ブランドコンサルタントが伝えるデザインのセカンドオピニオン

デザインの新しい視点を体感する2時間

  • 開催回数

    1
  • 受けた人

    1
  • 受けたい人

    8
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます

 「デザイン(Design)」には、グラフィックやWebや服飾などをビジュアルとしてデザインする意味の他に、立案する、構想する、計画するという意味があります。
TURN harajukuにてマンスリー開催するトークイベント「考える種を蒔く人」は、「デザイン(Design)」の意味を広く捉え、新しいビジネスを生み出している人、クリエイティブな発想で活躍している人をゲストにお呼びし、これからのデザインの在り方を共に学んでいきます。


第3回のゲストは、「ブランドコンサルタント」として国内外 約1,000社の企業と、ブランディング・ビジュアル構築のプロジェクトを行ってきた守山菜穂子さんをお招きします。

守山さんは、多摩美術大学を卒業後、読売広告社や小学館といった大企業の広告担当として有名雑誌の企画を手がけてこられた経歴を持ちながら、現在は「ブランディングの伝え手」として、企業や個人の方にブランディングの考え方から実践的な手法までをコンサルティングされています。 守山さんの興味深いのは、美大でグラフィックデザインを学ばれながらも、デザイナーではなく、コンサルタントとして活躍されていること。「デザイナーから上がってくるデザインがイマイチな場合は、発注側の伝え方の問題」と言い切ります。


デザイナーと企業の間に入り、中立的なポジションで、ブランディングを正しい方向へ導くという「ブランドコンサルタント」という職能は、企業がデザインを有効活用していく上で、これから大きく注目を集めるのではないかと思います。


「思うようなデザインが上がってこない」という企業と、「デザインのことを全然理解してくれない」というデザイナーの間で、守山さんがどのようにコミュニケーションを取っているのか。「デザインのセカンドオピニオン」は、これからの時代に必要とされるものか、また、どう活用していくべきか。非常に面白いトークになるはずです。 それからデザイン代表の佐野彰彦が聞き手となり、そんな守山さんの脳内に迫っていきます。

この講座の先生

守山 菜穂子

守山 菜穂子

メディアプロデューサー/ブランドコンサルタント


多摩美術大学 美術学部 グラフィックデザイン学科卒業。 (株)読売広告社を経て、(株)小学館広告局で「CanCam」「Oggi」「美的」「DIME」 など、主要雑誌の担当を歴任。国内外 約1,000社の企業と、ブランディング・ビジュアル構築のプロジェクトを行う。 2014年、ミント・クリエイティブを設立。16年間のマスコミ勤務の経験を活かし、企業や個人に向けて、ブランディング、メディアの使い方、広報のノウハウを提供している。 一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 シニアトレーナー/GCS認定コーチ/NPO日本パーソナルカラー協会 認定パーソナルカラーアドバイザー

Thumb 064e8637 6d87 42ee a1be 7cc010a183bd

この講座の主催団体

それからデザイン株式会社

詳しいプロフィールを見る >

開催回数2

参加人数2

こんな方を対象としています

・クライアントワークをしているデザイナー/クリエイター
・デザインを発注している方
・ブランドコンサルタントという業種に関心がある方

受講料の説明

ワンドリンクを含んだ価格です

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

主催団体に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:渋谷・恵比寿

    受講料:¥ 1,500

過去に開催した日程一覧

この講座の関連ツイート

それからデザイン株式会社 さんの他の講座

Page Top