社員のやる気アップにつながる人件費適正化セミナー

社員の年収を変えずに、ムダな人件費を適正化する具体策とは?

learn

こんなことを学びます

 会社の業績の良し悪しに関係なく、
「ムダな人件費は払いたくない」とお考えではありませんか?

人件費は他の経費と違って、そう簡単に下げることはできません。

通常、人件費の見直しというと、次の2つが行われます。
①賃金の削減
②人員の削減
どちらを行っても、労働条件の不利益変更や解雇の問題になり、
労務トラブルの原因となってしまいます。

また、労務トラブルにまで発展しなくても、
正当な理由のない人件費の見直しは社員のモチベーションを下げるばかりか、
さらに生産性を落としてしまい、
業績に悪影響をもたらす負のスパイラルにはまってしまう会社も少なくありません。

ではどうすれば、業績に悪影響を与えることなく、社員のモチベーションを下げることなく、
ムダな人件費を払わずに済むのでしょうか?

実は、そんな経営者のための
ムダな人件費を改善する方法があります。

その方法とは独自理論に基づいた、
①グレーゾーンの対策ではなく、合法的に
②社員の年収を変えることなく、ただ給与の支払い方を変えるだけで
③導入して頂いた8割の会社で効果を実感して頂いている
人件費を適正化できるノウハウです。

このセミナーでは、会社にとっても、社員にとっても、痛みを伴うことなく、
やる気アップにつながる人件費適正化の具体策を手に入れて頂きます。

【セミナーの内容】
◆なぜ通常の人件費対策では効果が出ないのか?
◆今なぜ、人件費に手をつける必要があるのか?
◆なぜ社員の年収を変えることなく、人件費を適正化できるのか?
◆人件費適正化の効果が上がる“ある条件”とは?
◆人件費適正化までの具体的な実践プロセスとは? 
◆貴社の人件費適正化を妨げる意外な落とし穴とは?
◆いったいどれくらいの人件費のスリム化につながるのか?

【受講後に得られる効果とメリット】
◆人件費の適正化で、すぐに効果があると実感して頂けます。
◆将来的な人件費上昇に対して、今すぐ対策を打つことができます。
◆社員のモチベーションがアップすることで生産性が向上し、売上アップ・コストダウンを後押しします。
◆正当な人件費適正化で社員のモチベーションを下げることなく、社内に活気が戻ります。




続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

銀座・大手町

価格(税込)

¥5,000

受けたい
0人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

人件費適正化コンサルタント(社会保険労務士)

1993年に大学卒業、大手小売業に入社。販売業務に従事。部下を持つようになった頃、パートタイマーとの間で労務問題に遭遇。これを契機に経営の三大資源「ヒト・モノ・カネ」の中で「ヒト」に関心を持つ。大企業なのに、法令遵守していない箇所が多くあることを知り、益々関心が高まり、猛烈に勉強し、社労士資格を2003年に取得。

先輩の社労士事務所にて社労士業務のイロハを学ぶ一方、将来の独立に備え自分なりの社労士像を模索。その最中に景気の悪化で、先輩社労士事務所の顧問先が急激に減少し始める事態に直面する。その際に、単に社労士業務だけをしていては、景気が悪くなると、顧問契約は切られてしまうということを実感する。一般的な社労士業務に、さらに高い付加価値を付け、しかも経営の利益に貢献できるサービスを提供しなければ、経営者から頼りにされる顧問社労士にはなれないと悟る。

現在は、高い付加価値を付けた社労士業務に加え、「経営の利益に貢献できるサービス」と「人件費に貢献できるサービス」を提供し、中小企業の経営者から支持を得ている。

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

     日時:2016年7月27日(水) 14:00~17:00
    ※トイレ休憩あり。
  • こんな方を対象としています

    社員50人以下で、次のようなお悩みをお持ちの経営者の方にお薦めです。
    ◆「ムダな人件費は払いたくない」とお悩みの経営者の方
    ◆もっと人件費をスリム化したいとお悩みの経営者の方
    ◆経費削減をやり尽くして、もう人件費に手を付けるしかないとお悩みの経営者の方
    ◆少しでも社員の手取収入を増やしてあげたいが、その原資がないとお悩みの経営者の方
  • 受講料の説明

    受講料・会場費・消費税を含みます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    【注意】
    同業者(社会保険労務士、税理士、コンサルタントなど)の方のご参加は、顧問先企業様の代理出席も含めてご遠慮頂いております。