ビジネスで使う英語ー7月は、英文Eメールを書く です。

キャリアアップ、スキルアップを目指す英語

learn

こんなことを学びます

7月はご要望もあり、日曜日の午前中で、Eメールを書くレッスンにします。

テンプレートを利用して、練習する方法は、どうしても、実際の仕事から離れたものになりがちです。

今回は、みなさんの状況を伺い、参加者それぞれが、書き方に悩む内容、よりよい伝え方を知りたい、という実例を伺いながら、臨場感のある練習をしていきたいと思います。

日本語で、「こういうことを言うのに困った!」という例文をまとめてプリントアウトしてきていただく、なども歓迎します。

言えない内容が当然あると思いますので、会社名や先方の名前、あるいは説明しきれないところは勘案しつつ調整しますので、言える範囲でどういう内容を知りたいか、練習したいか、教えてください。

実際のEメールをプリントアウトしたものをお持ちいただくとよりわかります。
名前などが出るとまずいところは、塗りつぶしていただくなど隠してみてください。

あるいは、よく説明する内容を口頭で教えていただいたり、ノートにまとめてきていただくとよいですね。 できるだけ実践でお役にたてるよう、どういうお仕事で
どういうやりとりをすることが多いのか、伺えば伺うほど、役に立つフレーズなどをお伝えできます。

整理が間に合わない場合は、どうぞ当日、できるだけくわしく教えてください。


<こんなことを学びます>
※ストリートアカデミーでの事前決済をお願いしております。※

ビジネスで使う英語をそれぞれのシーンに応じて、学びます。

内容は、大きく分けて7種類。

面接、電話、交渉、会議、Eメール、契約書、プレゼンなど。

毎回【面接】、【契約書】などとテーマを決めて行う予定です。

深く追究すると、業界、業種、担当職務によっても変わってきますが、
ここでは、ベーシックな部分を学んでいただく予定です。

<こんなことが出来るようになります>

即実践で使える表現だけでなく、言葉以外のこつ、などを習得して、
よりよいコミュニケーションを取れるようになりましょう。

<こんな風に教えます>

実践を想定して、臨場感あふれる練習を想定しています。

日本企業のときの外国企業との交渉、契約書のまとめ、コレポン、外資系企業での社内業務、ボードミーティングやコンサルタント業務を通じて学んできた経験をベースに皆様のお役に立ちそうな内容を伝授できればと思います。

<持ち物>
筆記用具、辞書

<定員>
基本 4名
(要望と開催スペースに応じて変わります)
143人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:下北沢・自由が丘

    受講料:¥ 5,000

過去に開催した日程一覧

渡部 泰子 さんの他の講座

teacher

この講座の先生

渡部 泰子

通訳メソッド & 英語筋トレ

TOEIC985点。元ユナイテッド航空機内通訳( ISR)

株式会社マグノリア•コンサルティング代表。

学生時代の専攻は英語、英語音声学、言語学。

三菱商事(役員秘書)、日本IBM(外国人アサイニーのサポート)、ユナイテッド航空(機内通訳)、映画会社(... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    1時間目:

    自己紹介。実際に使うEメールシーン。困りごとについて伺います。

    まずは、状況にあわせ、書いてみる練習と解説。

    2時間目:

    より実戦的に。職場で遭遇して困っている書き方、その他、ご要望を
    伺いながら、あるいは、もう一歩踏み込んで、書く練習。
  • こんな方を対象としています

    TOEICでスコアアップが止まってしまっている方、 スコアをあげたい方、
    実際のビジネスで、もう一歩、表現力を身につけたい方。
  • 受講料の説明

    料金は、受講料です。

    カフェスペース(ワンドリンクが含まれ、電源、WiFiも使えます)料金の1000円は、別途カフェにお支払いください。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    辞書(電子辞書、紙の辞書など)と、筆記用具をご持参ください。
    コンピュータをご利用の場合、コンピュータの辞書でも結構です。




review

レビュー

  • 男性 40代

    この講座は「英文Eメールの弱点解消!」でした

    自分のEメールの弱点とEメールの基本がよくわかるレッスンでした。自分でビジネスEメールを書いていても、イマイチ相手にうまく伝わらないことがずっと気になっていて、今回受講しました。実際に自分で送ったメールを見ながら、非常に丁寧に添削・説明して頂きました。
    よく使う表現や同じ意味のセンテンスの言い換えなど、すぐに使える知識が増えた気がします。
    また自分の弱い部分がはっきりしました。
    特に難しい表現をしたりすることなく、伝えたいことを簡潔に構成する。次回からは少し自信を持って、Eメールを書けると思います。