劇的に仕事力をアップさせる営業スキルを応用したコミュニケーション術

お任せください。私達がお役に立ちます。上司、お客様との接し方、仕事の進め方や提案の仕方を営業スキルを活用して向上させます。人生が変わります。

  • 開催回数

    0
  • 受けた人

    0
  • 受けたい人

    2
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます


<リード>
あなたのコミュニケーションスキルを見直してみませんか?

<あなたはどんな人ですか?>
あなたはどんな人ですか?
何を思い、何を感じていますか?
将来に対してどんな夢をもっていて、
仕事上のどんな悩みを持っているのでしょうか?

<左程にコミュニケーションは重要です>
陰口、中傷、サイロ思考、ぎくしゃくしたチーム、過度に心配性の上司、曖昧で首尾一貫しない目標などなど、どんな職場にも必ず人間関係の問題が少なからず存在します。

上手く対処できなければ、給与が上がらない、希望の職に就けない、最悪の場合は首になったり鬱になったりします。

また、コミュニケーションにおける相手の反応は人によって様々です。相手の反応によって自尊心が傷ついたり、仕事の成績が一気に低下してしまったりすることがあります。

逆に、相手をいらだたせたり、何を言っても批判のように受け取られたり、何を聞いても取り調べのように聞こえたりしてお互いの関係を気まずくしてしまうこともあります。

<今の世の中は>
今は努力しても報われない時代だ。正社員になれた人はまだ運がいい。非正規として会社の歯車になってしまうとどんなに努力しても無駄です。

京セラの稲盛和夫氏は『成功への情熱─PASSION』の中で、「一日一日を懸命に生きれば、未来が開かれてくるのです。正確に将来を見通すということは、今日を努力して生きることの延長線上にしかないのです」と書いています。また、同書の中で「本当の成功を収め、偉大な成果を生むには、まず自分の仕事にほれ込むことです」とも述べています。

これらは高度成長期の働き方には当てはまります。会社も研修やOJTという努力するための機会をたくさん与えてくれていました。今でも大手の企業で正社員として採用されればそのような機会はいくらでもあります。

しかし、非正規として会社の歯車になってしまうとそのような機会はまずありません。また、非正規雇用が従事しているのは多くが単純労働である故に将来のビジョンを描くことができず生活が安定しません。職業への愛着も生まれませんし、会社への帰属意識も育まれません。つまり、働いても報われませんし、自分の能力を高めていくこともできません。

だからこそ、若いうちに自分に投資して安定した未来をつかみ取る準備をする必要があります。そうすることで、鬱になったり、職場の人間関係で悩まなくて済むようになったりします。

<出世する人と出来ない人の差はコミュニケーションの差だった>

コミュニケーションのスキルを磨いておくことは実は非常に重要です。

私が新入社員だった頃に1年先輩で非常に個性の強い人がいました。押し出しが強く、声が大きく、ゴマすりが上手でした。仕事ができるかというと、その部分については自分と変わらないように思いましたが、上司からの覚えめでたく彼はとんとん出世して取締役になりました。

私はと言うと、コミュニケーションに問題があり、かつ彼のようなコミュニケーションのスタイルが嫌いで、結果は平社員のまま。私と彼の差、つまり役員になれるかなれないかはコミュニケーションの差だと思い知ったものです。

カーラ・ハリスは『モルガン・スタンレー最強のキャリア戦略』の中で、「多くの場合、能力や勤労意欲が原因で昇進できない人は滅多にいない。キャリアが行き詰まるのは効率的なコミュニケーションの方法を知らないからだ」と言っています。

左程にコミュニケーションは重要です。

<こんなことが出来るようになります>
コミュニケーションを訓練することで、自分に自信がつきます。
コミュニケーションが怖くなくなります。
上司や周りの人に好かれ、信頼されるようになります。
その結果、仕事が出来るようになり、出世に結びついたり、あるいは職場の人間関係に悩むことがなくなったり、鬱になったりすることを避けられます。
何より、明るい将来の夢が持てるようになります。

<こんなことを学びます>
コミュニケーション能力は後天的な物です。自然に身についている人もいますが、そうで無い人もいます。大事なのはそうで無い人も、学習し訓練すれば誰でも後天的に身につけることができると言うことです。

コミュニケーションとは、性格や気質では無くプロセスです。コミュニケーションの基本はいかに人に好かれるかということです。ピーター・ドラッガーは『コミュニケーションで最も大切なことは、相手が声に出さない声なき声を聞き取ることだ』と、言っています。

本講座では、人に好かれるための心理学と、NLPを応用したコミュニケーションスキルと営業スキルを応用したコミュニケーションのプロセスについて説明し、それらの身につけ方を学びます。相手の声なき声を聞き取るということは、自分の思い通りに誘導すると言うことに他なりません。心理学を応用した誘導テクニックを学びます。具体的には、

第1部では、相手の印象に残る挨拶、自己紹介のスキルを学びます。
第2部では、誰からも好かれるための心理学を応用したコミュニケーションスキルについて学び、実践できるようになってもらいます。
第3部では、コミュニケーションをスムーズに行うための魔法の言葉をスキルとして身につけてもらいます。
第4部では、営業スキルの基本の中の基本を学び、どのようにコミュニケーションに応用すればよいかについて学びます。

そして、これらについて学習5段階の実際に意識すれば出来るようになるまでを目指します。本講座で学ぶスキルは、コミュニケーションの基本であり、トップセールスであれば誰でも出来ている内容にもかかわらず、残念ながら誰も教えてくれないスキルばかりです。

<こんな風に教えます>
少人数制のグループで丁寧に教えます。
レクチャーとワークを組み合わせた二部構成です。
講師の一方的な説明にならずに参加者の皆さんと対話する形式で、
自由に楽しく学んで頂きます。

<持ち物>
筆記用具をご持参下さい。

<定員>
基本 12名(要望と開催スペースに応じて変わります)

この講座の先生

Nishimura Kazuya

Nishimura Kazuya

心理学を応用した営業スキルと営業育成手法の伝道師

営業スキル研究所主催。物流管理士。NLPプロフェッショナルコーチ。今は、コミュニケーションの伝道師として社会貢献を目指し、『世のため人のため』をモットーに活動中。

1959年熊本県生。1983~2015年本田技研。最初は物流部門で物流のエキスパートに。次に営業部門で研鑽を...

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数0

教えた人数0

当日の流れとタイムスケジュール

<所要時間>
180分程度

<当日のレッスンの流れ>
120分 講義
50分 ワーク
10分 まとめ

こんな方を対象としています

社会人になって悩んでいる人のために、
そもそもコミュニケーションが苦手な人のために、
どう上司に接して良いか分からない人のために、
営業になったがどうして良いか分からない人のために、
就職先を探していて、面接を好印象で乗り切りたい人のために、

受講料の説明

受講料には、レッスン代、テキスト代、会場代が含まれます。

受講する際は以下をお読み下さい

当日はラフな恰好でかまいませんが、
ただし、真剣に学ぼうという意欲の無い人については
受講をお断りします。

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:渋谷・恵比寿

    受講料:¥ 6,480

この講座の関連ツイート

Page Top