら
④実際に①で選んだ生地に版木を押していきます
⑤版木を押し終えたら色をさします

ここで第一工程出来上がりです。
その後、工房にある蒸し器で蒸し、色を定着させます。

色が定着した生地が手元に届きます!
これで第二工程完成。

この生地をそのまま額縁に入れて飾るのも素敵ですし、バックや小物、お洋服に仕立てるのもいいですね!
Facebook&Instagramに作品例も載ってますので是非チェックしてみてくださいね!
Facebook:竹岱亭
Instagram:chikudaitei

仕立ては竹岱亭でも別途承る事が出来ます。
イメージで伝えて頂いてお仕上げする事も出来ますので是非ご相談ください♪






この講座の先生

浅井 一甲
WEB

浅井 一甲

日本の伝統工芸に出会える場所

兵庫県 竹岱亭(ちくだいてい)にて伝統工芸を教えています。
伝統工芸といっても幅広いですよね。

竹岱亭では下記の様に色々な伝統工芸に触れて頂けます。
・木版更紗(彫りためた版木は5000個以上)
・草木染(藍染・柿渋染め・クヌギ染め・紅花染め...

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数0

教えた人数0

当日の流れとタイムスケジュール

当日の流れ
例1
午前10時~午後2時(ランチの時間含む)
~10時 工房到着
~11時 木版更紗についての説明や皆様のご希望を伺いながら作りたい物のイ     メージについて相談
11時~ 実際に木版を押して頂く
(昼) 昼食 約1時間
~14時 木版押しを再開、色差し、仕上げと進んでいきます。

例2
午後1時~午後5時半(お茶の時間含む)
~13時  工房到着
~14時  木版更紗についての説明や皆様のご希望を伺いながら作りたい物のイ      メージについて相談
14時~  実際に木版を押して頂く
(間)  お茶タイム 約30分
~15時半 木版押しを再開、色差し、仕上げと進んでいきます。

自宅兼工房の為、上記以外の時間帯も柔軟に対応出来ます^^
ランチの時間、お茶の時間も作業のキリが良いところで、という感じです。
工房が10時以降スタートの為、10時以降の時間帯でしたらお好きな時間をご連絡頂いて大丈夫です!
みなさまのお越しをお待ちしております。

こんな方を対象としています

物づくりが好きな方、自分で色々作るのが好きな方、新しい物に触れたい方、是非一度遊びにいらしてください!

また何かしたい、新しい事にチャレンジしたい、そんな方もきっと新しい発見ができると思います!

受講料の説明

受講料は3時間分です。(初回の小さいものでしたらだいたい3時間程で仕上がります^^)
材料費は別途かかります。
カードケースサイズ:17×23cm 1000円~(染料代込)
カードケース製作代:1100円

受講する際は以下をお読み下さい

兵庫県の山の中に位置しております。
動きやすい格好でお越し頂いて大丈夫です。

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:兵庫県内

    受講料:¥ 3,000

この講座の関連ツイート

Page Top