2回コース DIVE INTO CODE インフラコース

インフラエンジニアとして活躍できるようになるまでの滑走路をご用意しました。

learn

こんなことを学びます

インフラ・エンジニアとして以下を実現できるスキルを身につけます。

- 小中規模のサービスに対応出来るインフラを一人で構築/運用が出来る
- チームにインフラが得意なエンジニアがいないところでインフラ業務が担当出来る
- フリーランスで単価月10万アップ
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格

¥128,000(¥64,000 × 2 回)

受けたい
0人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

DIVE INTO CODE 代表講師

MBAエンジニア講師。29歳未経験からワークスアプリケーションズの問題解決能力発掘プログラムを突破し、「何でも考え抜けば実現できる思考」が開眼。独立・起業過程でエンジニア人材の不足を痛感し、プロのエンジニアになるために挑戦する人がチャンスをつかめる「DIVE INTO CODE」を創業。

detail

講座詳細

カリキュラム

  • 第1回 基礎

    step0. 基礎知識編
    - Linuxの基礎
    - ITインフラとは?
    - Webサーバー、DBサーバーのミドルウェアの種類と特徴差

    step1. サーバー構築力の向上
    - WordpressをNginx + PHP-PFM + MySQLで構築する
    - サーバー設定、パッケージ管理、ミドルウェアの理解

    step2. インフラのコスト視点とパターン見積もり
    - インフラにまつわるコストとは?
    - 予算から考えるインフラ構築とそのパターン
    - インフラの見積もり

  • 第2回 応用

    step3. サービス運用
    - メンテナンス対応
    - インフラの変更
    - 監視について(監視サービス、監視サーバーについて
    - Ansibleなどの構成管理ツールの導入
    - 同一ドメイン複数アプリケーション運用

    step4. 負荷試験・トラブルシューティングとチューニング
    - アプリケーションのメモリ管理(メモリリーク対策
    - ログ管理とログの確認
    - 負荷試験
    - DBのチューニング

    step5. 卒業試験・Labo
    - conoha VPSでインフラ構築と適切なアプリケーションdeploy
    - AWSでインフラ構築と適切なアプリケーションdeploy x 2パターン

  • 受講料の説明

    - 全8回対面授業
     平日夜/週一回:全参加者合同での定期講座
    - オンライン質疑サービス

more

この先生の他の講座