動物園で楽しく笑いながら動物を撮っちゃいましょうの会

『これどこで撮ったの?』と言わせるくらいの動物写真を撮ってみましょう。

learn

こんなことを学びます

☆開催ご希望日などのリクエストはお気軽にメッセージからお問い合わせください。

<こんなことを学びます>
ただ撮るだけではく、動物さんの行動も観察しながら瞬間を切り取ってみませんか?
飼育員さんがいらっしゃる場合には動物の「?」をその場で質問して、撮影するときのヒントに活かしたり、さらなる動物の生態系や行動学的な物も学べます。

<こんなことが出来るようになります>
動物をこう撮りたい!普通に撮りたくない!がレベルアップします。
動物を撮影するときに気を付けること(カメラのセッティングやピントを合わせるポイントなど)が身につくので、他の動物を撮影するときにも活かせます。

<こんな風に教えます>
多摩動物公園やズーラシア内を歩きながら、楽しく面白くレクチャーします。
『撮りたい!』の瞬間はゲットしましょう。
撮影お写真からベストショットは後日講評させていただきます。
次はああ撮ろう!こう撮りたい!が生まれるはずです。

<持ち物>
ズームレンズ付きデジタル一眼レフカメラまたはミラーレスカメラ
または高倍率ズーム付きコンパクトデジカメ
(スマホカメラはサブ的な感覚でならお使いいただけます)
※ズーラシアはとても大きな動物園です、望遠レンズ/ズームレンズは是非お持ちください。
主催者のカメラの試写もどうぞ。
(Canon EOS 7D Mark-Ⅱ+EF100-400 F4.5-5.6 IS Ⅱ USMなど)
お天気のいい場合は日よけグッズもお忘れなく。

<定員>
基本 5名
(要望と開催スペースに応じて変わります)
25人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:横浜・みなとみらい

    受講料:¥ 3,000

過去に開催した日程一覧

村上 早苗 さんの他の講座

teacher

この講座の先生

村上 早苗

とことん楽しくお伝えしていきます。

笑う門には福来たる
Dog & Photo FUKURENDOH・村上早苗(sana)です。

開催講座の全て【笑顔】もお付けしてお届けしていますので、教わりに来たのか笑いに来たのか分からない位たっぷり楽しんで下さい。手話を生涯学習として取り入れています... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    120分程度

    <当日のレッスンの流れ>
    入場券券売機前に集合
    ご挨拶のあと、撮影時のルールと注意事項をお話します。
    そしてみなさんの『こう撮りたい!』を伺い、撮影成功までの道作りをいたします。
    (カメラの設定は都度お伝えします)
    まとめ&解散(その後もご自身で引き続き楽しく撮影していただいてOKです)
  • こんな方を対象としています

    【女性限定講座です】
    動物が好きな方
    動物をしっかりピントを合わせて撮影してみたい方
    動きのある動物をカメラに収めることで、カメラとさらに仲良くなりたい方
    動物を普通に撮りたくない方(楽しく面白く撮りたい方はどうぞ!)
  • 受講料の説明

    多摩動物公園・ズーラシアまでの交通費と入場料、場内での飲食代は別途ご用意ください。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    【雨天の場合は中止となります】
    カメラとご参加予定の皆さまのお体への影響を考えて判断となります。

    【おひとりさまからでも開催します】
    動物さんに対してのワクワクを共有すべく、お申込み人数がおひとり様からでも開催します!楽しく撮りましょう☆。

    【カメラについて】
    一脚・三脚・フラッシュは使用禁止です。
    場が広いので、望遠レンズ付きのものをお持ちください。
    (世の中レンズレンタルなどもありますが、どうぞご無理のない範囲でどうぞ)


    【ご参加について】
    女性・初心者限定となります。
    (ご家族やお友達同伴でも可能ですが、撮影講座へはお申込みご本人のみのご参加をお願いします)
    場内では移動がありますので、歩きやすい靴や服装をおすすめします。

    【以下の方はお申込みいただけません】
    男性のみ
    プロカメラマン

review

レビュー

  • 女性

    この講座は「まったり楽しく過ごせる講座でした。」でした

    沢山の動物を楽しく撮影する事が出来ました。
    先生ありがとうございます(●´ー`●)

    こんなにいっぱい写真を撮ったのは初めてだったので、
    終わる頃には満タンにした電池が切れそうになったので、
    替えの電池を持って行く事をオススメします。
    また機会があったら、参加したいと思います。

    楽しい時間をありがとうございました(´ー`)