デザイン・シンキングって何?

デザインシンキングの一端をわかりやすく体験してみよう

learn

こんなことを学びます

 最近「デザイン・シンキング」ということばを聞くことがありますが、なんだかよくわからないとおもいます。
いろんな人が各々の立場からいっているので無理もありません。
例えば企画のアイデアを出すときの手法で「オズボーンのチェックリスト」という手法がありますが、これもなかなかうまくいかないものです。
私の経験からいえば、プロダクトデザイン(たぶん他の分野のデザインでも)のアイデアを出すときにデザイナーは実は無意識にこんなことをしています。
その具体例を説明して、それを形の見えない企画やイベントなどのアイデア出しに展開してみます。
添付の画像1はオズボーンのチェックリスト、画像2は私の描いた説明図、画像3はデザインを学ぶ若い学生にやってもらったものです。
言葉で書くとむずかしそうに聞こえますが、実際は幼児のお絵かきのように楽しいものです。
またそうでなければ、いいアイデアは出ないとおもいます。

teacher

この講座の先生

本上 文士

工業デザイナー&フードコーディネーター

千葉大学工学部工業意匠学科を卒業後、イタリアおよびドイツのデザイン事務所に4年間勤務の後帰国。
都内にて工業デザイン事務所を自営。
傍ら、都内のデザイン専門学校やベルリン芸術大学にて、客員教授・講師を務める。
2000年頃より、以前より興味のあった「食」分野の仕事...

...もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    最初は説明、そして個人で少し展開し、一緒にまとめていきます。
  • こんな方を対象としています

    様々な企画立案に携わっている方
  • 受講料の説明

    上記以外一切不用
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    A4程度のノートや紙と筆記具お持ちください。